NEWS

2017.04.21

原田は気持ちが少し空回り。それでも開幕戦5位は上出来

 原田三夫(53)が、2度首位に立ちながら、最後に沈んで通算6アンダー5位に終わった。上位が伸びない中で、4アンダーからスタートし、4、5番連続バーディーの後、8番パー5で左8メートルを沈めるイーグルを奪取。この時点で8アンダーとして首位に立った。「もったいなかったですね。いけそうな雰囲気だったので」とホールアウト後振り返ったが、9番でボギーにし、12番でまたバーディーを奪って首位に立ったが、直後 ....

2017.04.21

崎山はショットの不安無し!5月の全米プロシニアに向けて調整

 崎山武志(54)に、自信がよみがえってきた。4アンダーからスタートし、徐々に浮上。12番で3メートルを入れ、16番で2メートルを決めた時点で通算8アンダーとし、5人が並ぶ首位グループに食い込んだ。「終盤、いいところでパターがよくなかった」と、17番で10メートルから3パット、18番では第1打を左にひっかけて、第2打をバンカーに入れるミスショットが続き、6アンダー5位に終わった。    それでも、 ....

2017.04.21

少し自信も見えた河村のシニアデビュー戦

シニアルーキーの河村雅之(50)が、通算7アンダーで3位と上々のシニアデビューを果たした。6アンダーの2位でスタートしたが「今日は4番ホールがすべてでした」と振り返る。第2打をグリーン手前にショート。「上げないといけないので、少しだふり気味に行こうと思った」というアプローチを2度だふりすぎて戻ってきてしまい、3回目はパターでグリーンに乗せてトリプルボギーにした。この時点で通算3アンダーに後退、優勝 ....

2017.04.21

プレーオフで優勝こそ逃したが、手ごたえを感じた井戸木

x井戸木鴻樹(55)がプレーオフで真板に敗れて、2013年全米プロシニア以来、国内では12年富士フイルム以来の優勝を逃した。18番でのプレーオフではティーショットを左に引っかけて、木越えの第2打がバンカーへ。「もう少し右に打つつもりだったが、それでもバンカーとは思わなかった」と振り返る。バンカーショットは自分でも「うまかったでしょ」という絶妙のショットで、18番で見ていた他の選手たちからも「うまい ....

2017.04.21

開幕戦の優勝杯を手にした真板!「家族のためにも長く稼ぐ」

 2日間大会でまたこの人が勝った。通算8アンダーで井戸木と並び、18番で行われたプレーオフ。「宝物」でもあり「宝刀」でもあるドライバーが勝利をもたらす。ティーショットが「290ヤードぐらいは飛んだと思う」と本人もびっくりの飛びでフェアウエーへ。左に曲げた井戸木が第2打でバンカーに入れたが「パーで決着はつかないと思った」と、真板は残り129ヤードをピッチングウエッジでピン下1・5メートルへ。井戸木の ....

2017.04.21

真板がプレーオフを制し2代目チャンピオンに輝く

真板潔(57)が逆転で開幕戦を制した。首位に6打差の20位からスタートし、6番から5連続バーディーなどこの日65をマーク、通算8アンダー136でホールアウト。67で回った井戸木鴻樹(55)とプレーオフとなり、1ホール目でバーディーを奪い、シニアツアー通算6勝目を飾った。   1打差3位にシニアルーキーの河村雅之(50)とグレゴリー・マイヤー(55)が入った。シニアデビュー戦で注目された川岸良兼(5 ....

2017.04.21

8アンダーで並んだ真板、井戸木のプレーオフへ

開幕戦の勝負はプレーオフへ。1アンダー20位スタートの真板潔(57)が7バーディノーボギーでトータル8アンダー首位。そして、井戸木鴻樹(55)もスコアを5つ伸ばして同じく8アンダーで首位に並んだ。 18番ホールの繰り返しでプレーオフが始まる。  

2017.04.21

真板、米山が猛追!バーディラッシュの最終日

大会最終日は、朝からコースのあちらこちらでバーディの拍手が聞こえてくる。 1アンダー20位スタートの真板潔(57)と米山剛(52)がスコアを6つ伸ばし、現在リーダーズボード上に名前をあげてきた。(11時40分現在)   ◇大会のスコア速報は ALBA.netでご覧いただけます!  

2017.04.20

シニアツアーデビューの洗礼?!明日こそ豪打に期待と川岸

 川岸良兼(50)が「へなちょこ」なシニアデビューになった。 倉本昌弘、加瀬秀樹との第1ラウンド。1番で3番目に紹介されて「先輩たちに挨拶しようと思ったら(打ち終わって)もうティーグラウンド降りていないんだもん」。ギャラリーに「え?もういないの?」といって笑わせて「バーンと打ってギャフンといわせてやろうと思ったんですけど。やっぱり緊張していて、打ち急いでしまった」と、持ち味の豪打ではなく「へなちょ ....

2017.04.20

首位に3打差で優勝圏内の東は、箱根2勝目を目指す

 東聡(56)がいきなり見せた。1番で第1打を左バンカーに入れ、第2打でグリーン手前にショート。「30ヤードぐらいあったかな」という3打目を直接入れるチップインバーディーで気分よく開幕戦をスタートした。ドライバーに少し苦労しながらも、4アンダー68で回り、首位に3打差で優勝圏内に残った。    「今日はドライバーがパランパラン。ちょっと試しているんで」という。ドライバーはシャフトの長短、ロフトあり ....

1 / 41234