PGA

sponsors

  • 住友商事
  • サミットクラブ
  • 本間ゴルフ
  • テーラーメイド

日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

第54回 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

2015/10/810/11

大会レポートTOURNAMENT REPORT

2R

2nd ROUND

<第2ラウンド 今年の優勝争いの展開は・・・>

 

大会4勝目を目指す室田淳(60)が通算7アンダー137で首位に立った。インスタートでボギーが先行したが、以後4バーディーを奪い、69でスコアを伸ばした。ここ2年連続プレーオフ負けを喫している悔しさを晴らすチャンスが来た。白浜育男(56)と大山健(52)が2打差2位で追走する。昨年覇者の尾崎直道(59)が通算4アンダーの4位に浮上してきた。優勝候補の崎山武志(52)はショットに苦しみながらも通算3アンダー7位に踏みとどまっている。

 やっぱりこの人が来た。室田が今年も首位に来た。

 「ショットもパットもあまりよくないね。ショットはドライバーもアイアンも勝負にならないね。ラインが読めなくて、なかなかうまくいかないよと首をひねるばかりだよ」。この日69。どうやら納得できないプレーだったようだ。インスタートで11番のボギーが先行。15番で第2打残り140ヤードから1メートル強につけるバーディーで取り戻した。16番でも1・5メートルにつける連続バーディー。すぐにスコアを伸ばし始める。18番パー5で第2打をグリーン右のバンカーにいれたが、そこから1・5メートルにつけ、アウトに折り返して1番パー5でも第2打でグリーン手前に運びOKにつける連続バーディー。チャンスを確実のものにした。7アンダーで抜け出した後、伸ばせなかったことで、フラストレーションがたまったのかもしれない。

 サミットGCが会場となって3年目。過去2回とも、プレーオフで敗れている。「今年もプレーオフに入り込めるようにやります」と言ったのが前日ホールアウト後。裏を返せば、自信とも読める。「今年のオレは、ファンケルに勝って終了。優勝はみんなで順番にいこうよ。1人で4勝しちゃだめだよ」と、一緒に行動している後輩の崎山を茶化すのは、余裕ともとれる。2打差の白浜、4打差の崎山に「上が室田さんだから」といわせるところも、強さを認められているから。「ドライバーからアイアン、すべて練習だね。明日に向けてしっかり整えてくるよ。まだ2日あるし」。エンジンがかかってきたようだ。

 

naomichi

 この人も来た。昨年覇者の尾崎直が3打差4位に来た。

 「きょう、オレいくつだった?」。スコアカードを提出して出てきたときの第一声。「2アンダー? うん、4アンダーか」。3バーディー、1ボギーの70だったが、自分のスコアを気にしていない。それでも、優勝争いに近づいたことは知っている。「そのスコア、頑張ったと思うよ。昨日、今日と33パットだったし。みんなグリーン上で苦労しているんだろうけど、思ったほど入らないね」と、首をひねる。腰痛に悩まされ、背中がバリバリだという中で「もう腰がどうなってもいいと思っている」というほど、この大会に気持ちを込めている。「今年は調子がよくないけど、1つぐらい頑張ろうと言い聞かせてやっているから」だという。昨年覇者の意地がみえる。

 室田と同組で予選2日間を回った。「室田さんは堅ーい、安定したゴルフをする。ミスがない試合巧者な訳で、でもこっちはこっちで頑張り続けるしかないよね。スコアのことは気にしてもしようがない」。終始、背中を伸ばしながら話している。体はかなりきつそうだ。「でも痛いからってドライバーを合わせてたらだめだって分かったよ。振り切るほうがいい。頑張ってゴルフした方が楽しいってわかった」。この大会、やはりこの人にとっては「カンフル剤」になるようだ。

 ooyama

 この人は戸惑っていた。2打差2位につけた大山は身の置き所に困っていた。

「こんな上位でやると思っていなかったので。明日は室田さんと白浜さんと回るのでしょうか。ギャラリーも多いんでしょうし」。シニアツアーではもちろん初めての最終組。「練習もあまりしていなくて、芝にも慣れていなくて、調子も悪くて。自分に期待していなかったのがよかったんでしょうか。ミスの許容範囲が広いんで」と、上位進出の要因を考えた。流れのいいゴルフが続いている。1番でバーディースタート後、4番でボギーがきたが、5番で4メートルを入れて取り返す。折り返して10番で12メートルを入れてバーディーを取り、11番でボギーにしたが、12番で3メートルを入れて取り返した。終わってみれば、2つ貯金が増えていた。

レギュラーでも、シニアでも実績がない。「予選通過が目標だったんで、明日からは欲が出てしまうのをいかに抑えるか。いままで、大会で優勝争いした時はことごとく、いい結果になっていないんです。メンタルをどうするか。明日、実験できる」と、少し他人事のように思わないと、今の状況を受け入れられないようだ。第3日、どんな作戦でいく?「……。今晩考えてきます」。表情がすでに緊張していた。

本命、対抗、そして大穴。おもしろくなりそうだ。

各日最終成績はコチラ>>

室田 淳 1位 通算7アンダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT 10 11 12 13 14 15 16 17 18 IN TTL
SOCRE 35 34 69
PUTT 1 2 1 2 1 1 2 1 2 13 1 3 2 2 1 1 1 1 1 13 26

大山 健 2位タイ 通算5アンダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT 10 11 12 13 14 15 16 17 18 IN TTL
SOCRE 35 35 70
PUTT 2 2 2 2 1 1 1 2 1 14 1 2 1 2 2 1 1 2 2 14 28

尾崎 直道 4位タイ 通算4アンダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT 10 11 12 13 14 15 16 17 18 IN TTL
SOCRE 34 36 70
PUTT 3 0 2 2 2 2 2 1 2 16 1 2 2 2 2 2 2 2 2 17 33