• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • 〔いわさき白露シニア・2R〕首位1打差に ....

2020 第8回いわさき白露シニアゴルフトーナメント2020年11月27日(金)~29日(日)いぶすきゴルフクラブ 開聞コース

NEWS

2020 第8回いわさき白露シニアゴルフトーナメント

〔いわさき白露シニア・2R〕首位1打差に迫った東、2年前のリベンジを果たしたい


 スコアを前半で二つ、後半に入ってからは15番ホールでのバーディーで一つ伸ばし、通算7アンダーとした東聡。この時点では首位タイだった。迎えた17番パー3ホール。風向きをフォローと読み、迷わず7番アイアンを手にした。ショットの好調さもあって、不安はまったくなかった。

 

「(グリーン手前の)池はクリアーした打球感だったし、ボールはピンに真っすぐ飛んでいたから、(ファーストパットはカップ)近くで打てるかな」。ショット後、東は打球を眺めながら、そう思っていた。しかし、ボールは池に波紋を描いた。「全然行かなかったね」。

 

 

 ドロップゾーンからピンまでは95ヤードの距離。寄せ切れず、パットを決め切れず、トリプルボギーでスコアを大きく落としてしまう。「自分では『やっちゃった』という感じではない。スイングもショットも良かったからね」。不可解なティーショットによってボールは池に、順位はトップの座から落ちてしまった。

 

 結局5バーディー・2ボギー・1トリプルボギーの72でフィニッシュし、首位とは1打差の通算4アンダー・2位。

 

 

「まだ 1日あるけれど、(トリプルボギーによって)アンダーパーの選手には(逆転V)チャンスを与えてしまって、敵が多くなったかな(苦笑)」

 

 最終日を前にして、東には不安が一つある。「なぜかドライバーが思っているより(先に)行っているので楽なんだけど…。これって(フェース面が割れる)前かなって」。ドライバーが寿命を迎える前に、18年大会で1打差2位に終わったリベンジを果たしておきたい。