• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • <富邦仰徳シニア杯・1R>作戦は成功!マ ....

NEWS

2019 富邦仰德シニア盃

<富邦仰徳シニア杯・1R>作戦は成功!マークセンが8アンダーで単独首位


 シニアツアー第3戦「富邦仰徳シニア杯」の第1ラウンド。9バーディ1ボギーの8アンダーとスコアを伸ばした前年覇者プラヤド・マークセン(53)がロケットスタートで首位。3打差5アンダー2位には崎山武志(56)、さらに1打差4アンダーに奥田靖己(59)が続いている。大会ホストプロの盧建順(59)は1アンダー13位とさらに上位を狙う。

 

 

 大会前日にマークセンは「勝率70パーセント」と予告しているとおり、上位にやってきた。スタートから2連続バーディーを決めると、前半では計5つのバーディーを奪取。後半に入っても勢いはとまらない。10、11番と2つのバーディー、13、14番でもバーディーを重ねた。15番では、唯一の3パットでボギーを叩いたが、終わってみれば、作戦通りのスタートダッシュ。本人もご満悦のゲーム内容となった。マークセンはこの日のラウンドを振り返り「ドライバーが思うように打てました。ほとんどフェアウェイキープでしたから、その後のゲーム組み立てがうまくいきました。まっすぐしっかりとパッティングが決められたのには、今回だけ重いパターを使った作戦が良かったですね」と満面の笑み。大会連覇に向けて「明日も同じような天気だったら、勝率は80パーセントになるかもしれません」。マークセンは昨年は47週も、試合をこなしており、勝負の経験値は高い。あと2日、昨年のシニア賞金王に立ち向かう戦いとなった。

 

◇アマチュアジュニア6名の成績は以下の通り。

順位 スコア 選手名 1R OUT IN
1T -1 王 璽 安 20 71 37 34
  -1 陳 霆 宇 17 71 36 35
  -1 陳 佑 宇 15 71 37 34
4 +3 蔡 兩 達 18 75 36 39
5 +4 盧 昕 妤 17 76 38 38
6 +6 陳 威 勝 21 78 39 39