NEWS

2017.09.13

【日本シニアオープン】ゴルフ場の開場27年目、27回目の大会が始まる!

今年の日本シニアオープンの会場となるザ・クラシックゴルフ倶楽部。その一帯は、かつて筑豊御三家のひとつ、貝島炭鉱が隆盛時のときに保持していた地域だ。穏やかな丘陵地を生かして、ゴルフ場開発が行われた。日本を代表する西の設計家・上田治氏の思想を受け継いだ鈴木正一氏が設計したコースで、鈴木氏は茨城ゴルフ倶楽部やCOCOPA RESORT CLUB三重白山ゴルフコース、ABCゴルフ倶楽部といった数多くのトー ....

2017.09.10

【JAL選手権・FR】3打差を逆転!初代チャンピオンはモンゴメリー

 JAL選手権の最終ラウンドは、首位と3打差でスタートし、6バーディ1ボギーの67をマーク、202ストローク通算14アンダーでスコットランド出身のコリン・モンゴメリー(54)が逆転、初代チャンピオンに輝いた。PGAツアーチャンピオンズは5勝目。優勝賞金40万ドル、日本円で約4320万円を獲得した。(9月10日現在1ドル108円)   モンゴメリーは、今年初めに左足靭帯を2本切ってしまい、4試合出 ....

2017.09.10

【JAL選手権・FR】通算10アンダーで7位と最後猛追した倉本、金は34位

 JAL選手権に出場している63名のうち、7名の招待選手である日本シニアツアーメンバーの選手たちも健闘した。昨日9月9日に誕生日を迎えた倉本昌弘(62)は、最終ラウンドで1イーグル4バーディー1ボギーの67をマーク、206ストローク通算10アンダーで7位タイフィニッシュと、存在感をアピールした。会長兼選手と多忙の中でも、少しの練習とトレーニングを信じ続けた結果だった。    「10アンダー出せば ....

2017.09.09

【JAL選手権・2R】スコット・マキャロン今季5勝目に王手

日本で初めてとなる米国PGAツアーチャンピオンズ「JAPAN AIRLINES Championship」の第2ラウンドが千葉県成田ゴルフ倶楽部(アコーディアゴルフ)で開催された。チャンピオンズツアーからのメンバー56名、日本からの招待選手7名が出場し、合計63名の選手が出場した。   3位からスタートしたScott McCarron/スコット・マキャロンは、アウトで2バーディー、インでは4バーデ ....

2017.09.08

【JAL選手権・1R】倉本昌弘が日本勢最上位の4位タイ T・ワトソンは26位タイスタート

日本初開催となる米国PGAツアーチャンピオンズ「JAPAN AIRLINES Championship」の第1ラウンドが千葉県成田ゴルフ倶楽部 アコーディアゴルフで開催された。 チャンピオンズツアーからのメンバー56名、日本からは7名が出場し、合計63名の選手が出場。   メジャー8勝を誇るTom Watson/トム・ワトソンは1番ホールから第1組でスタート。 前半1ボギーでスコアを落とすも後半3 ....

2017.09.03

PGA資格認定プロテスト 最終プロテスト 特集ページはこちら

「2017年度PGA資格認定プロテスト 最終プロテスト」が9月5日(火)、片山津ゴルフ倶楽部・白山コース(石川県)にて開幕。ニュース・写真など、大会の模様を余すことなくお届けします! 特集ページはコチラ>>

2017.09.02

【コマツオープン2017・FR】ショットメーカー金は上昇気流に乗り、今季初優勝をがっちりと掴んだ

 大会2日目を終え、通算9アンダー単独首位に立ったのはプラヤド・マークセン(51)。最終日を前に「通算14アンダーなら優勝できる」と言い切っていた。通算6アンダー2位タイの金鐘徳(56)、渡辺司(60)、フランキー・ミノザ(57)が通算14アンダーに辿り着くには、8アンダーをマークしなければならない。マークセンは4つのパー5ホールでバーディー以上を奪えば「通算14アンダー」に王手を掛けられる。普段 ....

2017.09.02

【コマツオープン2017・FR】水巻は最終日に64の猛チャージで首位を脅かす

 通算イーブンパー・23位タイからスタートした水巻善典(59)が、最終日に快進撃を遂げた。前半3バーディー・ノーボギー、ハーフターン後の10番パー4ホールでもバーディーを奪い、この時点(午前11時15分)で通算4アンダー・9位タイまで浮上したのだった。12番パー3ホールではティーショットがピンに当たり、ホールインワンは逃したが、楽々バーディー。13、14番ホールでも1メートルのバーディーパットを確 ....

2017.09.02

【コマツオープン2017・FR】海老原がシニアツアーで初エージシュート達成!

「いやー、ほんとに嬉しいですよ!最終ホールではエージシュートを狙っていましたからね」。満面の笑顔でホールアウトしたのは海老原清治(68)。17ホールを終えて5バーディー・1ボギー。スコアを4つ伸ばして迎えた最終(9番パー4)ホール、448ヤード。前日のストローク難易度ホール4位。残りひとホールをパー以上のスコアで上がったなら、シニアツアーで自身初のエージシュート達成となる。 。 「フェアウエイ右サ ....

2017.09.01

【コマツオープン2017・2R】絶好調のショットメーカー・キムが2位タイで最終日に挑む

 先々週のファンケルクラシックでは5人によるプレーオフに敗れて2位タイ、先週の広島シニアでは大会2日間60台のスコアをマークし、通算7アンダー・4位タイとベスト5入りを続けているのが金鍾徳(56)。その好調さは今週も継続しているようで、この日は1番パー5ホールのバーディ発進でエンジンがかかり、強風の中でもショットメーカーらしく果敢に攻めるゴルフを精力的に展開。5バーディ1ボギーの68をマークし、通 ....