• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • 〈スターツシニア〉エールを受けて前回の雪 ....

NEWS

2021 第21回スターツシニアゴルフトーナメント

〈スターツシニア〉エールを受けて前回の雪辱を果たしたい谷口徹


 前回大会では倉本昌弘とのプレーオフの末、2位に甘んじてしまったのが谷口徹。プロアマ大会のラウンド後、雪辱に燃えているのかと尋ねてみた。「暑い。今年一番の暑さじゃないですか。そうそう、昨日はもっと暑かった」。首筋を流れ落ちる汗。タオルで吹きながら、夏ゴルフを思わせる晴天下でのラウンド感想を口にしたのだった。

 

 

 今大会ではコースのメイングリーンを使用して行われる。「グリーンコンディションは良かった。距離が前大会よりも(6959ヤードから6918ヤードに)短くなったそうだけど、そんな感じはしない」。谷口は2年前の大会では67・70・68の通算11アンダーをマークしている。「グリーンは硬く仕上がっているけれど、優勝スコアは2桁でしょうね」と前回の経験と練習ラウンドで「目標数字」を明確にしいている。

 

 

 

 有観客試合で行われる今大会を「ギャラリーがホールサイドやグリーンを囲んでいる光景が正常なんですよ。声援が聞こえたり、拍手が沸いたりするのが本来のゴルフトーナメント。プロだって、ギャラリーが居ない中でプレーしても面白くない。やっぱり『観られて』プレーしてこそのプロ。ナイスバーディー!の声がないと……ね。今週はナイスバーディーとたくさん言って頂けるようにしますよ」。

 

 

 

 ギャラリーが谷口にバーディー奪取を褒め称える声がけをどれだけするのか。その回数が想定優勝スコアを上回った時、谷口の2年越しの雪辱が晴らされる。

 

 

 

 

(PGAオフィシャルライター 伝昌夫)