ノジマシニア
LEADER BOARD
Powered by ALBA

  • ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • 2019 ノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメント

2019 ノジマチャンピオンカップ
箱根シニアプロゴルフトーナメント2019年4月18日(木)~4月19日(金)箱根カントリー倶楽部

NEWS

2019 ノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメント

【ノジマチャンピオン杯・1R】「飛び上がるぐらい嬉しい」63歳・伊藤がエージシュート達成で首位

 63歳の伊藤正己が、11バーディー、1ボギーの10アンダー62をマークするトーナメント・レコードでエージシュートを達成し、首位に飛び出した。9番から5連続、16番からは3連続のバーディーラッシュをみせた。63歳で62のエージシュートはツアー最年少&最少スコアになった。5打差の5アンダーで岡茂洋雄(50)、金鍾徳(57=韓国)、桑原克典(50)がつけている。      伊藤はガッツポーズを繰り返し ....

【ノジマチャンピオン杯・1R】深堀のシニアデビュー戦初日「力が入っちゃいました」

 シニアデビュー戦の深堀圭一郎(50)が、1アンダー71の27位でシニアツアー初ラウンドを終えた。飯合肇(65)室田淳(63)の大御所2人と最終組でのプレー。ホールアウトしてスコア提出所に老眼鏡が並べられているのを見て「こんなの初めて見ました。びっくりした」と笑った。  1番、シニアツアー第1打は会心の当たりだったが、パーオンして上8メートルから3パットでいきなり「初ボギー」発進。その後も ....

【ノジマチャンピオン杯・1R】チーム戦だったら優勝?!同組の崎山、金、桑原が仲良く上位

 「チーム戦優勝ってないの?」。  桑原克典(50)、金鍾徳(57)、崎山武志(56)の組が、3人合わせて14アンダー、桑原と金が5アンダーで2位、崎山が4アンダーで5位と3人そろって上位に名を連ねた。    最初に組を引っ張ったのが崎山。3,4番バーディー後5番パー5で右8メートルに2オンしイーグルを決めた。負けじと金が同じような距離のイーグルパットを沈めた。「後半になってショートパ ....

【ノジマチャンピオン杯・1R】5アンダー2位の岡茂は、ショートゲームとパッティングが生命線

 シニア2戦目の岡茂洋雄(50)が5アンダー67で2位スタートを切った。1オーバーで迎えた12番パー5(486ヤード)で「セカンドでダフってしまって」と30ヤードを残したが、自身でも「得意」というショーゲームのうまさをみせて第3打を1メートルにつけてイーブンに。ここから16番まで5連続バーディーを奪った。最終18番では左上4メートルを沈めてフィニッシュした。      レギュラー時代はシード権を ....

【ノジマチャンピオン杯・1R速報】62ストローク!伊藤正己がエージシュート大会記録更新

 第2組目(8時10分)でスタートした伊藤正己(63)が、11バーディー1ボギー62ストロークと、いきなりビッグスコアを出してホールアウト。しかも、この「62」トーナメントレコードは、これまで三好隆が2015年に64歳・63ストロークでエージシュートを達成したシニアツアー最少記録を更新するというおまけまでついてきた。    スタートホールでバーディー発進後、3番、7番、9番と前半ホールはすべてパー ....

【ノジマチャンピオン杯・前日】デビュー戦を飾る深堀「一つでも一打でも上を目指して」

 レギュラー通算8勝を挙げ、2018年10月に50歳となり、シニア入りが注目されていた深堀圭一郎が、ついに本大会でシニアデビューを果たす。しかし、デビューならではの戸惑いがあるのも本音。「シニアって・・・言葉に、まだ慣れてないんです(笑)。光栄ですけど、まだ、ちょっと恥ずかしいですかね」と苦笑いもみせたが、「シニア入りは権利だし、だれしもがこの道を通りますから。それがこうやってオフィシャルに伝えら ....

【ノジマチャンピオン杯・前日】前年覇者マイヤー「大切な大会」そして芹澤「大事な復帰戦」

 シニア第2戦。ノジマチャンピオン杯は大会の見所が満載だ。昨年大会では2日間とも66をマークし、2位に4打差をつけて通算12アンダーで優勝したグレゴリー・マイヤー(57)。ディフェンディングチャンピオンとして、期待に応えられる成績を出したいというプレッシャーは強い。「シーズン出足はまずまず。オフの間は、ゆっくり、じっくりとトレーニングできたからね。だけど先週の開幕戦2日目に、ちょっと違和感が出たか ....