第20回PGAティーチングプロ選手権大会 ゴルフパートナーカップ

第20回PGAティーチングプロ選手権大会 ゴルフパートナーカップ

sponsors

  • 株式会社ゴルフパートナー
  • ミドリ安全株式会社
  • ゼビオホールディングス株式会社
  • 株式会社ヴィクトリア
  • ヴィクトリアゴルフ
  • スーパースポーツゼビオ
  • フェスティバルゴルフ
  • ALBA.Net
  • GOLF Net TV株式会社

第20回PGAティーチングプロ選手権大会 ゴルフパートナーカップ

過去の大会PAST TOURNAMENT

過去の大会レポートLAST TOURNAMENT

第19回(2017年)

澤口清人がプレーオフを制し、ティーチングプロ選手権初優勝!

ティーチングプロ選手権初優勝を果たした澤口清人

ティーチングプロ選手権初優勝を果たした澤口清人

 

「第19回PGAティーチングプロ選手権大会」は、最終ラウンドで2位タイスタートの河野一哉(42・TP-B級)と、4位スタートの澤口清人(36・B級)が18番ホールで通算4アンダーで並びプレーオフへ。プレーオフ1ホール目。アプローチで1.5メートルに寄せた澤口はバーディーパットを沈めたのに対し、2オンに成功した河野が1メートルのバーディパットを外し、澤口の優勝が決まった。澤口には、優勝杯と賞金100万円が、副賞として登別カントリークラブのプレー無料券が贈られた。さらに房総カントリークラブ房総ゴルフ場で行われる2018年の日本プロゴルフ選手権大会の出場権も獲得した。

 

2017年の大会成績はコチラ>>

第1ラウンド

洋芝対策も重ねた中山が3アンダー首位スタート

洋芝対策も重ねた中山が3アンダー首位スタート

 

東京都町田市のゴルフアカデミーイーグル18や埼玉県日高市の日高カントリー倶楽部で主にレッスンをしている中山勝人(43・A級)が好発進を遂げた。4バーディー・1ボギー69は第1ラウンドのベストスコアだ。2位とは1打差の単独首位で最終ラウンドを迎える。

「ドライバーショットはフェアウエイをキープ出来ましたし、アイアンもショットラインが出ていました。グリーンが速かったのでコースマネジメントを優先してプレーした結果だと思います。風も吹いてコース難易度も高まりましたが、風を読み切れないホールでは安全策で攻めたのが奏功しましたね」と中山はこの日のゴルフを冷静に自己分析してみせた。

これまで6回挑戦し、自己最高成績は2010年大会(栃木県・烏山城CC)での8位タイ。PGAティーチングプロ選手権大会は、中山にとって「試合ならではの緊張感の中、自分の力を発揮できるかどうか、技量を推し量るのに最高のステージ」だという。

6月は北海道で、8月には長野県軽井沢でアカデミーのゴルフ合宿があり、いずれも洋芝コースだったことで、選手権に向けての自分の練習、洋芝対策も同時に行うことができた。「2ラウンド続けて自分のゴルフをやり切れるか。それが目下の課題です」。

課題クリアーで念願の頂点に立てる。この日のプレーをあと18ホール再現する思いで、最終日の午前9時30分、アウトコースの1番ティーに立つ。

最終ラウンド

人生初のプレーオフを制して澤口が掴んだティーチングプロのタイトル!

人生初のプレーオフを制して澤口が掴んだティーチングプロのタイトル!

 

首位と2打差の通算1アンダー・4位タイからスタートした澤口清人(36・B級)が、4バーディー・1ボギー69で回り、通算4アンダー・首位タイでフィニッシュ。河野一哉とのプレーオフ1ホール目でバーディーを奪い、第19代のティーチングプロ選手権覇者に輝いた。最終組でラウンドした澤口はハーフチェックの際、自分を含めた最終組の3人が通算3アンダーで首位の座を分け合っていることを知った。リーダーズボードや速報板が設置されていない試合だったことから「とにかく同伴競技者よりも一打上回るスコアで回ったなら、(優勝)チャンスがあるかも知れない」と考え、澤口はバックナインへと向かった。

スコアを伸ばすことも落とすこともなく迎えた17番パー3ホール。ティーショットは辛うじてグリーンカラーにしがみ付いてくれたものの、ピンまでは10メートルもの距離があった。2パットで収めれば御の字だと思ったが、キャディーが的確なアドバイスをくれたことで、ファーストパットのラインが明確に見え始めた。打ち出したボールは、思い描いたパットラインに乗り、心地よい乾いた音を奏でる。バーディー。最終ホールのパー5を前にしてのバーディー奪取で、気分よくティーグラウンドに立てた。

スコアの貯金が出来たことで気が緩んだわけではないが、澤口のドライバーショットはフェアウエイ右サイドの林に吸い込まれた。レイアップで3打目勝負か。

「同じ組で回る河野さんは飛ばし屋なので、ツーオンはするだろうなと思っていました。それだけに自分は何としてもバーディーだけは獲っておきたい気持ちが強かったんです」。

最悪のロストボール、アンプレヤブルをも覚悟しながら林へと歩を進める。最悪は避けられた。林の中のボールが見つかった。しかも予期せぬ幸運にも恵まれた。ボール前方から光が差し込んでいる。

「信じられませんでしたが、木と木の間に上方に的のような空間がポッカリ空いていたんです。ピッチングウェッジで打ち出せると直感しました。ラッキーでした」と澤口。

2打目のリカバリーショットでボールをグリーン手前110ヤード地点まで運び出し、3打目を48度のウェッジでグリーン右奥に乗せ、2パットで沈めてパーをセーブ。想定通り、ツーオンしていた河野。だが、イーグルパットを決めきれず、バーディーでフィニッシュ。通算4アンダー・首位タイの澤口と河野がプレーオフで覇を争うことになった。

「プレーオフは初めての経験でした。勝つか負けるか。そのどちらしかないので、緊張はしませんでした。でも、またしてもドライバーショットをミスしてしまいましたね」と澤口は苦笑い。ティーショットの落し所であるフェアウエイに配された木にボールが当たってしまったのだ。ボールは木の根元に鎮座している。

「河野さんはフェアウエイ中央に打っていたので、ツーオン確実。2打目で少しでもグリーンに近づけ、3打目でバーディーチャンス圏内に着けるしかない」と開き直り、3打目をカップ左横1.5メートルに寄せた。

河野のイーグルパットはカップ手前80センチで止まった。澤口はスライスラインだと読んだが、キャディーが声を掛けて来た。「見た目ほど切れませんよ」。改めてラインを読み直すと確かに切れそうには見えない。ストレートにパットラインを想定し直して打ったバーディーパットは、カップど真ん中から入った。

プレーオフ2ホール目のドライバーショットこそ、フェアウエイを捕らえてやる! そう思いながら河野の80センチのバーディーパットを澤口は見つめた。ボールはカップに蹴られ、その瞬間、澤口の初優勝が決まった。河野はヘッドアップし、ボールを押し出してしまったのだった。

この優勝で澤口は2018年の日本プロゴルフ選手権出場資格を得た。

「優勝できて本当に嬉しいのですが、まさか日本プロに僕が出られるなんて…。ツアー出場もしたことが無いんです。日本プロに向けて、もっともっと練習します」と気を引き締めた。日頃お世話になっている狭山ゴルフ・クラブの支配人やスタッフへの恩返し代わりに、「この初優勝の朗報を早く届けたいです」。その言葉から、真摯で律義な澤口の性格が伝わって来た。

2017年の大会成績はコチラ>>

スポンサードリンク