• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • いわさき白露シニアゴルフトーナメント

2017 いわさき白露シニアゴルフトーナメント2017年11月24日(金)~11月26日(日)いぶすきゴルフクラブ 開聞コース

NEWS

いわさき白露シニアゴルフトーナメント

【いわさき白露シニア・2R】田中は「倉本先輩」とプレーできた喜びでスコア爆発!7アンダー単独2位

 田中泰二郎(54)が「想定外」のスコアに戸惑いと照れを見せる。スコアカード提出所。「田中選手、34、33で67ですね」という確認の声に「よくわかんない。リアルなスコアじゃないんで」と笑いを誘った。    「どうしたんですかね。4年に1回ですかね」と、報道陣に囲まれての第一声。「変なミスをしても、ばれない程度に終わっている。ショートゲームがいい状態なのかなあ。パットなんて30年間苦労していたのに、 ....

【いわさき白露シニア・2R】唯一の2ケタアンダーで単独首位の寺西「最後まで完走が目標」

 今季シニアツアー最終戦となる「いわさき白露シニアゴルフトーナメント」の第2ラウンド。寺西明(51)がシニアツアー初優勝に向けて、通算12アンダー132で首位を独走している。67で回った田中泰二郎(54)が通算7アンダーで5打差2位につけた。賞金ランク33位の東聡(57)が清水洋一(54)とともに6打差3位に浮上、来季シード権(賞金ランク30位以内)の争いも面白くなってきた。   寺西が初優勝に向 ....

【いわさき白露シニア・1R】2位タイの久保、慎重なプレーで最後の優勝争いを楽しみたい

2打差2位につけた久保勝美(55)だが「申し訳なくて」と恐縮する。「調子よくないんです。鈴木亨選手とか、いいスイングして、いい球打っているのに、こっちは変なスイングして、変な球打って、アーとかウーとか言いながら、結果オーライばっかりでいいスコアになっちゃって」と頭をかいた。   6番でボギーが先行したが、7番で「ヒールに当たって右の林にいったと思ったら出ていて」という幸運を逃さず、1.5メートルに ....

【いわさき白露シニア・1R】ボギーで熱くなった早野は、ピンを狙い3アンダー4位

 早野健(52)が3アンダー69で回って、3打差4位につけた。インスタートで9番をホールアウトした時は、ウェアが半そでに切り替わっていた。「ボギーたたいて熱くなっちゃって」と笑った。    11番でグリーンエッジから3パットしてボギーが先に来た。それでも、13番1メートル、14番3メートルを入れて盛り返す。18番パー5では第2打でグリーン手前のバンカーに入れたが、80センチに寄せてバーディー。折り ....

【いわさき白露シニア・1R】川岸は気絶しそうなティーショットでも2位タイ

 川岸良兼(50)はいつものセリフ「気絶しそう」といいながらも、ニコニコして上がって来た。この日4アンダー68。「気絶しそうなティーショットばっかりだったけど、パットだけですね、今日は」と振り返った。    1番で右OB方向に打ち、いきなり暫定球を打った。幸いラフで止まってセーフ。4番では12メートルのロングパットを沈め、9番でバンカーに入れてボギーにしたが、インに入って猛攻。10番でOKにつけ、 ....

【いわさき白露シニア・1R】寺西が「楽しく」6アンダー66で回り単独首位

 寺西明(51)が6アンダー66をマークして首位に立った。来季シード権を得られるボーダーラインの賞金ランク30位におり、シード権争いがより熱くなりそうだ。2打差2位に、川岸良兼(50)と久保勝美(55)が並び、3打差3位に早野健(52)と室田淳(62)がつけている。昨年優勝の倉本昌弘(62)は6位タイと好位置につけた。   そんな寺西が「楽しく」6アンダー66で回り、首位に立った。    「何とか ....

【いわさき白露シニア・前日】やることはやった!シニア2年目の寺西がシード圏内入りに臨む

 寺西明(51)が「ドキドキ、ワクワク」のシード権争いに臨む。    最終戦で賞金ランク30位までに入ると来季シード権を獲得できる。目下、そのボーダーライン30位にいるのが、1005万1147円の寺西。同31位の高見和宏(975万7991円)との差は29万3156円とわずかしかない。    「準備万端ですよ。やれることはやったし、調子はいいんです。普通にやれば」と、練習場で調整したこの日、笑顔がの ....

【いわさき白露シニア・前日】今季シニア最終戦は昨年チャンピオン倉本も参戦!

 今季シニアツアー最終戦「いわさき白露シニア」が11月24~26日、鹿児島・いぶすきGC開聞C(6923ヤード、パー72)で行われる。大会前日の23日はプロアマ大会が行われた。   この大会では、来季賞金シード権(賞金ランク30位以内)の争いなど、最終戦ならではの戦いが繰り広げられる。開聞岳の麓に広がるコースで、レギュラーツアーでもあまりない「高速グリーン」が選手を待ち構える。    昨年優勝の ....

2 / 212