いわさき白露シニア
LEADER BOARD
Powered by ALBA

  • ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • <富士フイルム選手権・2R>2位に急浮上 ....

2017 富士フイルム シニア チャンピオンシップ2017年11月2日(木)~11月4日(土)ザ・カントリークラブ・ジャパン

NEWS

富士フイルム シニア チャンピオンシップ

<富士フイルム選手権・2R>2位に急浮上のマークセン「練習はせず、ここは調整を図る」


 65をマークして通算6アンダーで1打差2位に浮上したプラヤド・マークセン(51=タイ)は練習しなかったことが快スコアに結びついた。

 

 先々週のレギュラーツアー、ブリヂストン・オープン出場中に引いた風邪が長引き、咳が出てのどが痛い状態。第2ラウンドでは1オーバー30位と出遅れた。この日も状態は変わらないというが、前日との違いは「昨日はスタート前にいっぱい練習して疲れてしまった。今日は練習しなかったのがよかった」という。

 1番パー5で残り280ヤードの第2打を8メートルに2オンしバーディー発進。2番でも1メートルにつけた。この日が8バーディー(1ボギー)を奪ったが、うち3つはパー5での2オン。4つは80センチから1メートルの間。最も長かったバーディーパットは、ボギーをたたいた直後の17番で決めた7メートルだった。

 

 賞金ランク1位で、2位米山に約2038万円の差をつけている。もちろん、優勝すれば2年連続の賞金王が決まる。「優勝して賞金王になりたい。今週は息子(アイスくん=22歳)が応援に来ている。日本シニアオープンで優勝した時のように、息子の前でいいところを見せたい」といつも以上に力が入る。

 

優勝するために必要な最終日のスコアは?「4アンダーか5アンダー。ゴルフの調子はいいから優勝を狙いたい」。自信はたっぷり。ラウンド後の練習はいつものようにしなかった。そして、最終日の朝も「練習しない」と言った。