• ホーム
  • >
  • シニアツアー選手紹介
  • >
  • 尾崎 将司

PLAYERSPLAYERS INDEX

Masashi Ozaki

シード資格 1973年ツアー制施行後に25勝した者
所属 セブン・ドリーマーズラボラトリーズ
生年月日 1947(S22)年1月24日
身長 181cm 体重 90kg
血液型 B型 趣味 刀剣
出身地 徳島県 出身校 徳島海南高校
ゴルフ歴 19歳~ 師弟関係
得意クラブ ドライバー、サンドウェッジ スポーツ歴 野球
ベストスコア 着用ウェア オリジナル
使用クラブ プロ入会 1970年4月1日

優勝

  • レギュラー112回('73以降ツアー94回)

    日本プロ、日米対抗、日本シリーズ、ゴルフダイジェスト、瀬戸内サーキット広島(71)ウィザード、札幌オープン、旭国際、千葉県オープン、関東オープン、ファーストフライト、全日本ダブルス、日本シリーズ、グランドモナーク(72)関東プロ、東海クラシック、太平洋クラブマスターズ、全日空札幌、東北クラシック(73)全日空札幌、東北クラシック、日本プロ、日本オープン、サントリー、日本シリーズ(74)東北クラシック(75)関東オープン、千葉県オープン、広島オープン、産報クラシック(76)ペプシウィルソン、関東オープン、東海クラシック、日本シリーズ(77)ペプシウィルソン、広島オープン(78)ダンロップ国際、フジサンケイクラシック、日本シリーズ(80)関東オープン(82)ジュンクラシック(83)かながわオープン、広島オープン(84)かながわオープン(85)フジサンケイクラシック、日経カップ、マルマン日本海、ジュンクラシック(86)中日クラウンズ、フジサンケイクラシック、ジュンクラシック(87)ダンロップオープン、日経カップ、マルマンオープン、日本オープン、ゴルフダイジェスト、ブリヂストン(88)フジサンケイクラシック、日本プロマッチプレー、仙台放送クラシック、ヨネックスオープン広島、日本プロ、全日空オープン、日本オープン(89)フジサンケイクラシック、ヨネックスオープン広島、マルマンオープン、ダイワKBCオーガスタ(90)日本プロ、ジュンクラシック(91)ダンロップオープン、中日クラウンズ、PGAフィランスロピー、サンコーグランドサマー、全日空オープン、日本オープン、太平洋クラブマスターズ(92)フジサンケイクラシック、日本プロ、ゴルフダイジェスト(93)ダンロップオープン、ヨネックスオープン広島、全日空オープン、日本オープン、ダイワインターナショナル、住友VISA太平洋、ダンロップフェニックス(94)中日クラウンズ、ヨネックスオープン広島、全日空オープン、ダンロップフェニックス、日本シリーズ(95)中日クラウンズ、日本プロ、三菱ギャラン、JCBクラシック仙台、KBCオーガスタ、ジュンクラシック、ダンロップフェニックス、日本シリーズ(96)東建カップ、中日クラウンズ、三菱ギャラン、KBCオーガスタ、ブリヂストン(97)ヨネックスオープン広島、KBCオーガスタ、フィリップモリス(98)東建カップ、ヨネックスオープン広島(99)サン・クロレラクラシック(00)全日空オープン(02)

  • 海外1回

    ニュージーランドPGA(72)


2016年、69歳になってもなお、レギュラーツアーを戦場としたが、持病の腰痛は悪化する一方で、12試合に出場し、自身最悪の9試合で棄権、予選通過なしという結果に終わった。最終戦のダンロップフェニックスでは第2ラウンド9ホールで棄権後「重大な局面を迎えている」と引退をにおわせる発言をするなど、弱気になっている。レギュラーツアーにこだわりをみせつづけている「ジャンボ」の輝かしい成績は周知の通り。徳島海南高時代に高校野球春の選抜大会でエースとして優勝。プロ野球西鉄に入団したが、力を出せずに4年で退団。ゴルフに転向し、1970年にプロ入り。その豪快な飛距離で71年日本プロに初優勝。「ジャンボ」のニックネームでゴルフブームを巻き起こした。前人未到の100勝の大台を突破して112勝(73年以降のツアー94勝)と海外では72年ニュージーランドPGAを制し、積み上げた勝ち星は113勝。賞金王12回で、うち9回は40歳を過ぎてから「若手の壁」として勝ち得た。02年全日空オープンでは55歳7カ月29日でツアー制施行以来の最年長優勝記録を樹立。66歳で出場した2013年のつるやオープン初日に63をマークし、史上初のレギュラーツアーでのエージシュートを達成した。10年に世界ゴルフ殿堂入りしている。