NEWS

2017.09.23

【アルファクラブCUP・1R】パッティングラインは奥さん任せ「今日はパターが入りまくった」

 河村雅之(50)が終盤の5連続バーディーなど9バーディー、ボギーなしの63をマークして首位に並んだ。  「実はメチャクチャだったんです、今日は」と、苦笑いした。「こすって、こすって、ドライバーがドスライスしか出なかった」と、本人はショックを受けている。そんな状況でこのスコア?「とにかくパットが入りまくった。アマチュアのスライサーの人でもパットさえ入ればこのスコアになりますよ」と笑う。  インスタ ....

2017.09.23

【アルファクラブCUP・1R】エージシュートに1打及ばずも「楽しみは後にとっておく」

 室田淳(62)がホールアウトして、ため息を一つ。「あと一歩…。プレッシャー、かかってるんだよなあ」。初めて訪れたエージシュート達成のチャンス。13番で7つ目のバーディーを奪って「あと3つ取れば、と思ってね」と、大魚を逃した気持ちを吐き出した。  1番パー5で第2打をグリーン手前に運び、1メートル強に寄せてバーディー発進から始まった。この日は前日からの雨の影響で、フェアウエーではボールを拭いてプレ ....

2017.09.23

【アルファクラブCUP・1R】キングオブシニア室田とシニアルーキー河村が9アンダーでトップタイスタート

PGAシニアツアー第11戦 アルファクラブカップシニアオープン2017 期日:平成29年9月23日(土) 第1日目 会場:矢板カントリークラブ 賞金総額:5000万円 優勝賞金:1000万円    室田淳(62)がエージシュートにあと1打に迫る9アンダー63をマークして、大会連覇に向けて首位に立った。今季シニアデビューした河村雅之(50)は終盤5連続バーディーを奪って同じく9アンダーで首位を並走。 ....

2017.09.22

【アルファクラブCUP】自身の優勝シーンを描いた大会の特大ポスターの前で「いい写真だねえ」

室田淳(62)が、ディフェンディングチャンピオンとして大会に臨む。「今年はだめです。2日間大会になったんで、持ち味が出ないかも」と、まずは煙幕を張った。。 昨年は2日目に室田、マークセンら5人が首位に並び、最終日に混戦から抜け出した。猛追したシニアルーキーの鈴木亨を1打差で振り切っての優勝と、貫禄と意地を見せた試合だった。 今年は、昨年終盤に痛めた腰痛の「リハビリの年」と位置付けていた。「試合をし ....

2017.09.22

【アルファクラブCUP】娘の初優勝にありがとうといい続けて3日間そろそろ自分も

「アルファクラブCUPシニアオープン」が23、24日に栃木・矢板CCで行われる。前日の22日は、プロアマが行われた。  川岸良兼(50)は、次女・史果が先週の女子ツアー「マンシングウエアレディース」でプロ初優勝を飾った直後の試合になる。「終わってから3日間、おめでとうございますに、ありがとうございますとい言い過ぎて、腰が痛くなってしまった」と、うれしい悲鳴。「ホント、ありがたいことです。ただ、週が ....

2017.09.20

第19回PGAティーチングプロ選手権大会 特集ページはこちら

2017年度の「第19回PGAティーチングプロ選手権大会」が9月21日(木)、登別カントリー倶楽部(北海道)にて開幕。ニュース・写真など、大会の模様を余すことなくお届けします! 特集ページはコチラ>>

2017.09.18

【日本シニアオープン・FR】自分らしいゴルフを続けて、井戸木は今季1勝を狙う

首位とは10打差でスタートした井戸木鴻樹(55)は、第3ラウンドを終えたときに「2位狙いですね(笑)」と話していた。結果はその通りになった。2位を狙ってひしめく選手の中から抜け出せた。   「ショットの調子が良く、バーディーチャンスもつくることができていたので、この4日間は気分よく、自分のゴルフに集中することができました」と井戸木には、久しぶりにいいゴルフをやりきった満足感もあった。そういう中で、 ....

2017.09.18

【日本シニアオープン・FR】2位タイの鈴木には4打差以上の収穫があった4日間

首位のマークセンと8打差の鈴木亨(51)は、同じ最終組。スタートホールは同組全員がバーディーで好発進。しかし、攻め続けなければ届かない鈴木は、バーディーチャンスをものにできないもどかしい展開がずっと続いた。「昨日の雨とピンポジションとで、すっかり違ったグリーンコンディションになってしまった」と、コンディションの違いが、微妙にパッティングを狂わせた。最終ラウンドは3バーディー1ボギーの70、274ス ....

2017.09.18

【日本シニアオープン・FR】マークセンが息子にみせた完全優勝の2連覇!シニア通算7勝目

台風の影響で翌月曜日に順延となった最終ラウンド。最終組でプレーしたプラヤド・マークセン(51)は、それまで順調だったプレーができずにいた。1番ホールではバーディースタートをきったものの、4番、7番ホールとボギーを叩いてしまった。ショット、アプローチが安定しなかった。バックナインにはいっても、出入りの激しい内容で、なんとかスコアをキープするべく、耐えなければならなかった。   「今日はアイアンとドラ ....

2017.09.17

◇ 日本シニアオープン 第4ラウンド順延のお知らせ ◇

「第27回日本シニアオープンゴルフ選手権」の第4ラウンドは、台風18号の接近に伴う悪天候のため、予備日の9月18日(月・祝)に順延することが発表されました。   1998年以降に予備日が設定されましたが、日本シニアオープンゴルフ選手権での予備日は初めて使用されることになります。   ◇ 詳しくはJGAオフィシャルページで、ご確認ください