いわさき白露シニア
LEADER BOARD
Powered by ALBA

  • ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • 〔TCPシニア選手権・大会前日〕50歳以 ....

第13回PGAティーチングプロシニア選手権大会2017年10月17日(火)~10月18日(水)静ヒルズカントリークラブ

NEWS

第13回PGAティーチングプロシニア選手権大会

〔TCPシニア選手権・大会前日〕50歳以上のティーチングプロがタイトルを争う!開放感あるコースでの厳しい戦い


「第13回PGAティーチングプロシニア選手権」が、茨城県の静ヒルズカントリークラブで17、18日の2日間36ホールで行われる。静ヒルズCCは、2007、2008年に日本プロシニア、2015、2016年にはティーチングプロ選手権大会を開催するなど、ジュニアからプロまでの数多くのトーナメントが開催されている。

 

開放感のあるコースで、バンカーや池が巧みに配置されており、難易度が高いチャンピオンコースとして知られている。広々としたティーグランドからは、グリーンへのアプローチ、マネジメントが非常に難しい。グリーンは様々なアンジュレーションを持っており、ピンポジションによってはグリーンの難易度が一気に変わる。

 

PGA小林英次競技委員長は「コースメンテナンスも高いクオリティを保っていて、素晴らしい仕上がりです。6,537ヤードという長さではありますが、たくさんのドラマが生れるスリリングなコースです。どのレベルのプレーヤーにも難しく、フェアな戦いになると思います」と話す。

 

スコアメイクのキーとなるホールは、15番、17番、18番の後半3ホール。15番パー3ホ-ルは160ヤードだが、オーガスタの12番をイメージしたホールで、グリーンの手前には小川、奥にはバンカーがあり、繊細なショットコントロールが求められる。17番、18番ホールはティーショット、セカンドショット共に池が絡む難しいホール。池越えとなるショットには、大きなプレッシャーを感じずにはいられない。コース戦略が必要とされる中で、120名の選手は、自分のゴルフを信じて第13代目のタイトル奪取を狙う。

 

 

 

ディフェンディングチャンピオンの近藤年弘(60)は、2週間前に、優勝者の特典で獲得した日本プロシニア選手権大会に出場した。結果は悔しい予選落ちとなったが「試合の36ホールの中で、嬉しいことも悔しいことも、たくさんありました。公式戦に出場させてもらって非常に刺激になりましたし、プロとしてもう一度出場したいと、改めて確信しました。大会連覇を狙って、明日の初日からいい戦いをしたいです」と、意気込みを伝えた。