NEWS

2019.04.26

<富邦仰徳シニア杯・1R>「休むのも勇気」と崎山は気分良く2位と好位置につく

 1イーグル6バーディー、3ボギー。5アンダー、67ストロークで回り、首位と3打差の2位につけた崎山武志(56)。崎山はシニアツアー7勝をあげているが、2016年の優勝を最後に、この2年は優勝争いから遠ざかっていた。腰や肩の痛みに悩まされ続けていた。体のケアに向き合いながらの戦いだったからだ。     「15番でセカンドがそのまま入ってビップイン。全体的にアプロ ーチも悪くなかったので、ここ1、2 ....

2019.04.26

<富邦仰徳シニア杯・1R>奥田が硬いグリーンと風でゴルフを味わい4アンダー3位

 風を読み、風を切る技が光った奥田靖己(59)が、4バーディーノーボギーの68をマークし、4アンダー3位の好位置についた。    「気分良くスタートが切れました。硬いグリーンで風が吹くと、台湾だなって感じます。アジアンツアーに参戦していたころは、台湾選手と一緒に過ごしていたことが多かったので、技を盗んでいましたね。世界にはそういう仲間がいて、すごく参考になっていた」という。数日前には淡水を訪れる機 ....

2019.04.26

<富邦仰徳シニア杯・1R>5連続バーディーと流れがきた冨永が4位タイ

 「すごかった。(バーディは)ほんとに1ピン以内について、それが入って、という内容だったんですよ。だけど、狙い通りのゴルフでした。上出来です」と、5連続バーディーを含む、6バーディー3ボギーの3アンダー69で4位タイにつけたのが、冨永浩(58)だ。     後半に入ると、3番ホールで1メートルのパットを外してから、ボギーが目立ってしまったようだが、冨永にとって、林口独特の硬いグリーンには、いい印象 ....

2019.04.26

<富邦仰徳シニア杯・1R>ルーキー深堀が2アンダー9位と好スタート

 期待のシニアルーキー深堀圭一郎(50)が、2バーディーノーボギーの2アンダー70とし9位タイで初日を終えた。「初めての台湾の試合ですが、楽しめました」と、ホッと胸をなでおろした様子だった。同組に日本のレギュラーツアーでも長く活躍していた林根基(52)がいて、久々の再会で、昔話に花を咲かせていたという。「台湾の人は心優しく迎えてくれますね。台湾は食べ物も美味しいし、日本のものもたくさんあるので、想 ....

2019.04.26

2019.04.25

<富邦仰徳シニア杯>鈴木の挑戦!国際試合を経験できる貴重で大事な年

 昨年シニアツアー賞金ランキング2位で、今年は海外シニアメジャーへの挑戦も予定している鈴木亨が、富邦仰徳シニアへ初参戦する。2017年まで開催していた日台チーム戦のメンバーとしては2度参加経験があるが、昨年は欠場しているので、シニアツアーになってから今回が始めての参加となる。    「台湾の皆さんは、とても優しい方ばかりですね。楽しんで過ごさせてもらっています。先週の箱根の試合と比べたら暑さは感じ ....

2019.04.25

<富邦仰徳シニア杯>前年覇者のマークセンは、控えめに優勝宣言!

 第1回大会チャンピオンのプラヤド・マークセンが、控えめに勝利宣言だ。この日は、18ホールの練習を終えて、しっかりと感触を掴んできた様子。    マークセンは、日本シニアとしては参戦2戦目となるが、シーズンはすでに始まっていて、アジアンツアーやタイツアーを中心に連戦が続いている。今年は未勝利というが「僕のコンディションは、問題ありません。体も精神的にも、今はいい状態」とにっこり。コース攻略を聞く ....

2019.04.25

<富邦仰徳シニア杯>盧理事長兼選手「富邦グループに恩返しを」

 「台湾シニアPGA理事長」兼「選手」として、本大会の大役を引き受けているのが盧建順(ロ・ケンジュン)。今年は12月に60歳になるというが、まだまだ元気一杯。練習場では、ウッドを中心とした低めの弾道ショットに精を出す。大会前日は200球以上打ち込んでいた。「明日からの大会は、風が強そうだからね。今日はショットの調整に集中していますよ(笑)。去年最後までマークセンといい戦いができたけど、負けました。 ....

2019.04.24

<富邦仰徳シニア杯>台湾と日本のゴルフ交流、そして若手へ伝承する国際大会へ

 シニアツアー第3戦「富邦仰徳(フーボン・ヨウトク)シニア杯」が、4月26~28日の3日間、台湾・台北にある林口ゴルフ場で開催する。2017年まで台湾と日本の対抗戦を3年間開催し、そして昨年より日本シニアツアー競技に昇格した海外開催の試合が、いよいよ始まる。       台湾と日本のゴルフ交流には、これまで長い歴史がある。台湾プロゴルファーの草分け的存在だった陳清水をはじめ、陳清波、涂阿玉という日 ....

2019.04.24

<関西グランド・FR>伊藤 正己が先週のリベンジを果たし大会初優勝

 4月23、24日の2日間、関西プロゴルフグランド選手権大会(60歳以上)が、広島県にある広島ゴルフクラブ・鈴が峰コース(6,175y・Par72)で行われた。優勝したのは伊藤正己(63歳・明智GC)。同じ最終組でラウンドした4名による混戦模様を制し大会初優勝を果たした。    「内容的には前半の方が良かったんだけど、先週のことがあったから落ち着けと言い聞かせてました」しかし先週ノジマチャンピオン ....