ノジマチャンピオンカップ
LEADER BOARD
Powered by ALBA

NEWS

マルハンカップ 太平洋クラブシニア

2017.08.06

【マルハン太平洋シニア/FR】秋葉はチャンスを完全に自分のモノにして優勝を掴んだ

 首位と4打差、通算4アンダーの4位タイから最終日スタートした秋葉真一(52)が猛チャージを掛けた。前半で5バーディーを奪って一気にスコアを伸ばす。ハーフターン後の10番パー5でもバーディー奪取し、通算10アンダーをマーク。その時点で単独首位に立つ。計10ホールを終了してのパット数は14。前半での1パットは6ホール。最終組の一組前で一緒に回っていた奥田靖己が思わず呟いた。「よっ、ミスターパットマン ....

2017.08.06

【マルハン太平洋シニア/FR】羽川は3年ぶりの優勝を逸したが「今日の負けは、次がある負け」

 通算7アンダー首位でスタートした羽川豊(59)は、フロントナインを2バーディー・1ボギーで凌いだ。最終組で一緒に回るプラヤド・マークセン(51)に一旦は首位に並ばれたが、9番ホールでマークセンがボギーを叩いたことで、1打差を着けていた。 「前の組の秋葉(真一の存在)を忘れていたよ(笑)」と羽川。一組前で回っていた秋葉が2連続と3連続バーディー奪取の好プレーを演じ、通算10アンダーでハーフターンし ....

2017.08.06

【マルハン太平洋シニア/FR】飛ばし屋・マークセンはバーディパットを決められず悔しい3位に終わる

 今大会から距離変更された14番パー5ホール。557ヤードから608ヤードと距離が長くなり、タフなホールと化した。2打目以降は打ち上げとなり、ツーオンを阻む。    最終日最終組に加わったプラヤド・マークセンは首位と2打差の通算5アンダーでティーオフ。1、2番ホールで連続バーディーを奪い、6番ホールでもバーディーパットをねじ込んだ。通算8アンダー。「8ホール目でバーディーを取れたら、通算12アンダ ....

2017.08.06

【マルハン太平洋シニア/FR】上位スコア速報(14時30分現在)

1  -11 羽川  豊 2  -10 秋葉 真一 3  -9 P・マークセン 4T -7 渡辺  司       鈴木  亨       川岸 良兼 7T -6 真板  潔       室田  淳       清水 洋一       尾崎 直道 ・・・   ※本大会ではスコア速報はございません