• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • 【JAL選手権・FR】通算10アンダーで ....

NEWS

【JAL選手権・FR】通算10アンダーで7位と最後猛追した倉本、金は34位


 JAL選手権に出場している63名のうち、7名の招待選手である日本シニアツアーメンバーの選手たちも健闘した。昨日9月9日に誕生日を迎えた倉本昌弘(62)は、最終ラウンドで1イーグル4バーディー1ボギーの67をマーク、206ストローク通算10アンダーで7位タイフィニッシュと、存在感をアピールした。会長兼選手と多忙の中でも、少しの練習とトレーニングを信じ続けた結果だった。

 

 「10アンダー出せばトップ10に入るかなと思っていましたので、今日は最高の出来です。今週は長いパットが寄っていたのと、3パットが1度も無かったので、練習の成果が出てきたかなと思います。久しぶりに会うチャンピオンズの選手たちと親交を図れましたし、62歳になってもこうやって存在感を示せました」と満足いくラウンドを振り返った。倉本は2005年にチャンピオンズツアーファイナルQTをトップで通過し、2006年から3年間はチャンピオンズで腕を磨いてきた。「やはりアメリカでの経験があるので、難しい状況を作られれば作られるほど、良いプレーができます。素晴らしいグリーンと、素晴らしいフェアウェイでしたね。3日間あまりスコアが伸びなかったというのは、このコースの持つポテンシャルなのではないでしょうか」と、舞台となったコースのクオリティを高く評価した。

 

 

「成田ゴルフ倶楽部には、連日コアなゴルフファンが観戦に駆けつけてくれましたし、みなさん楽しめた大会になったのではないでしょうか。我々PGAとしては、来年もこの週を空けて、チャンピオンズの日本試合開催を楽しみにしています」と、来シーズンの開催にも期待を込めた。

 

 招待選手の中には、先週のコマツオープン2017で優勝を飾った金鍾徳(56)も、最後まで奮闘した。初日こそ75を叩き悔しい思いをしたが、コースマネジメントを練り直した結果、2日目を69、最終日も69と立て直し、213ストローク通算3アンダー、34位タイで大会を終えることができた。

 

 金は「3日間、本当に楽しかったよ。やっぱり高いレベルでゲームするのは刺激になるし、勉強になります。素晴らしいチャンスをいただきました。8月中旬のファンケルクラシックから連戦だったのですが、うーん、少し身体が疲れてきた感じです。だけど、来週のシニアオープン、アルファクラブシニアと、頑張りたい試合が続くし、まだまだやりますよ!」と振り返り、気持ちをまた新たにしていた。

 

 

◇ 招待選手7名の成績

     7位タイ   倉本昌弘  206s(-10)
   34位タイ   金 鍾 徳  213s(-3)
   51位タイ   崎山武志  217s(+1)
   53位タイ   室田 淳  218s(+2)
   55位タイ   中島常幸  219s(+3)
   58位     井戸木鴻樹 220s(+4)
   59位タイ   尾崎直道  221s(+1)