• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • Hitachi 3Tours Championship 2018

NEWS

Hitachi 3Tours Championship 2018

<日立3ツアーズ選手権>チーム対抗戦のPGAジュニアリーグ・プレ大会が開催!

PGAジュニアリーグ・プレ大会が、日立3ツアーズ選手権と同時開催で行われた。 グリッサンドゴルフクラブの2番から4番ホールの3ホールを3周して、計9ホールを戦う方式で、地元千葉県の2チームが、最後まで白熱する戦いを披露した。    このPGAジュニアリーグとは、13歳までの男女が対象で、1チーム14人ほどの編成で対戦するマッチゲーム。チームワークを重視し、個々のプレーヤーのプレッシャーも減ら ....

<日立3ツアーズ選手権>PGAチームが悲願の優勝!MVPに輝いたのはマークセン

 PGAチームが2012年以来6年ぶり3回目の優勝を飾った。    最終第3組のプラヤド・マークセン(52=タイ)・米山剛(53)が、ベストボール方式、オルタネート方式とも1位となって計5ポイントを挙げ、金・山添組が2ポイント、マイヤー・久保組が3ポイントで計10ポイントとし、LPGAチームを0.5ポイント上回った。大会最優秀選手賞(MVP)にはマークセンが選ばれた。      期待通りの活躍を ....

<日立3ツアーズ選手権>ダブルス戦は面白い!絶妙にかみあった久保・マイヤー組

 第2組でペアを組んだ初出場同士のグレゴリー・マイヤー(57=米国)・久保勝美(56)組は、それぞれがプレーしてそのホールのいいスコアを採用するベストボール方式の第1ステージで、絶妙にかみ合った。    スタート1番パー5で、マイヤーがティーショットをバンカーに入れて「ほぼギブアップ状態」と救ったのが久保で、第2打でグリーンの近くまで運び、バーディーを奪った。3,5番で久保がパーを確定させた後にマ ....

<日立3ツアーズ選手権>金とのタッグを楽しんだ山添は「また来年も」

第1、2ステージとも第1組で先陣を切った金鍾徳(57)・山添昌良(51)組は、第1ステージこそ3位でポイントなしだったが、第2ステージの最終18番で、JGTOチーム(池田勇太・時松隆光組)に競り勝って2位となり2ポイントをゲットした。     「同じ2アンダーで来ていて、最後、池田プロが池に入れたので、ここはパーで行こうと話したよ」と金。1つのボールを交互に打つオルタネート方式で第2打を打つ番の山 ....

<日立3ツアーズ・前日>PGAチームは6年ぶり3回目の優勝を狙う!

 PGAチームが、2012年以来6年ぶり3回目の優勝を狙う。    今回のチーム構成は、賞金王プラヤド・マークセン(タイ)ほか金鍾徳(韓国)、グレゴリー・マイヤー(米国)と外国選手が3人、日本プロシニア優勝の米山剛、今季2勝を挙げてブレークした山添昌良、優勝こそなかったが2位4回など安定して上位をキープした久保勝美の6人。マイヤー、山添、久保が初出場になる。      第3組でマークセンと最強タ ....

<日立3ツアーズ・前日>3年連続シニア賞金王・マークセンに記念グラスをプレゼント!

 タイ出身のプラヤド・マークセン(52)が、3連連続賞金王として、大会に臨む。大会前日の8日、PGA倉本昌弘会長から、今年の賞金王を記念するワイングラスが贈呈された。今年、タイの自宅に優勝カップやトロフィーを飾る棚を新設。幅10メートルほどで4段になっていて、世界各国で優勝した記念の品々が70個ほど並んでいるという。「今年で3つ目になりました。これも飾っておきます」と嬉しそうにグラスを持ち上げ、飲 ....