• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • 【TCPシニア選手権/前日】前年覇者・伊 ....

第19回PGAティーチングプロシニア選手権大会2023年11月1日(水)~2日(木)宍戸ヒルズカントリークラブ・東コース

NEWS

2023 第19回PGAティーチングプロシニア選手権大会

【TCPシニア選手権/前日】前年覇者・伊藤正己が連覇に向けて、今年2回目となるチャンスに挑戦する


 50歳以上のPGAティーチングプロ日本一を決定する「第19回PGAティーチングプロシニア選手権大会」が11月1日、2日の2日間、茨城県にある宍戸ヒルズカントリークラブ・東コース(6,708ヤード/パー72)で開催される。3月から全国15会場で開催された1次予選会には794名が参加し、2次予選を勝ち抜いた120名が出場する。

 

 会場となる宍戸ヒルズカントリークラブは、大会協賛である森ビルグループのコースであり、2017年よりこの試合へ協賛していただいている。このゴルフ場での開催は2019年以来2回目の開催となる。今年夏に続いた猛暑の影響を受け、多くのゴルフ場はコースメンテナンスに苦労している中で、試合に向けて十分なコースコンディションに仕上げられている。

 

 

 

 昨年の大会では伊藤正己(67・TP―A) が第1ラウンドでエージシュート達成するという離れ業を見せ、66歳にしてティーチングプロシニアゴルフ選手権を初めて制した。

 

 伊藤は3月22日に67歳になった。連覇がかかった関西グランドシニアでは3位、9月に行われた日本グランドシニアでは15位タイとグランドシニアではまずまずの成績を残した。今月開催された日本プロシニアでは、シニアの鉄人室田淳68歳に次ぐ年齢で予選通過はしたが、最終的には49位タイであった。決勝ラウンドは「疲れたね。やっぱり6日間プレーするのは67歳ではキツいね。日を増すごとに身体が重くなってきて、年齢を改めて感じるよ」。ただ、2日間競技でカートでプレーができる今大会。伊藤の代名詞であるビックススコアが発動される可能性も十分に考えられる。

 

 

 開催コースである宍戸ヒルズカントリークラブ・東コースを初めてラウンドした感想は、「グリーンのスピードはだいたいわかりました。夕方ローラーかけなかったらだけど(笑)。アンジュレーションは難しいので1日では覚えられないから、明日はキャディーさん頼みだね」。伊藤の言葉とは違い、一緒に練習ラウンドを回った選手からはショットは調子よさそうと聞こえていた。

 

 トリッキーなホールもあり、戦略性のあるコースは伊藤にとって得意の部類に入るコースだろう。「明日で2回目のラウンドだけど、試合に出場することが嬉しいので、楽しく頑張るよ」。照れ隠しの笑顔からは自信も感じられた。67歳でのシニア選手権2連覇にも期待したい。