NEWS

2018.08.04

【マルハン太平洋シニア・1R】ノーボギーゴルフを達成した久保!隙を狙って初優勝を目指す

 最終18番パー4ホール。ティーショットでフェアウエイを捕らえ、2打めはピンまで残り175ヤード。アゲンストの風が吹いている。迷わず6番アイアンを手にし、素振りを1回してからショットに臨んだ。放たれたボールはピンに向かっている。   「グリーン右サイドのピン位置だったので、その左目を狙ったんですけどね。筋(すじ)りましたね。最後は大好きなフックライン。オンラインだったのに、よりによってショート、シ ....

2018.08.03

【マルハン太平洋シニア・前日】猛暑の中の練習でモチベーションをあげる前年度覇者の秋葉

 大会前日に行われたプロアマ大会を終えると、すぐに練習グリーンへ歩を進めてパット練習を繰り返した。真夏の太陽が照りつけ、気温は優に35℃を超えている。    練習グリーンからドライビングレンジへと場所を移し、ひとカゴ分のボールを打つ姿があった。流れ落ちる汗で、ウエアはバケツの水を浴びさられたようだ。    前年大会覇者の秋葉真一は一球打っては、タオルで顔を拭い、また打っては汗を拭く。大会を明日に控 ....

2018.08.03

【マルハン太平洋シニア・前日】勝負魂に火が点けば、マークセンの風邪は吹き飛ぶかも

 2週間前の日本シニアオープンでは3連覇を達成し、ゴルフの聖地セント・アンドルーズへ渡ったプラヤド・マークセン。初日から3日目まで2アンダーをマークし続け、最終日は1アンダーに終わったものの、通算7アンダー10位に食い込んだ。   「大会4日間で天気が良かったのは一日だけでした。雨が強く、しかも気温が低い日もあり苦労しました。それでも後輩のタワン・ウイラチャン(6位タイ)とともにベストテンフィニッ ....

2018.07.29

〔熊本・阿蘇シニア・FR〕室田淳がシニアツアー通算20勝目で通算最多勝利数を更新

 室田淳(63)が最終18番のバーディーで抜け出し、通算13アンダー131で今季初勝利、シニアツアー通算20勝目の区切りの優勝を達成した。1打差でこの日64をマークした山添昌良(50)と清水洋一(55)、白浜育男(59)、溝口英二(53)、金鍾徳(57=韓国)、水巻善典(59)の6人が入った。    室田にしては派手な幕切れシーン。最終18番パー5のグリーン横のボードには室田を含めて首位に通算12 ....

2018.07.29

〔熊本・阿蘇シニア・FR〕水巻善典はボギーなしの7アンダー65、通算12アンダーで2位

 水巻善典(59)が、ボギーなしの7アンダー65で回り、通算12アンダーで2位に食い込んだ。「今日は危ないところが全然なかった。今年は最終予選会に行った時から、パッティングを集中してやれていて、どんなグリーンでも大丈夫」という自信を持っている。距離が短いコースで「第2打をウエッジで打てるホールの半分も取れていないのがちょっと」と納得できないところはあるが、1番で50センチにつけ、 7、11番では7 ....

2018.07.29

〔熊本・阿蘇シニア・FR〕初優勝を目指した清水洋一 1打届かず2位

 初優勝を目指した清水洋一(55)は、1打届かず2位に終わった。10番までに5バーディーを奪った時点で12アンダーまで行った。「そこからパットは入らなすぎでした。室田さんを1打リードしていたんですけど、僕が入んなくて。15番でもいいところにつけたんですが、大事なところで(パッティングの)インパクトが緩んでしまって弱くなった」と、チャンスを生かしきれないうちに「室田さんは要所要所で決めてきた」と追い ....

2018.07.29

〔熊本・阿蘇シニア・FR〕山添昌良がホールインワンを達成 シニア自己ベストの8アンダー64をマーク

 山添昌良(50)がホールインワンを達成し、シニア自己ベストの8アンダー64をマークして通算12アンダーで2位に急上昇した。ホールインワンは8番パー3(168ヤード)。7番アイアンでの1打は「曇っていてよく見えなかったけど、ボールが消えたように見え、カップに入る音がしたように感じた。ギャラリーの反応で入ったと思って、すぐ看板に見ました」と笑う。看板にはホールインワン賞50万円と書かれていた。試合で ....

2018.07.28

〔熊本・阿蘇シニア・1R〕シニアオープン以来の7アンダー?平石武則が首位スタート

 平石武則(58)が3年ぶりの勝利に向けて、室田淳(63)、清水洋一(55)とともに、7アンダー65で首位に立った。距離が短く、グリーンコンディションがいいこともあって、バーディー合戦の様相。1打差で白浜育男(59)、上出裕也(53)、溝口英二(53)が追い、4打差以内に30人がいる大混戦になった。  平石は、自分でもびっくりの快スコア。「うまいこと行きました。(優勝した)シニアオープン以来じゃ ....

2018.07.28

〔熊本・阿蘇シニア・1R〕室田淳が腰痛とうまく付き合いながらボギーなしの7アンダー65

 室田淳(63)が腰痛とうまく付き合いながら、ボギーなしの7アンダー65をマークして首位に並んだ。  「去年はパー5は全部(2打目で)届いたんだけど、今年は腰と風で2つで届かなくなっている」と、距離が短いコースでのアドバンテージが少なくなったが、この日は4つのパー5ですべてバーディー。14番では第3打で「(ダウンスイングで)少し怖くて」とダブってグリーンを3ヤードほどショートしたが、そこからチップ ....

2018.07.28

〔熊本・阿蘇シニア・1R〕最終日は優勝しか狙わないという気持ちでと清水洋一

 清水洋一(55)が「今度こそ」の初優勝に挑む。7バーディー、ボギーなしの65で回り、首位に並んで最終日最終組で回る。  「ちょっと情けなかった」と悔やむのは、3ホールでチャンスのパットをショートしたこと。スタートのやや打ち下ろしの1番(328ヤード)で3メートル弱に1オン。イーグルパットが「届かなかった」と、バーディーにも反省点。9番パー5でも短いアプローチをショートし、最終18番パー5では第2 ....