• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • <スターツシニア・1R>早野が4アンダー ....

2018 第19回スターツシニアゴルフトーナメント2017年6月8日(金)~6月10日(日)スターツ笠間ゴルフ倶楽部

NEWS

2018 第19回スターツシニアゴルフトーナメント

<スターツシニア・1R>早野が4アンダー2位と好発進!「飛ぶ」ボールとの相性がいい


 スタートホールから7連続パーセーブ。8、9ホール目でいずれも1メートルのバーディーパットを入れた。2アンダーでハーフターンした早野健は、後半の11、12ホール目で連続バーディー奪取し、一時は首位に立った。

 

 しかし、16ホール目でワンピンほどのバーディーパットを入れにいって外し、返しの80センチほどのパットを軽率にも再び外してボギーを叩いた。それでも最終ホールでは「歩測3歩の距離のバーディーパット」をねじ込み、4アンダー68でフィニッシュ。首位と1打差3位タイの好位置に着けた。

 

「危なげなくセーフティーにプレーでき、ピンに着いた(バーディー)パットを入れられました。最終ホールでは(同組の)平石(武則)さんが先に打ったことで僕のラインをしっかり読み切れました。2番ホールでも平石さんのパットが切れずにカップ横をすり抜けたので、真っ直ぐラインで打ってバーディー。平石さんのパットお陰で2つもバーディーが取れました。平石先生様さまです(笑)」。

 

 今季開幕戦から「飛ぶ」と評判のニューボールを使い始めた。評判通りの飛びをもたらしてくれたものの、自分の距離感とは若干の狂いが生じていた。「体と頭とがうまく馴染んでいませんでした。風に強く、グリーンン上の止まり感は良く、ソフトタイプなのでフェースに食いついてくれるからスピンを掛けやすい。でもアイアンの距離感がイマイチ合わなかったのですが、ようやく合致して来ました」と早野。

 

 張本茂、平石と同組でのラウンドだったが「張本とのラウンドはリラックスでき、平石さんと回るとプレーの流れ、リズムがいいのか僕は60台のスコアがでるんですよ」。

 

 明日の大会2日目は最終組で高見和宏、水巻善典とのラウンド。優勝の二文字を意識してしまうに違いない。それでも早野は「また36ホールも残っていますから、(優勝争いに関しては)まだ何も口にはしたくないので勘弁してください」と煙に巻いた。

 

 ニューボールをウイニングボールにする。その思いは、まだ言葉にしない

 

 

 

(PGAオフィシャルライター 伝 昌夫)