NEWS

2018.08.30

2018.08.29

2018.08.29

<コマツオープン・前日>妻と一緒に勝ち取った復活V ディフェンディングチャンピオン金鍾徳

 2011年にシニア入りし日本プロシニアとファンケルクラシックで優勝飾るなど好成績を収め、その年の賞金王にもなり華々しいデビューを飾った金鍾徳。2012年以降優勝には恵まれなかったが、賞金ランキングシードを落とすことなくコンスタントな成績を収めていた。しかし2015年に原因不明の胸部筋肉痛に襲われた。スイングをすることも出来なくなり1年間治療に専念することとなった。全く練習できない日々が続いていた ....

2018.08.28

2018.08.27

2018.08.22

【PGAジュニア選手権】関西チームが地力の高さを見せ、見事に3連覇を達成!

関西が3連覇を達成した。関東との決勝で、前半を終わって83Pt-89Ptと6Ptのリードを許した。後半も競り合いが続いたが、最後は9Pt差の182Pt-173Ptで際どく逆転した。前2回と変わり、今回からスクランブル方式の試合になったが、関西が底力を発揮した格好となった。

2018.08.22

【PGAジュニア選手権】関西が緻密な戦略で3連覇という偉業を果たす!

3連覇への道のりは楽ではなかった。男子主将・植田晃大(大阪商大高3年)は「前半負けていて、ピンチだった」と振り返る。関東の男子に踏ん張られた前半。2組目で細野勇策・東野秀馬ペアは2アンダーで回ったものの、関東ペアに12Ptの差をつけられた。2組目の田中裕基・玉木海凪ペアも9Pt差。蝉川泰果・津田浩平ペアは3Ptリードし、植田・田中裕真ペアが引き分けていた。

2018.08.22

【PGAジュニア選手権】関東、前半リードも逆転許し初Vならず

初優勝をかけ、決勝戦に駒を進めた関東だったが、関西の3連覇を阻む絶好のチャンスを逃した。男子1組目の栗原悠宇・福井勇悟ペアが、前半29で回って13Pt差をつけるなど、アウトを終わって89Pt-83Ptと6Pt差をつけてリードした。後半も栗原・福井ペアがリードを広げて31Pt-16Ptで上がったが、他のペアは関西の追い上げにあい、逆転を許していく。6組目を終わって同Ptだったが、残り2組で逆転され、 ....

2018.08.22

【PGAジュニア選手権】四国、男子チームが引っ張り、3Pt差の接戦を制す!

3位・4位決定戦で九州と対戦した四国は、際どい勝負をものにして、3Pt差で3位に食い込んだ。前半を終わって九州を9Pt差でリード。1組目の加藤將・高橋和浩ペアが27Pt-18Pt、岡田晃平・高宮千聖ペアが31Pt-16Ptで勝つなど、男子がチームを引っ張った。女子は4ペアとも九州に負けたものの、差を小さくとどめたことで、逃げ切った。

2018.08.22

【PGAジュニア選手権】九州、女子が奮闘も、あと一歩届かず…

3位・4位決定戦を戦い、四国に3Pt差の小差で敗れて4位に終わった。男子はリードを許したが、女子が健闘。尾崎小梅・奥山純奈ペア、大窪桃花・荒木優奈ペアが挽回し、奥山友梨・森田莉央ペアが29Pt-17Ptと大量得点して、この時点で6Pt差に詰め寄った。最後の商崎鈴菜・西川果穂ペアが23Pt-20Ptで四国を上回ったが、あと一歩及ばなかった。