NEWS

2018.05.18

<富邦仰徳シニア杯・1R>今季シニアツアー初戦のマークセンは2位と好スタート

「とっても暑かった。ショット全体の調子が良かったです」。いつもはさほど、スタート前の練習はさほどしないが、今朝は練習場に向かい、イメージを作ってから、スタートしたのが功を奏したようだ。プラヤド・マークセン(52)の、日本シニアツアー今季初戦初日は、6バーディー・1ボギーの67をマークし5アンダーで2位発進となった。 「パッティングは、1メートルが入ったり、ミスもあったり。だから、出来としては50 ....

2018.05.18

<富邦仰徳シニア杯・1R>久々の試合に喜びをかみ締める陳志明が6位。地元林口を愛し50年

林口のコースに所属して50年以上。その間、台湾と日本のゴルフトーナメントに出場しながら、両国のゴルフ関係を結んできた。そうして「今日こうやって日本のシニアトーナメントを、ホームコースで開催できるなんて、夢のようです」と陳志明(65)は話した。   1番スタートホールで30センチのバーディー。8、9番と1ピンの距離につけて連続バーディーを奪い、前半で3つスコアを伸ばした。後半は2バーディー2ボギーで ....

2018.05.17

<富邦仰徳シニア杯>西川哲シニアデビュー「どこまでできるか頑張ってみます」

 今年5月2日に50歳の誕生日を迎え、富邦仰徳シニアでシニアデビューを飾る西川哲。レギュラーツアーでは、91年マルマンオープン、93年マンシングウェアカップ、95年日経カップと3勝を挙げており、今季はシード選手として参戦する決意をした。    「僕が若いときに、ちょうど戦っていた先輩たちの知っている顔ばかりで、緊張というよりも、安心できる雰囲気でしたよ」と、ツアーの第1印象にほっと胸をなでおろす。 ....

2018.05.17

<富邦仰徳シニア杯>日本シニアツアー初の海外開催!台日友好関係を深める

 新規大会として台湾の林口GCで、シニアツアー第3戦「富邦仰徳シニア杯」(5月18~20日)を開催する。PGA主管競技では初めて海外で開催する大会で、富邦金控、仰徳グループの主催で行われる。日本シニアツアーからプロ51名、台湾シニアツアーのプロが27名、そしてアマチュアジュニア6名を含む計84名が参加する。賞金総額は4000万円。1965年に開場した林口ゴルフ倶楽部は、台北市の郊外に位置する名門コ ....

2018.05.13

2018.05.12

2018.05.11

2018.05.10

2018.05.09

2018.05.07