• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • エリートグリップ シニアオープンゴルフ

2017 エリートグリップ シニアオープンゴルフ2017年8月9日(水)~8月10日(木)鳴尾ゴルフ倶楽部

NEWS

エリートグリップ シニアオープンゴルフ

【エリートグリップシニア/FR】田村(53)パッティングが全て 大きなミスはなかったが肝心なところが

 田村尚之(53)がシニア2勝目を逃した。第一声は「パターがねえ…」。言葉通り、どこかで1つ、バーディーパットが入っていたら、展開が変わったかもしれなかった。  首位並走でスタートしたが1番ボギーで後退。3番では1メートル強のバーディーパットを外して流れを引き寄せられない。ただ「ショットはいい」という通り、チャンスを数多く作って、14番パー5で5メートルに2オンしてこの日3つめのバーディーを奪った ....

【エリートグリップシニア/FR】汪(55)サバイバル戦を制し日本シニアツアー初優勝

 来日3年目の汪徳昌(54=台湾)がパッティングのうまさで日本シニアツアー初優勝を果たした。難コースと暑さで上位陣がくるくると入れ替わる大混戦。上がっては落ちるのサバイバル戦になった。14番を終えて汪は通算5アンダーで2組前の羽川、同組の田村とともに首位。田村が、羽川がスコアを落とし、17番で汪が5メートルのバーディーを決め、通算6アンダーで抜け出した。   ホールアウトしていた高見、同組の田村 ....

【エリートグリップシニア/FR】髙見(57)今日は良いゴルフだった プレーに集中できた

 65のベストスコアをマークした高見和宏(57)が2打差2位に食い込んだ。1オーバー20位からスタート。5番で1メートルにつけて、波に乗った。6番2メートル、7番パー5では「セカンドで花道まで行ってアプローチでOK」、8番ではドライバーがあたり、第2打を9番アイアンで2・5メートルにつけて4連続バーディー。ぐんぐん順位を上げた。14番パー5では第2打でグリーンオーバーしたが寄せてバーディーとこの日 ....

【エリートグリップシニア/1R】今日はナイスプレー 首位と1打差5位発進河村雅之(51)

 首位に1打差5位発進した河村雅之(51)は「ナイスプレーですよ」と笑顔を見せた。理由は「ボギーにしたところ(2ホール)以外、ピンチがなかったから」という。そのボギーもパー3(4、15番)で「距離感が合わせづらいホールで、高い球を打ちたい、でもショートしたくない、と思って打ったら力が入って奥に行ってしまったんで、しょうがないとあきらめがつきました」と、引きずらなかったのがよかった。  このコースは ....

【エリートグリップシニア/1R】やはり今週も来た プラヤド・マークセン(51=タイ)

 プラヤド・マークセン(51=タイ)がやはり今週も来た。「昨日は練習ラウンドでハーフしか回れなかったので、インコースがよくわからなかった」という中でも、3アンダー67。3番で1メートル、7番パー5では第3打でOKにつけ、9,12番では2・5メートルを相変わらずショットは好調だ。14番パー5では第2打ピンまで残り174ヤードを8番アイアンで2オンさせた。この日は5バーディーを奪ったが、2つのボギーが ....

【エリートグリップシニア/1R】杉原敏一(53)が父の教えを思い出して、首位に1打差5位発進

 杉原敏一(53)が父の教えを思い出して、首位に1打差5位発進した。1,2番連続ボギーとスタートでつまずいたが「このコースは難しいけど好きなコースなんです」というように、徐々に盛り返し、インに入って13番2・5メートル、14番パー5で2オンする連続バーディーで1アンダーに。「よく親父からは『いい時に喜びすぎて調子に乗るなよ』と言われていたんで。落ち着いていこうと思いました」という。その甲斐あって、 ....

【エリートグリップシニア/1R】田村尚之(53)が首位「グリーン上での迷いはない」

 首位スタートの田村尚之(53)は「グリーン上で今日は迷いがなかったのが大きかった」と振り返る。3番で1・5メートルのチャンスを外し、4番でボギーが先行する悪い流れだったが、6番で2・5メートルを入れて変えた。9番で2メートルを入れ、インに入って13番で4メートル、5番パー5では第2打を手前カラーまで運んで連続バーディーを奪った。  各選手が苦しんだ難コース。クラブが創立したのは1920年、このコ ....

【エリートグリップシニア】鳴尾GC攻略のカギは頭脳プレー

 PGAシニアツアーとして今年から新たに加わった「エリートグリップシニアオープンゴルフ」は8月9日から2日間にわたり熱戦が繰り広げられる。会場は兵庫の名門鳴尾ゴルフ倶楽部。PGAシニアツアーの開催は2010年に日本シニアオープンが開催されて以来となる。  鳴尾GCに所属している水巻善典(58)はコースについて次の様に語った。「1970年代ぐらいまでは日本オープンなどプロの大会を開催したりしていたが ....