• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • 【富士フイルム選手権/1R】前年覇者のレ ....

NEWS

2019 富士フイルム シニア チャンピオンシップ

【富士フイルム選手権/1R】前年覇者のレーンが3アンダー5位と好スタート


 昨年優勝のバリー・レーン(59=イングランド)は、イーグルからダブルボギーまで5種類のスコアで3アンダーをマークし、首位に2打差の好位置でスタートした。

 

 先に来たのがダブルボギー。3番で右のラフからグリーンオーバーし3パットと暗雲漂う序盤。「でも、2オーバーから15ホールで5アンダーは、ナイスラウンドだと思う」と振り返るように、これで目が覚めた。4、6番で1.5メートル前後につけてすぐに取り返した。インに入ってからは11番でボギーとしたが、12番では「3番ウッドでティーショットして、残り79ヤード。これがバックスピンで入った」と、2打目を直接入れるイーグルを奪った。14、16番でもバーディーと、終わってみれば連覇に向けて、いいポジションにつけられたのだった。

 

 

 「イングランドでプレーしていたころのコースに似ていて、好きなコース」という。ただ、「去年より距離が長くなって、グリーンがソフト。トリッキーな風もあって難しい」という。あすの目標スコアは?「コースをプレーすることだけ」。レーンは穏やかな笑顔をみせた。