• ホーム
  • >
  • シニアツアー選手紹介
  • >
  • 川岸 良兼

PLAYERSPLAYERS INDEX

Ryoken Kawagishi

シード資格 シニア入り1年目のレギュラーツアー2勝以上している者
所属 フリー
生年月日 1966(S41)年12月6日
身長 180cm 体重 88kg
血液型 A型 趣味 将棋、読書
出身地 石川県 出身校 日本大学
ゴルフ歴 10歳~ 師弟関係 尾崎将司
得意クラブ パター スポーツ歴 剣道
ベストスコア 61 着用ウェア ミズノ
使用クラブ ミズノ プロ入会 1989年10月27日

優勝

  • レギュラー7回('73以降ツアー6回)

    ラークカップ、静岡オープン、関東オープン(90)ポカリスエットオープン(91)JCBクラシック仙台(95)フィリップモリス(99)エイブル・ウッドワン(14)


「怪物」と呼ばれた男がついにシニアの舞台にデビューする。石川県の小松明峰高時代に日本ジュニア連覇(1983、84年)し、パーシモンで280ヤード以上の飛距離を誇って「怪物」と呼ばれた。日大時代には日本アマ、日本学生などのタイトルを取っている。昨年シニアデビューした鈴木亨とは同級生。1989年にプロ入りし、90年には静岡オープンなど3勝を挙げて、期待を集めた。しかしその後はショットが不安定になり、用具もメタルに変わったこともあってうまく対応できず、低迷。1999年フィリップモリスで復活優勝を遂げたが、それが最後の優勝と、レギュラーツアーでは6勝と不完全燃焼に終わった感が強い。ドライバーショットは安定すれば、飛距離はシニアで群を抜く。次女・史果もプロ入りし、父としても負けられない。