第21回PGAティーチングプロ選手権大会 ゴルフパートナーカップ

第21回PGAティーチングプロ選手権大会 ゴルフパートナーカップ

sponsors

  • 高坂カントリークラブ
  • 株式会社ゴルフパートナー
  • ミドリ安全株式会社
  • ヴィクトリアゴルフ
  • スーパースポーツゼビオ
  • フェスティバルゴルフ
  • ALBA.Net
  • GOLF Net TV株式会社
  • ソニーネットワークコミュニケーションズ

第21回PGAティーチングプロ選手権大会 ゴルフパートナーカップ

ニュースNEWS

〈1R〉11年ぶりの勝利目指し、山崎はパー狙いでチャンスを待つ

 

yamazaki

 

 山﨑良哉(43・B級)が2アンダー70で首位に並んで最終日を迎える。「このコースは曲げたらだめ。距離を落としてでもフェアウエーをキープして、グリーンに乗せてパーというスタイル。今日はピンチは……なかったですね」と、パーオン15回だったこの日のゴルフを振り返った。

 

 8番パー5では2オンに成功してバーディーが先行。10番ではピン下1.5メートルにつけた。14番では右1メートルにつけて一時3アンダーに伸ばした。「もう1つと思ってがっついてしまいました」と反省したのが17番。「下5メートルぐらいで真っすぐのライン。1つでも伸ばしたいと思ったのが間違いですね」と、1メートルオーバーしてしまい、返しを外すボギーになった。

 

yamazaki3

 

 この大会に初めて出た第10回大会で優勝している。大阪・堺市の泉北ゴルフセンターで個人レッスンを中心に活動している。レッスンは「きれいなスイングを作ること」と「1人1人の体力、筋力にあったスイングを作ること」と目標にしている。

 

 11年ぶりの優勝のチャンスが来た。「飛ぶ方ではないので、曲げず、パー狙いでチャンスをとろうと思います。がっつきそうになったら何とかこらえて、ストレスにならないゴルフを目指す。無事に終えて気持ちよくお酒を飲みます」。勝利の美酒にしたい。

 

 

 

(PGAオフィシャルライター 赤坂厚)

 

yamazaki2

スポンサードリンク