NEWS

マルハンカップ 太平洋クラブシニア

2017.08.04

【マルハン太平洋シニア】念願成就の清水がぎっくり腰を押して強行出場した理由

 清水洋一(54)が、ついに念願成就。シニア初優勝に「最も近い選手」の一人と目され続けて来た清水が、7月のシニア後援競技「UNITEX 2017プロアマトーナメント」で優勝を遂げたのだ。それも2位のキング・オブ・シニアこと室田淳を1打差抑えての会心勝利。    そこに至るまでの伏線もあった。KYORAKU CUP最終日は、首位と1打差の2位で最終組スタート。終わってみれば室田が逆転優勝を飾り、その ....

2017.08.04

【マルハン太平洋シニア】2試合連続Vに挑む秋葉! 通算10アンダーまで伸ばせたらチャンス

 7月上旬に行なわれたシニアツアー第4戦KYORAKU CUP2017で通算13アンダーをマークし、単独2位となった秋葉真一(52)。その後、1カ月ほどのオープンウイークとなったが、マルハン太平洋シニアの前週に開かれたシニア後援競技「熊本・阿蘇シニアオープンゴルフトーナメント」で、秋葉は今季初優勝を飾った。   「ショットも良かったけれど、とにかくパットが絶好調でした。僕の感覚とグリーンの速さが凄 ....

2017.08.04

【マルハン太平洋シニア】深い70ミリラフが選手たちを苦しめる!二桁スコアなら優勝チャンス!

 昨年大会を制したプラヤド・マークセン(51)の優勝スコアは、通算13アンダー。だが練習ラウンド、プロアマ大会で今年のコースをラウンドした選手たちは皆口を揃えてこう言う。 「ラフに捕まったら難しい」「去年ほどの優勝スコアにはならないな」。  2014年から始まったマルハンカップ 太平洋クラブシニアの4代目覇者となるのは誰か。     今年は同大会史上最も深いラフ70ミリに設定され、ラフに捕まったボ ....