NEWS

2017.08.23

2017.08.23

【広島シニア・前日】満身創痍で挑む昨年覇者の真板は、大会連覇を目指す

 真板潔、米山剛、冨永浩の3人が通算10アンダーで首位に並び、勝負の行方がプレーオフにもつれ込んだ昨年大会。同2ホールめで真板が4メートルのバーディーパットを沈め、自身初の年間2勝をマークし、「2日間大会の帝王」の異名が着いた。    今年は大会2連覇、開幕戦に次ぐ年間2勝め達成の記録が懸かる真板は、前週のファンケルクラシックでシニアツアー史上初の5人によるプレーオフに加わる活躍を見せたが、同1ホ ....

2017.08.23

【広島シニア・前日】「最高のグリーンでパット勝負を楽しみたい」昨年のリベンジをしたい冨永

「開幕戦の15位タイがシーズンベスト。ここまで思うような成績を挙げていない。昨年のこの大会でシニア初優勝を逃したけれど、プレーオフでも良いプレーが出来たのは印象深いし、ショットの良いイメージも残っています」。    昨年大会では優勝した真板潔と同じく2日間ともに66のスコアを並べて3人プレーオフに加わったのは冨永浩(56)。昨年は2位2回を含むベスト10入りは計4回、賞金ランキング17位。今季は優 ....

2017.08.23

【広島シニア・前日】最高舞台の整った広島シニア。グリーン勝負、劇的なパットシーンに乞うご期待!

 緑の絨毯という形容がピッタリの整えられたフェアウエイ。長さ70ミリ強のラフ。グリーンの状態は今季屈指と出場選手たちが口を揃える仕上がり。広島シニア大会舞台は完璧に出来上がった。 「昨年は3選手が通算10アンダーに並び、覇を争いました。今年はコースの状態が近年稀にみる素晴らしい出来栄えで、フェアウエイにディボット跡は無く、グリーンはラインにボールを乗せたらよれずに素直に転がります。ショットとパット ....

2017.08.22

2017.08.20

【ファンケルクラシック・FR】コンランは最後のスーパーショットも米山に及ばず2位

 最終日は首位に4打差の3アンダーからスタートしたスティーブン・コンラン(51)。シニア初優勝に向けて絶好のチャンスが巡って来たように感じていたという。    4打差を逆転するための戦術としてコンランは「何か」を変えようと考えた。導き出した答えが「ネガティブ思考を捨てて、何事もポジティブにとらえよう」という思考だった。  初日からショートパットが決まらず、いらいらは募り、それが大きなストレスにな ....

2017.08.20

【ファンケルクラシック・FR】体力を使い果たしプレーオフで敗れた金「優勝は次回に持ち越し!」

金鍾徳(56)にとって、2011年にシニア初優勝を飾った相性のいいファンケルクラシックでは、毎年のびのびとしたプレーをしている。今年は初日68、2日目72と安定した内容で、プレーの好調さを保ったまま最終日を迎えた。   「コースもよく知っているし、ショットとパットのいい流れに乗れていたから。ほんとプレーに夢中になれて、楽しかった」と、笑顔で最終日の一日を振り返った。      通算7アンダーでフ ....

2017.08.20

【ファンケルクラシック・FR】プレーオフ敗退の清水は勝負どころでパットはショートさせないと誓う

 歩測15歩の距離のイーグルパットを沈めた清水洋一が、両手を突き上げてガッツポーズ。最終18番パー5ホールでのこの一打で通算7アンダーとし、5人によるプレーオフに加わった。  同2ホール目では歩測10歩のイーグルチャンスを迎えた。これを沈めたなら念願のシニアツアー初優勝を手にできる一打。だが、清水は打ち切れずにショートしてしまう。 「本戦では入れないと首位に追いつけないと開き直ってカップに届 ....

2017.08.20

【ファンケルクラシック・FR】米山はわずか30センチのウィニングパットに感謝の気持ちを込めた

 夢に見ていたウイニングパットの距離はわずか30センチだった--。    レギュラーツアーのシード権を失い、米山剛は40歳を過ぎてからシニアツアーでの活躍に向けてスイング改造や体のケアを積み重ねて来た。シニアデビューした2015年の日本シニアオープンでは、最終日最終18番パー5ホールまで1打差で競る優勝争いを平石武則と演じた。1打差2位の米山はツーオンし、3メートル強のイーグルチャンスに着けると、 ....

2017.08.20

【ファンケルクラシック・TV放送】最終日の熱戦の模様はBSジャパンでご覧ください

シニアツアー第7戦「ファンケルクラシック」大会の模様は、BSジャパンで生中継!   トーナメントリーダーの加瀬秀樹、1打差2位の真板潔、プラヤド・マークセンの最終組を中心に、槇岡充浩プロがラウンドレポーターとして臨場感ある試合をお届けします。また、田中秀道プロがシニアツアーの初解説を務めます。   何が起こるかわからない最終日・・・試合後半の熱戦をテレビでご覧ください。 【放送日時】 8月20日( ....