• ホーム
  • >
  • シニアツアー選手紹介
  • >
  • 青木 功

PLAYERSPLAYERS INDEX

ISAO AOKI

シード資格 1973年ツアー制施行後に25勝した者 賞金ランク:112位/268,100円
所属 フリー
生年月日 1942(S17)年8月31日
身長 180cm 体重 78kg
血液型 B型 趣味 釣り
出身地 千葉県 出身校 我孫子中学校
ゴルフ歴 14歳~ 師弟関係 林由郎
得意クラブ サンドウェッジ、パター スポーツ歴 野球
ベストスコア 60 着用ウェア グローレ
使用クラブ テーラーメイド プロ入会 1964年12月1日

優勝

  • レギュラー56回('73以降ツアー51回)

    関東プロ(71)関東プロ(72)中日クラウンズ、日本プロ、ペプシトーナメント、札幌とうきゅう、KBC オーガスタ、コールドベック(73)関東オープン、関東プロ、産報クラシック、日本プロ東西対抗、日英対抗(74)中日クラウンズ、関東オープン(75)東海クラシック(76)東北クラシック、ABCカップ・日米対抗、ジュンクラシック(77)中日クラウンズ、札幌とうきゅう、日本プロマッチプレー、ABCカップ・日米対抗、日本シリーズ、関東プロ(78)中日クラウンズ、日本プロマッチプレー、日本シリーズ、関東プロ(79)中日クラウンズ、よみうりオープン、KBCオーガスタ、ジュンクラシック、関東オープン(80)静岡オープン、日本プロ、日本プロマッチプレー(81)日本プロマッチプレー(82)札幌とうきゅう、日本オープン、日本シリーズ、関東プロ(83)日本プロ、札幌とうきゅう、KBCオーガスタ、関東オープン(86)ダンロップオープン、全日空オープン、日本オープン、日本シリーズ(87)東海クラシック、カシオオープン(89)三菱ギャラン(90)ブリヂストンオープン(91)三菱ギャラン、カシオオープン(92)

  • シニア9回(ツアー7回)

    日本シニアオープン(94)アメリカンエキスプレスグランドスラム、日本シニアオープン(95)日本シニアオープン(96)日本シニアオープン(97)N.CUPシニア(00)N.CUPシニア(02)日本シニアオープン(07)鬼ノ城シニア(08)

  • 海外7回

    ワールドマッチプレー(78)オールドソーンズ招待(82)ハワイアンオープン、欧州オープン(83)日英対抗(84)フレッドメイカーチャレンジ(87)コカコーラクラシック(89)

  • 海外シニア9回

    ネーションワイド選手権(92)バンクワンクラシック、ブリックヤードクロッシング選手権(94)バンク・オブ・ボストン・クラシック(95)ベルサウス・クラシック、クローガークラシック(96)エメラルド・コースト・クラシック(97)ベルサウス・シニアクラシック(98)インスティネットクラシック(02)

  • 海外スーパーシニア3回

    クローガークラシック、グレーターヒッコリークラシック、ジョージアパシフィックグランドチャンピオンズ(03)


2016年3月に日本ゴルフツアー機構(JGTO)の会長に就任した。試合数が減少しているレギュラーツアーの活性化に乗り出し、多忙を極めたため、シニアツアーに参戦したのは2試合。日本シニアオープンは予選落ち、ホストプロでもある富士フイルムではツアー10度目のエージシュートを目指したが「月1,2回休むかどうかというゴルフ人生が、今は月1,2回やれるかどうかになっちゃったよ」と笑うように、練習不足は否めず67位となった。1964年にプロ入りし、71年に関東プロで初優勝。尾崎将司とともに70年代の「AO時代」、中嶋常幸を加えた80年代の「AON時代」と、常にツアーの中心にいた。レギュラーツアーでは5度の賞金王。83年ハワイアンオープンでは最終日最終ホールで第2打を直接入れるイーグルを奪い、日本選手初の米ツアー制覇など、日・米・欧・豪の世界4大ツアーで優勝する快挙を達成した。92年にシニア入り後、米チャンピオンズツアーに参戦し、9勝を挙げた。シニアツアーは日本シニアオープン5勝など7勝。2004年世界ゴルフ殿堂入り、08年紫綬褒章受章、13年日本プロゴルフ殿堂入り。15年秋の叙勲では旭日小綬章を授与される栄誉に輝いた。17年もJGTO、ゴルフ界のために尽力する。ツアー出場は多くを望めないが、「記録」と「伝説」を生んできた真の「レジェンド」は、コースに顔を出すだけで光を放つ。