2018年度PGA資格認定プロテスト 最終プロテスト

2018年度PGA資格認定プロテスト 最終プロテスト

sponsors

  • 公益社団法人日本プロゴルフ協会
  • 登別カントリー倶楽部

2018年度PGA資格認定プロテスト 最終プロテスト

ニュースNEWS

<FR>04年ミッドアマチャンピオンの飯田がようやく手にした合格

 

IMG_2894

 通算3オーバー・69位タイからスタートした飯田耕正が会心のゴルフを展開し、50位タイ枠の合格圏内に滑り込んだ。最終プロテストは今回が2回目。1回目の昨年は合格に2打及ばず悔しさだけを持ち帰った。

 

「いつもとは違って、最終テストならでは…思い通りのプレーはさせてもらえない。そんな良い経験を去年はさせて頂きました。それを今回は生かせたと思います」。

 

 初日は72のイーブンパーで凌いだものの、2日目は75とオーバーパースコアを叩いてしまった。迎えた最終日。スコアを4つも伸ばして、通算スコアをアンダーパーにする意気込みでインコーススタートの10番ティーに上がった。

 

IMG_2893 12番ホールで3メートルのバーディーパットが決まって、少し落ち着いた。14番ホールではカップ1メートルのバーディーパットが入った。「よし、もっと頑張るぞ!」。飯田の気力はさらに燃え上がる。15、16番ホールでもミドルパットが一発で決まり、圧巻の3連続バーディー。前半で目標にしていた「4アンダー」をマークしてのハーフターン。「あと2つ、せめて1つでもスコアを伸ばして、安全圏内に入りたい」願いと、せっかく作ったスコア貯金を失いたくはない思いが交差しながらのプレー。「後半はチャンスもありましたし、ピンチもありました。結局9ホールすべてパー。前半とは違って(プレッシャーで)気持ち良くはクラブを振らせてもらえませんでしたが、それでもボギーを叩かずに終えられた。去年の経験が効いたのだと思います」と飯田。最終プロテスト合格に向け、練習場へ出向く回数も球数も増やしたことでショット安定度は高まった。

 

 最終日。爆発スコア68で合格ラインをクリアーした。通算1アンダー・26位タイでPGAトーナメントプレーヤー会員となった。「まだまだです。安定したゴルフができるよう精進が必要ですね」と言った後、「合格の報告を母に電話で伝えます」と飯田。この時ばかりは、柔らかい笑顔をこぼした。安堵感に包まれた瞬間に見えた。

IMG_3553

スポンサードリンク