NEWS

2017.08.24

【広島シニア・1R】優勝副賞も欲しい!清水は三度目の正直にトライ

 今度の今度こそ、三度目の正直にトライ! 先週のファンケルクラシックではプレーオフの末に敗れて2位タイとなり、シニアツアー初優勝を逃した清水洋一(54)。帰宅後、小学3年の次男・朝陽(あさひ)クンと小学1年の陽光(ひかる)クンが出迎えて開口一番「何やってんの!(ウイニングパットがカップに)届かないの!」と叱咤された。    家族から労いの言葉を掛けられることはほとんどなく、「いつもキツイ言葉で励ま ....

2017.08.24

【広島シニア・1R】6アンダー首位の米山は、2試合連続優勝に挑む

 今週も主役!? 7バーディー・1ボギー66、6アンダーでフィニッシュした米山剛(52)が首位発進。先週のファンケルシニアでプレーオフの末に初優勝を飾り、その好調さをキープして、明日の最終日は最終組で2試合連続優勝に挑む。   「良い感じです。自分でもビックリするくらい。出来過ぎです」。スコア提出後、流れる汗を拭きながら米山はこの日のプレー内容をそう評した。  ファンケルシニアでプレーオフを一緒 ....

2017.08.24

【広島シニア・1R】パットが絶好調な井戸木は3位タイ

 13年全米プロシニア覇者の井戸木鴻樹が「久しぶりの」60台スコアをマークし、3位タイに加わり、最終日は久しぶりの優勝争いを繰り広げる。    前半を2バーディー・1ボギーで折り返して後半では猛爆発。11番ホールで5メートルのバーディーパットを沈めると13番ホールから4連続バーディーを奪取。最終18番ホールで寄せをミスしてボギーとしたが、7バーディー・2ボギー66でフィニッシュ。首位とは1打差とし ....

2017.08.24

2017.08.24

2017.08.24

2017.08.23

2017.08.23

【広島シニア・前日】満身創痍で挑む昨年覇者の真板は、大会連覇を目指す

 真板潔、米山剛、冨永浩の3人が通算10アンダーで首位に並び、勝負の行方がプレーオフにもつれ込んだ昨年大会。同2ホールめで真板が4メートルのバーディーパットを沈め、自身初の年間2勝をマークし、「2日間大会の帝王」の異名が着いた。    今年は大会2連覇、開幕戦に次ぐ年間2勝め達成の記録が懸かる真板は、前週のファンケルクラシックでシニアツアー史上初の5人によるプレーオフに加わる活躍を見せたが、同1ホ ....

2017.08.23

【広島シニア・前日】「最高のグリーンでパット勝負を楽しみたい」昨年のリベンジをしたい冨永

「開幕戦の15位タイがシーズンベスト。ここまで思うような成績を挙げていない。昨年のこの大会でシニア初優勝を逃したけれど、プレーオフでも良いプレーが出来たのは印象深いし、ショットの良いイメージも残っています」。    昨年大会では優勝した真板潔と同じく2日間ともに66のスコアを並べて3人プレーオフに加わったのは冨永浩(56)。昨年は2位2回を含むベスト10入りは計4回、賞金ランキング17位。今季は優 ....

2017.08.23

【広島シニア・前日】最高舞台の整った広島シニア。グリーン勝負、劇的なパットシーンに乞うご期待!

 緑の絨毯という形容がピッタリの整えられたフェアウエイ。長さ70ミリ強のラフ。グリーンの状態は今季屈指と出場選手たちが口を揃える仕上がり。広島シニア大会舞台は完璧に出来上がった。 「昨年は3選手が通算10アンダーに並び、覇を争いました。今年はコースの状態が近年稀にみる素晴らしい出来栄えで、フェアウエイにディボット跡は無く、グリーンはラインにボールを乗せたらよれずに素直に転がります。ショットとパット ....