いわさき白露シニア
LEADER BOARD
Powered by ALBA

2017 富士フイルム シニア チャンピオンシップ2017年11月2日(木)~11月4日(土)ザ・カントリークラブ・ジャパン

NEWS

富士フイルム シニア チャンピオンシップ

2017.11.04

<富士フイルム選手権・FR>マークセンは思惑通りの逆転優勝!今季シニア4勝目V

 逆転優勝を果たしたプラヤド・マークセン(51)が、シニアツアー2試合を残して、年間獲得賞金最高額を更新し、新記録での賞金王を決めた。    崎山に2打差をつけて迎えた最終18番パー5、フェアウエイからピン手前10メートルほどに2オン。直後にテレビカメラに向かって指で「4」を示した。「今年4勝目という意味でした」と、この時点で優勝を確信した。昨年は最終18番で同じく15メートルに2オンしながら3パ ....

2017.11.04

<富士フイルム選手権・FR>崎山は逆転を許し2位でもカムバックできたことに感謝

 崎山武志(54)が後半、マークセンを追いかけたが「時すでに遅し」だった。    「久しぶりの優勝争いで、緊張したわけではなかったんですが、体がスムーズにいかなかった」と振り返るのは前半。ショットが悪く、パッティングの距離感も出せず、2つのボギーをたたいた。マークセンに一気に逆転され、ズルズルと後退した。    「今日は初めてのバーディーが14番(3メートル)ですから、なんせ遅すぎました」と、自嘲 ....

2017.11.04

<富士フイルム選手権・FR>3位に終わった室田「もうちょっと頑張ります」

 3位に終わった室田淳(62)は「全然惜しくなかったよ。これだけショットが悪いとね」と苦笑いした。    1番でいきなり50センチにつけるバーディー発進で、追い上げの予感があった。3番で落とした直後4番で4メートルを沈め、6番では7メートルを入れて、珍しく早い段階でガッツポーズも出た。6アンダーで迎えた16番でもピン手前7メートルを入れてガッツポーズ。自分を鼓舞しているようだった。   悔やんだの ....

2017.11.04

<富士フイルム選手権・FR>圧倒的なパワーで大会を制したのはマークセン!今季賞金王確定

 プラヤド・マークセン(51)が通算11アンダー205で優勝。今季4勝目を挙げ、2年連続賞金王を決めた。マークセンは首位に1打差2位でスタートし、前半3バーディーで首位を奪い、後半も15番と18番でバーディーを獲り、この日67をマークして逆転した。   今季獲得賞金は6895万4791円となり、昨年自身が記録した6227万8000円を更新し、シニアツアー新記録となった。前日首位の崎山武志(54)は ....

2017.11.04

<富士フイルム選手権・FR>大会最終日の戦いはTV放映でお楽しみください

「富士フイルム シニア チャンピオンシップ」最終ラウンド後半の戦いは、テレビ東京系列で16時からご覧いただけます。 優勝賞金1400万円をかけた賞金王レースにも注目が集まります。 ラウンドレポーターには、槇岡充浩プロと横尾要プロが、注目組のプレー解説をしながら情報をお届けします。 日本ゴルフ界のレジェンド達が繰り広げる熱戦の模様を、テレビでもご観戦ください。    ※お楽しみいただいておりま ....