NEWS

2017.09.16

【日本シニアオープン・3R】マークセンは念願の大会連覇に向けて、自分のペースを守りきりたい

日本シニアオープンで36ホール最小スコア記録を18アンダーで樹立し、大会連覇に勢いをつけているプラヤド・マークセン(51)の第3ラウンドは、雨の影響か、それまでの勢いを打ち消したようなプレーが見られた。   3番ホールから連続バーディー。それ以降は、雨露で遅いグリーンにスコアを伸ばせずにいた。折り返し11番パー4ホールでは、2オンに成功したものの、下りのバーディーパットが行き過ぎてしまい、返しのパ ....

2017.09.16

【日本シニアオープン・3R】最終組は尾崎が棄権。鈴木は親子タッグでバーディー奪取を目指す

圧倒的な存在感と驚異的なスコア。2日目を終えて、2位との差が、8ストローク。打倒マークセンという気合いを固めてスタートした尾崎直道(61)。スタートホールはアプローチを30センチにつけて、バーディーとマークセンを、追いかける。続く2番ホールからは、パープレーが続いて、5番パー4ホールをボギー。そのころから違和感があった。スコアを取り戻そうと挑んだ6番パー4ホール。ティーショットはフェアウェイを捉え ....

2017.09.15

【日本シニアオープン・2R】7位に浮上した米山は、身体も気力も万全にして優勝争いに加わりたい

午後組で踏ん張ったのは、この日1イーグル5バーディノーボギーで65をマークし、7位に浮上した米山剛(52)だ。今季シニアツアーのファンケルクラシックで初優勝を飾り、翌週の広島シニアでも連勝した。その勢いは衰えないまま、今季シニア公式戦に挑戦している。現在の賞金ランキングは、マークセンに次いで2位だ。   「このままで終わらせたくないですからね。なんとか食い下がりますよ。ともかく争いたいんです」 ....

2017.09.15

【日本シニアオープン・2R】通算18アンダー!ビックスコアをたたき出したマークセンが単独首位

第1ラウンド、第2ラウンドと続けて9バーディーノーボギー、126ストローク18アンダーというビックスコアで単独首位のプラヤド・マークセン(51)。本人も「2日連続は初めてのことで、嬉しいです」と今日のラウンドを振り返った。   午前組で2組目という早い時間でのスタートだった。天気も穏やかで、コースコンディションは文句なし。スタート10番ホールから、3連続バーディー奪取し、フロントナインでは合計6つ ....

2017.09.15

【日本シニアオープン・2R】このままじゃ終われない!65をマークした鈴木が3位タイ

鈴木亨(51)の第2ラウンドは、スタート10番ホールから、同組のプラヤド・マークセンとバーディー合戦を展開した。鈴木は、マークセンと同じく、フロントナインでは6つ、バックナインの最終ホールまでは2つバーディーを獲った。迎えた最終(9番)ホールは、マークセンは3メートルのバーディーパットを沈め63をマークしたのに対し、鈴木は3オン2パットでボギー。マークセンに必死についていったが、最後の最後でバーデ ....

2017.09.14

【日本シニアオープン・1R】2位発進の井戸木が自分の基本に返って挑む、日米シニア公式戦タイトル

「ようやく気持ちの切り替えができている。去年はパットが入らないと、イライラばかり。今は『いつか入ってくれるだろう』という気持ちで、落ち着いてできている」と話すのは、2013年の全米プロシニアを制覇した井戸木鴻樹(55)。第1ラウンドは7バーディーノーボギーの65をマークし、尾崎(直)に並んで2位タイの好発進だ。    スタートの1番パー5ホールは、2オンに成功。6メートルのバーディパットを沈めた。 ....

2017.09.14

【日本シニアオープン・1R】新たなトレーニングを見つけて、優勝争いに加わりたい尾崎は2位発進

先週日本で開催された米PGAツアーチャンピオンズ「JAL選手権」に出場した尾崎直道(61)は、最下位から数えたほうが早いという最悪の順位だった。その名誉挽回とばかり、今日のゴルフは久しぶりに絶好調のゴルフを展開して、7バーディーノーボギーの65をマーク、通算7アンダーで2位タイに飛び出した。   「先週はほんと長かった。初日からギブアップだったよ。なぜか打ち上げばっかりでグリーン面が見えないし、パ ....

2017.09.14

【日本シニアオープン・1R】昨年覇者のマークセンは9アンダー首位で初日をリード

現在、シニアツアー賞金ランキング首位のプラヤド・マークセン(51)は、9バーディノーボギーと、初日から他を寄せ付けない王者のゴルフを展開し、63ストローク9アンダーで単独首位に立った。   前戦のコマツオープンでは、プレーオフで敗れ、悔しい思いだけが残った。試合の途中でパターを変えたことに引っ張られて、考えすぎた結果、ショットが安定しなかったのだ。その後タイに帰国し、一週間リフレッシュを図った。そ ....

2017.09.14

【日本シニアオープン・1R】海老原がシニアツアー2戦連続でエージシュートを達成!

海老原清治(68)が、68ストロークで回り、エージシュートを達成した。第9戦コマツオープンの最終日に66ストロークをマークし、シニアツアー初のエージシュートを達成したばかりだった。海老原は4アンダー6位タイと、初日好スタートを切った。   「いやー、まさかシニアオープンでエージシュートが出るとは思わなかったよ。だって、中嶋プロと湯原プロと同じペアリングになることだって、不思議だったんだから(笑)。 ....

2017.09.13

【日本シニアオープン】パッティングに磨きをかけてマークセンは連覇に挑む

 優勝候補の筆頭、タイ出身で昨年覇者のプラヤド・マークセン(51)は、今季シニアツアーのすまいーだカップ、スターツシニアと連勝したものの、それ以降の試合では、最終日にスコアを伸ばせず、優勝を逃すパターンが続いている。直近のコマツオープンでは、大会連覇を狙っていたが、3ホールプレーオフの後、金鍾徳に敗れてしまった。「自分のゲーム内容は決して悪くない。だけど、相手が素晴らしいプレーをしていました」と、 ....