NEWS

2017.08.18

【ファンケルクラシック・1R】真板は痛みを乗り越えてつかみたい「ファンケルクラシック」のタイトル

 スタート4ホール目からの4連続バーディーでリーディングボードを一気に駆け上がった真板潔(57)。前半9ホール目のパー5で、さらにスコアを伸ばして首位独走と思われた。 「左手首の腱鞘炎、先週は右ひざに溜まった水を抜き、体調はイマイチ。ダウンスイングで右ひざをうまく送り込めない」のが現状だった。    9ホール目のドライバーショットはフェアウエイを捕らえ、ピンまで残り230ヤード。絶好のツーオンチャ ....

2017.08.18

【ファンケルクラシック・1R】マークセンの武器は5本のウェッジ!新兵器で優勝を狙う

 今季シニアツアー5試合に出場して優勝2回、3位2回、5位1回。賞金ランキング1位の座に就いている昨年のシニア賞金王プラヤド・マークセン(51)が、単独首位に立った。    1番ホールからスタートして前半でスコアを3つ伸ばし、ハーフターン後は10、11番ホールで連続バーディーを奪取。5アンダーにしたものの、マークセンには珍しく12、13番ホールで連続ボギーを叩き、一時は首位の座を明け渡した。 「ド ....

2017.08.18

【ネスレ日本マッチプレー レクサス杯 2回戦】師弟対決は谷口に軍配 明日は藤本と奈良県新旧対決

武藤俊憲 × 谷口徹  (4&3 で 谷口徹 の勝ち)   普段から練習を共にする谷口徹と武藤俊憲。弟子には負けられない谷口と師匠への下剋上を狙う武藤の師弟対決は、4&3で師匠の谷口に軍配。2年連続のベスト8入りを決めた。   師匠の貫録勝ちと思いきや、実はそうでもなかったようだ。 「風を読み違えて池ポチャしたり、危なかったですよ。武藤君が調子良さそうだったし、自分はティショットが左、左に行ってた ....

2017.08.18

【ネスレ日本マッチプレー レクサス杯 2回戦】宮本は苦しかったがパッティングに救われた

久保谷健一 × 宮本勝昌  (1UPで宮本勝昌の勝ち)   くしくも4月のパナソニックオープンのプレーオフと同じ顔合わせとなった2回戦。 4月に敗れた宮本勝昌がリベンジを果たすか、久保谷健一が4月に続き連勝を飾るか、ベテラン同士の注目の一戦は、スタート前から予想外のスタートとなった。   前日の練習で腰を痛め、スタート前から痛みとの戦いだった久保谷。相対する宮本も久保谷の異変には気づいていた。「マ ....

2017.08.18

【ネスレ日本マッチプレー レクサス杯 2回戦】狙うは優勝1億円 小平が片山との接戦制す

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯 8月18日(金) 2回戦    「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」2回戦は、1回戦を勝ち抜いた16名の選手達が、曇り空のもと、白熱のガチンコ勝負を繰り広げた。   1回戦、若手の小鯛竜也を1UPで下した大会ホストプロの片山晋呉は、前週の全米プロゴルフ選手権から帰国したばかりの小平智と対戦 ....

2017.08.18

2017.08.17

【ネスレ日本マッチプレー レクサス杯 1回戦】疲れていたから気楽に回れた 全米プロ帰りの小平

小平智 × 山下和宏  (4&3で小平の勝ち)   海外メジャー大会の全米プロから帰国したばかりの小平智は、勢いそのままに山下和宏との対決を4&3とし1回戦を快勝した。   先週行われた全米プロゴルフ選手権を48位で終えた小平は、今週火曜日に日本に帰国し、そのまま本大会の前夜祭に駆けつけた。「結構疲れていますけど、疲れているほうが気楽に回れたかな。」と振り返るも、この日のゴルフは5バーディノーボギ ....

2017.08.17

【ネスレ日本マッチプレー レクサス杯 1回戦】大会ホスト片山は若手の小鯛を下し好スタート 近藤は初戦敗退

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯 8月17日(木) 1回戦    今年で4回目を数える「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権  レクサス杯」(主催:ネスレ日本㈱、主管:公益社団法人日本プロゴルフ協会)の幕がいよいよ切って落とされた。   会場の恵庭カントリー倶楽部(北海道)を舞台に日本のゴルフツアーを代表する32選手による1対1の対決がこ ....

2017.08.17

【ファンケルクラシック】よく知っているこのコースで勝利の栄冠がほしい米山

「シニアツアーのビッグイベント、夏ゴルフの祭典それがファンケルクラシックだと思います。毎回たくさんのギャラリーがコースまで足を運んで、僕たち選手を応援してくれる。選手冥利に尽きるというか、プレーのし甲斐があり、ぜひ勝ちたい大会なんです…。なんて、大きいこと言ってしまいました。まだ1勝も挙げていないに(苦笑)」      シニアツアー3年の米山剛は、これまで15年の日本シニアオープンをはじめ、同年い ....

2017.08.17

【ファンケルクラシック】キングオブシニア室田「もう1勝したい!」

キング・オブ・シニアが裾野カンツリー倶楽部に帰って来た。昨年大会の最終日最終組、そして最終ホールのパー5で7メートルの劇的なイーグルパットを決めたのが室田淳。大会2連覇と同大会4勝の記録を打ち立てた。    今季は7月に行なわれたシニアツアー第4戦、KYORAKU CUPですでに1勝を飾り、賞金ランク3位でファンケルクラシックに出場する。「レギュラーツアー当時のパットのフィーリングが蘇った気がした ....