ノジマチャンピオン杯
LEADER BOARD
Powered by ALBA

  • ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • 〈金秀シニア・大会前日〉「楽しみたい」篠 ....

金秀シニア 沖縄オープンゴルフトーナメント20202020年12月4日(金)~5日(土)かねひで喜瀬カントリークラブ

NEWS

金秀シニア 沖縄オープンゴルフトーナメント2020

〈金秀シニア・大会前日〉「楽しみたい」篠崎は、シニア最終戦で賞金王争い


 シニア賞金王争いを繰り広げている賞金ランキング1位の寺西明と同2位の篠崎紀夫が、決着を着ける時を迎えた。今季シニア最終戦。先週の試合で寺西に同1位の座を奪われ、58万3179円の差を着けられた篠崎は、今週も練習ラウンドを精力的に熟したのだった。「先週(いぶすき白露シニア)も練習ラウンドを2回したのですが、完璧なコースチェックをできたわけでもなくて…。スタートダッシュが出来ず、最終日に順位を少し上げられました。先週も今週も初めてラウンドするコースですからね…」。言葉が途切れがちだった。

 

 

 練習ラウンド日のこの日は、ハウスキャディーを帯同し、グリーンチェックや風向きを再確認。「試合で回った経験がありませんからピン位置を想定するのも難しい。まっ、ラウンド経験がない方が有利かも知れませんし、不利なのかも知れませんし」。篠崎は、シニア賞金王タイトル奪取のアドバンテージの少なさを漏らした。

 

 

 「グリーンの芽をキャディーさんに教えてもらったことで、ようやくタッチが合い始めました。寺西さんとは初めての同組ラウンドなんですよ。手嶋多一も一緒です。先輩方の技を間近で見させて頂き、勉強させてもらいます。自分の力をどれだけ出せるか…。結果はどうあれ、楽しくプレーできたら良いなと思っています」。

 

 

 土砂降りとなった練習ラウンドを終えてのインタビューだったが、嫌な顔を一つせず真摯に応えてくれた。「宿泊先ホテルへまっすぐ帰って、風呂に浸からせてもらいます」と篠崎はクラブハウスを後にした。湯船の中で、コース攻略をじっくり練り、明日のスタートダッシュに賭ける!

 

 

 

 

(PGAオフィシャルライター 伝昌夫)