• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • いわさき白露シニアゴルフトーナメント

2017 いわさき白露シニアゴルフトーナメント2017年11月24日(金)~11月26日(日)いぶすきゴルフクラブ 開聞コース

NEWS

いわさき白露シニアゴルフトーナメント

【いわさき白露シニア・FR】プロ入り2年目の最後の最後で、念願の初優勝を飾った寺西

 寺西明(51)が天を仰いだ。最終18番で、70センチのパーパットを沈めた瞬間だった。    多くのプロの先輩たちがその様子を見ていた。「初優勝でしょ、あのパットはしびれるだろうね」とささやき合っていた。本人も、その通りだった。「苦しかったですね。入って、ホッとしました。人生の中で一番高い、値打ちのあるパーパットでした」。その心境を振り返った。    前日まで2位に5打差と大差をつけていた。逃げ切 ....

【いわさき白露シニア・FR】東が単独2位に食い込んで最低目標だった来季シード権を獲得!

 東聡(57)は、「優勝」という大きなチャンスを逃した。  「こんなチャンスはなかった」と、1打差2位に終わって、悔しさを押し殺した。首位に6打差でスタートし、3番で右手前4メートルを沈めてバーディーが先行。その後はチャンスがあまりなかったが、首位の寺西が前半崩れて、差が縮まっていく。10番でとり、通算8アンダーにしたところで、9番をボギーにした寺西と並んだ。    ただ「ショットがみんなピンま ....

【いわさき白露シニア・FR】3位と粘った田中は、シニア最終予選会から出場を確約

 田中泰二郎(54)が3位に粘って、賞金330万円を獲得、今季獲得賞金を502万6800円として、賞金ランク45位に浮上した。    首位の寺西とは5打差2位でスタート。「1番のティーショットでがっかりした」と、右バンカーに入れ、アゴに近かったため第2打は土手に当たって出ただけでボギー発進になった。ショットが安定せず、3、4番でバンカーに入れたが、2メートル前後のパーパットを沈め、7番では5メート ....

【いわさき白露シニア・FR】最終ラウンドでベストスコア66は大きな収穫と杉原

 杉原敏一(53)が最終日ベストスコアの6アンダー66をマーク、通算4アンダーで8位に食い込んで「最後締められてよかったです」と笑顔を見せた。    7,8番連続バーディーでインに折り返し、11番で残り160ヤードを6番アイアンで直接放り込むイーグル。13番では50センチにつけた。「欲が出るっていうんですか、7アンダー、8アンダーにしたら、賞金ランク50位以内に入れるだろうかとか」といった。15番 ....

【いわさき白露シニア・FR】来年は後輩の世話係り?!と賞金ランク31位の渡辺

 渡辺司(60)が24位に終わり、大会前の賞金ランク29位から、下位にいた寺西明、東聡に抜かれて31位に後退。来季の賞金シード権を失った。    この大会前に腰痛に襲われ、エコー検査などもしたが原因が分からなかった。毎日座薬と痛み止めを使ってプレー、最終日も「座薬と痛み止めを2回ずつ入れて、そのほかに錠剤も5錠飲んでなんとかできたけど、体がへたったということだろうね」という。「シニアで10年、ツア ....

【いわさき白露シニア・FR】今年は「最高の年」だったと賞金ランク2位の米山

 米山剛(52)が今季獲得賞金を3902万6700円とし、賞金ランク2位で今季を終え、来年の全米シニアオープンと、全米プロシニアの出場資格を得た。   今季はファンケルクラシックでプレーオフの末にシニアツアー初優勝を飾り、続く広島シニアも制した。「今年は出来すぎでした。最高の年」と振り返る。最高は塗り変え可能だが?「いえいえ、これ以上というと、1位しかないでしょ。マークセンは今週初日に回りましたけ ....

【いわさき白露シニア・FR】シニアルーキーの河村は賞金ランク28位に「来年はチャンス」

 最終戦が終了し、今季賞金ランクが確定した。賞金ランク30位以内に来季シード権が与えられる。初めて賞金シード権を獲得したのは、盧建順、柳沢伸祐、川岸良兼、朴富遠、河村雅之の5人だった。   28位のギリギリでシード権を獲得した河村は今季からシニアツアーに参戦、最終予選会からの出場だった。シニアデビューの開幕戦でいきなり優勝争いの3位になり「いけるかなと思ったんです。ところがそこから何もなく終わって ....

【いわさき白露シニア・FR】プロ入り2年目の寺西がシニア初優勝を飾る

 寺西明(51)がシニアツアー初優勝を飾った。2位に5打差でスタートしたが、前半で4つのボギーをたたいて、通算8アンダーで追い上げた東聡(57)に並ばれた。10、12番のバーディーもあって、通算8アンダー208で最後は東に1打差で逃げ切り、シニア2年目で栄冠に輝いた。田中泰二郎(54)と清水洋一(54)が2打差3位。最終戦を終えて賞金ランクが確定、30位以内が来季シード権を獲得。初シード選手は5人 ....

【いわさき白露シニア・2R】清水に巡ってきた今季最後の優勝チャンス!6打差を追う

 清水洋一(54)が、今季最後の優勝のチャンスにかける。    「いやあ、外から3回入ってしまいました」と、同伴競技者にチップイン3回のこの日を冷やかされながらも、ニコニコした。いきなり1番で「フェアウェイから乗らず、右手前から12ヤードぐらいが入りました」と1発目はスタートホールのバーディー。2発目は7番。左ラフからの第2打がグリーン奥にこぼれたが「12ヤードぐらいが入りました」という。     ....

【いわさき白露シニア・2R】追い上げるしかない東が67をマークし3位につける

 東 聡(57)は、いわさき白露シニアで「年一」のチャンスをものにしたい。    「もう追い上げないとしょうがないんで。順位を上げていくしかない」というのが最終戦の心境。現在賞金ランク33位(865万9434円)。来季シード権を獲得できる30位(寺西)まで139万円余り。「とにかく1100万円を超えないとだめなんで」という。ちなみに、1100万円にするには単独4位(270万円)が必要だ。    「 ....

1 / 212