• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • 2018 YUKO GROUP PRESENTS 第4回セヴンヒルズカップ KBCシニアオープン

2018 YUKO GROUP PRESENTS
第4回セヴンヒルズカップ KBCシニアオープン2018年9月14日(金)~9月15日(土)福岡セヴンヒルズゴルフ倶楽部

NEWS

2018 YUKO GROUP PRESENTS 第4回セヴンヒルズカップ KBCシニアオープン

【セヴンヒルズKBCシニア/FR】タイのウィラチャンが日本シニアツアー参戦1年目で初優勝

 最終18番で、2メートルのバーディーパットを残したタワン・ウィラチャン(51)。先輩のプラヤド・マークセン(52)は自身の30センチのパーパットを先に沈めて、ウイニングパットのおぜん立て。それにこたえるように、ウィラチャンは有終のバーディーで通算15アンダーまでスコアを伸ばし、日本シニアツアー参戦1年目で初優勝を遂げた。  今季5勝、ウィラチャンが「日本のキング」というマークセンを、ねじ伏せた ....

【セヴンヒルズKBCシニア/FR】次回は優勝を掴むぞ!久保は今季4度目の2位

 久保勝美(55)が今季4度目の2位となった。「今日はパットがすごかった。驚異的」と自画自賛するように、2番から4連続バーディーに始まって9バーディー、1ボギーの64をマークし通算12アンダーでホールアウト。その時点では首位ウィラチャンに1打差まで迫っていた。ただ、悔やんだのが最終18番。2メートルのバーディーパットを「ショートするとはね・・・情けないです。トップと1打差はわかっていたんで。こうい ....

【セヴンヒルズKBCシニア/FR】連覇を狙った加瀬は64をマークしたが及ばす4位

 昨年覇者の加瀬秀樹(58)が、今年も最終日に爆発した。8バーディー、ボギーなしの64をマークして通算11アンダーまで伸ばし、4位でフィニッシュした。「精いっぱいだったよ」といいながらも表情は明るい。17番で2メートル、最終18番では5メートルを入れる連続バーディーの上がりが満足だったという。昨年は最終日63で逆転優勝、今年もトップに肉薄した。  「このコースは好き。コースの雰囲気が合っている。 ....

【セヴンヒルズKBCシニア/FR】プロも驚かせたアマチュア高校生村上選手が7位タイフィニッシュ

 ジュニアゴルファー育成支援で特別参加した高校生、村上颯汰(秀岳館高校3年)が、通算9アンダーで7位相当の好スコアをマークし、ベストジュニアに輝き、プロを驚かせた。初日は6バーディー、ボギーなしの66で2位に並ぶスコアで回り、一緒に回った奥田靖己が「優勝したらどうするんだろうって話していた」と舌を巻いた。  この日は5番から3連続バーディーなどで9アンダーに伸ばしたが、後半は「まだスタミナがない ....

【セヴンヒルズKBCシニア/1R】還暦を越えた羽川が1打差2位「もう一度、頑張りたい」

 羽川豊(60)は4年ぶりの優勝に、好スタートを切った。6アンダー66をマークして首位に1打差の2位につけた。「いいスタートが切れたね。ずっとショットに悩んでいたけど、ヒントをつかんだ。まだ、自信持って言えないけどね」という。優勝したら言える?「そうなったら堂々と言うよ」と笑った。    5番パー5での会心のイーグルで流れを引き寄せた。ピンまで残り210ヤードを7番ウッドでピン1メートルに2オンし ....

【セヴンヒルズKBCシニア/1R】首位ウィラチャン、1打差2位マークセン、3位にパクと好敵手が上位に

  タワン・ウィラチャン(51=タイ)が7アンダーで首位に立ち、タイの先輩で今季5勝のプラヤド・マークセン(52)が1打差、コマツオープンに続いて2試合連続優勝を目指すパク・ボーウォン(53=韓国)が2打差につけた。    コマツオープンで初日11アンダーの快スコアをマークしながら、最後はパクに逆転されたウィラチャンは、インスタートでアウトに折り返して1番から4連続バーディーなど、また爆発力をみせ ....

【セヴンヒルズKBCシニア/1R】シード権を手に入れたい!「5963ズ」メンバー高見と杉原の強い想い

 プロアマ戦のパーティーを歌と演奏で盛り上げたバンド「5963ズ(ご苦労さんず)」のメンバーが優勝争いに顔を出した。  MCを務めた高見和宏(58)が6アンダーで首位に1打差2位につけた。3番でOKバーディーにしてから波に乗って4番で1.5メートルを入れ、5番パー5では第1打がカート道に跳ねて残り150ヤードのラフまで行き、9番アイアンで楽々2オンして3連続バーディー。「でもね、ここまで来たらマ ....

【セヴンヒルズKBCシニア/1R】2日間大会の帝王・真板が称号復活を目指す!

 「2日間大会の帝王」と呼ばれた真板潔(58)が、称号復活を目指す。「頑張りました。もうちょっとパターが入ってくれたらね」と、5アンダーにもちょっぴり不満そう。16年にはこの大会を含めて3勝、昨年は開幕戦ノジマを制したがいずれも2日間大会だった。   ノジマの後、左ひざ、左手首など故障が続いて「ドライバーが思うようなところに打てていない」と、低迷していた。「まだごまかし、ごまかしですけどね」と、 ....

【セヴンヒルズKBCシニア/1R】逆転優勝を狙う田村「やっと普通に振れるようになった」

 田村尚之(54)には、久々に笑顔が戻った。2番で1メートルにつけ、3番では7メートルを入れる連続バーディーなど、14番までに6つスコアを伸ばした。15番で8メートルから「雨でグリーンが重くなっていたのに打ち切れず」と2.5メートルもショートする3パットが痛かったが、5アンダーで首位に2打差6位の優勝圏内だ。    「まあ、やっと普通のゴルフができました、という感じです」と、昨年から悩んできた背筋 ....

【セヴンヒルズKBCシニア/1R】「気持ちはリベンジ!」運にも助けられ首位とは2打差の清水

 清水洋一(55)が5アンダーで2打差6位につけ「今年こそ」の優勝を目指す。    「でも…そんなことを言える感じじゃないんです、今日のゴルフは」という。8番パー5で10メートルのイーグルを決めた。12番では右に外したが12ヤードをチップインバーディー。15番では右の土手下に落としたが2メートルに寄せ、16番で8メートルが入って連続バーディー。「(同組)羽川さんのきちんとした内容のゴルフとは月とス ....

1 / 212