2021年度PGA資格認定プロテスト

2021年度PGA資格認定プロテスト

sponsors

  • 公益社団法人日本プロゴルフ協会
  • 登別カントリー倶楽部

2021年度PGA資格認定プロテスト

ニュースNEWS

〔News/3R〕5バーディ・1ボギーと菊田が60台をマークし6位タイ

 

菊田奨 (4)

 

 最終プロテスト36ホールを終えて通算2オーバー・18位タイと、菊田奨は自分の不甲斐なさを感じていた。すべてはグリーン上に課題があった。「パットが、それもバーディーチャンスのパットが決まらなかったのです」。

 

 

 そんな2日間を一掃するような好調ゴルフをこの日は繰り広げた。インコースから発進し、10番パー4ホールの2打目をピンに絡め、80センチのバーディーパットを決める。12番パー3ホールでは2メートルを、17番パー5ホールでは1メートルのバーディーチャンスをしっかりモノにした。前半はボギーフリーでスコアを3つ伸ばした。

 

菊田奨 (2)

 

「今日は相変わらずドライバーもアイアンショットも好調でした。ようやくパットが入ってくれて良かったです」と菊田。それでも、後半の1ホール目では10メートルのバーディーパットが決まらず、返しの2メートルのパーパットを外してボギーを叩いたのだった。続く2番パー4ホールで2メートル、7番パー4ホールでは4メートルをねじ込んで2バーディー。結局、この日は5バーディー・1ボギーの68でフィニッシュ。ようやく60台のスコアをマークし、順位を6位タイに上げることができた。

 

菊田奨 (5)

 

 第2ラウンド終了後、練習グリーンでパットストロークを携帯電話で撮影し、チェックしたという。「(パターヘッドを)押し出すようなフォロースルーになっていました。それを修正してスタートできたのが大きいですね。バーディーチャンスが他にもまだありましたが、それでも60台のスコアを出せてある意味ホッとしています」。取りこぼして来たバーディーチャンスをプロテスト最終日となる第4ラウンドですべて回収してみせる気構えだ。「明日もアンダースコアを出します。トップ合格ができるように!です」。

 

 大学時代から続けている筋肉アップトレーニングでドライバー飛距離は300ヤードだという。飛ばしの武器をフルに生かすしかない。

 

菊田奨 (6)

スポンサードリンク