2019年 PGAジュニア選手権 太平洋クラブカップ

2019年 PGAジュニア選手権 太平洋クラブカップ

sponsors

  • 公益社団法人日本プロゴルフ協会
  • 太平洋クラブ

2019年 PGAジュニア選手権 太平洋クラブカップ

過去の大会PAST TOURNAMENT

過去の大会レポートLAST TOURNAMENT

第3回(2018年)

関西チームが地力の高さを見せ、見事に3連覇を達成!

3連覇を果たした関西チーム

3連覇を果たした関西チーム

 

 関西が3連覇を達成した。関東との決勝で、前半を終わって83Pt-89Ptと6Ptのリードを許した。後半も競り合いが続いたが、最後は9Pt差の182Pt-173Ptで際どく逆転した。前2回と変わり、今回からスクランブル方式の試合になったが、関西が底力を発揮した格好となった。

 3・4位決定戦の九州と四国は接戦となったが、前半リードした四国が九州の追い上げをかわして、181Pt-178Ptとわずか3Pt差で勝利を飾った。5・6位決定戦の中国-中部では、前半でリードを奪った中国が、後半も差を広げて201Pt-162Ptで中部を退けた。7・8位決定戦の北海道-東北は、前半は同Ptの接戦になったが、後半に地力を発揮した東北が、187Pt-181Ptで競り勝った。

 

2018年の大会成績はコチラ>>

緻密な戦略で関西チームが3連覇という偉業を果たす!

スクランブル方式の試合方法に対応した関西チーム

スクランブル方式の試合方法に対応した関西チーム

 

 3連覇への道のりは楽ではなかった。

 男子主将・植田晃大(大阪商大高3年)は「前半負けていて、ピンチだった」と振り返る。関東の男子に踏ん張られた前半。2組目で細野勇策・東野秀馬ペアは2アンダーで回ったものの、関東ペアに12Ptの差をつけられた。2組目の田中裕基・玉木海凪ペアも9Pt差。蝉川泰果・津田浩平ペアは3Ptリードし、植田・田中裕真ペアが引き分けていた。

 それを挽回したのが女子。初日の1、2回戦でも男子をカバーして決勝進出に導いている。女子主将・上野菜々子(東海大仰星高3年)は「主将として私がペアを考えました。持ち球が違う子とか、飛ぶ子と飛ばない子とかで組み合わせました。この大会に3年間出させてもらってコースを知っていたのが違ったと思います。ドッグレッグとかが多いので、ホールに合わせてどっちかが打って安心させられるように」と、これまでの経験が生きた。

 前半、48Pt-37Ptと男子の差を埋めた女子。チームとしては83Pt-89Ptと、2アップ分の6Ptの差にとどめたことが後半につながる。

 後半は男子も奮起して関東との差を縮めた。蝉川・津田ペアはリードを守り、植田・田中ペアは9Ptをリードして終えた。女子は、好調だった関東の双子姉妹、岩井ペアに長阪綾苗・仁井優花ペアが敗れたものの、3Pt差で抑えた。仲村果乃・関口絵万ペアは28Pt-19Ptで勝利し、この時点で関東に追いつく135Ptで並んだ。山下美夢有・西岡利佳子ペアは6Pt差をつけて上がり、ついに関西が逆転。最後は上野・貞永葵生ペアが3Ptのリードを守り、結果的に9Pt差で3連覇を達成した。

 植田、上野両主将は3年連続の出場。過去2連覇は先輩たちに引っ張ってもらった。今回はチームをまとめ、引っ張る立場。植田主将は「笑顔で楽しく3連覇、をモットーにやってきました」という。上野主将は「(高校)3年生が私一人しかいなくて後輩と仲良くできるか不安でしたが、仲良く終われました。3連覇できてよかった」と笑顔を見せた。

 今回から採用された「スクランブル方式」の試合方法にも、一番うまく対応したのが関西だった。「去年までは(ストロークプレーで)初日に大差をつけて、最終日は楽にプレーできたけど、今年は3試合全部勝たないと優勝できない。でも、試合は楽しくできました」と植田主将。上野主将も「ペアがうまくかみ合って、楽しくできたのがよかった」と振り返った。そして「来年の4連覇を後輩に託します」と口をそろえた。

2018年の大会成績はコチラ>>

スポンサードリンク