• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • 広島シニアゴルフトーナメント

NEWS

広島シニアゴルフトーナメント

【広島シニア・前日】満身創痍で挑む昨年覇者の真板は、大会連覇を目指す

 真板潔、米山剛、冨永浩の3人が通算10アンダーで首位に並び、勝負の行方がプレーオフにもつれ込んだ昨年大会。同2ホールめで真板が4メートルのバーディーパットを沈め、自身初の年間2勝をマークし、「2日間大会の帝王」の異名が着いた。    今年は大会2連覇、開幕戦に次ぐ年間2勝め達成の記録が懸かる真板は、前週のファンケルクラシックでシニアツアー史上初の5人によるプレーオフに加わる活躍を見せたが、同1ホ ....

【広島シニア・前日】「最高のグリーンでパット勝負を楽しみたい」昨年のリベンジをしたい冨永

「開幕戦の15位タイがシーズンベスト。ここまで思うような成績を挙げていない。昨年のこの大会でシニア初優勝を逃したけれど、プレーオフでも良いプレーが出来たのは印象深いし、ショットの良いイメージも残っています」。    昨年大会では優勝した真板潔と同じく2日間ともに66のスコアを並べて3人プレーオフに加わったのは冨永浩(56)。昨年は2位2回を含むベスト10入りは計4回、賞金ランキング17位。今季は優 ....

【広島シニア・前日】最高舞台の整った広島シニア。グリーン勝負、劇的なパットシーンに乞うご期待!

 緑の絨毯という形容がピッタリの整えられたフェアウエイ。長さ70ミリ強のラフ。グリーンの状態は今季屈指と出場選手たちが口を揃える仕上がり。広島シニア大会舞台は完璧に出来上がった。 「昨年は3選手が通算10アンダーに並び、覇を争いました。今年はコースの状態が近年稀にみる素晴らしい出来栄えで、フェアウエイにディボット跡は無く、グリーンはラインにボールを乗せたらよれずに素直に転がります。ショットとパット ....

2 / 212