• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • コスモヘルスカップ シニアトーナメント2020

NEWS

コスモヘルスカップ シニアトーナメント2020

【コスモヘルスカップ/1R】グレゴリー・マイヤーが相性の良いコースで2位タイ発進

 グレゴリー・マイヤー(59=米国)が5アンダー67で2位グループにつけた。「このコースはグリーンが速い。僕は速いグリーンが好き。ストロークが合う」と、6バーディー、1ボギー。2アンダーで折り返した後半、13番で5メートルを入れ、17番では7メートルと「いいパットが入った」といい、最終18番パー5では第2打でグリーンエッジまで運んでバーディフィニッシュした。    今季はコロナ禍で試合数が減るとと ....

【コスモヘルスカップ/1R】お知らせ

 11月11日(水)に実施しました会場での出場選手向けPCR検査において、1名の選手の陽性反応の検査結果が出ました。(崎山武志選手/11月12日(木)夜に結果が判明)  これを受けて現時点では、選手本人が会場に来場してから(11月11日)の濃厚接触にあたる者はいないとの認識ですが、今後は万全を期して下記対策を行い、競技を実施する方針といたしました。尚、すでに本大会は一般非公開での開催を6月に決定し ....

【コスモヘルスカップ/前日】チーム髙橋が賞金王レースをリードする

 今季シニアツアー6戦目となる「コスモヘルスカップ シニアトーナメント」が、埼玉県比企郡ときわ町の越生ゴルフクラブで13日、14日の2日間行われる。出場選手には、高橋勝成(70)、尾崎直道(64)、室田淳(65)、芹澤信雄(60)、またコスモヘルス社と健康サポート契約をしており、大会ポストプロの渡辺司(63)ら、プロ72名が出場する。また大会前日の12日には鈴木優輔大会会長より、全選手を対象とした ....

【コスモヘルスカップ/前日】鈴木大会会長が全出場選手にセミナーを実施

 今季から開催される「コスモヘルスカップ」の大会前日、シニアツアーでは初めて「健康」に関する本格セミナーが行われた。予防医療をうたう健康企業の主催者コスモヘルス株式会社の鈴木優輔社長が講師。3回に分けて、練習ラウンドを終えた全選手が出席して、耳を傾けた。タイトルは「生涯現役!! 予防意識UPセミナー~健康維持の秘訣~」と、何らかの体の痛みなどを抱えているシニアツアーのプロたちは、興味津々で耳を傾け ....

【コスモヘルスカップ/前日】後悔のない賞金王レース!賞金ランク2位篠崎紀夫

 篠崎紀夫(51)が賞金王のチャンスを「無駄にしたくない」と、残り3試合に臨む。現在、1576万6071円で、1位寺西明に約25万円差の賞金ランク2位につけている。「賞金王を狙うという経験、今までにはないですし、周りから『賞金王とれよ』とか声をかけていただくと、自分では意識していなかったんですけど、狙ってみようかなと」という。  ただ、未経験な領域だけに「計算していません」。その代わりに、数字とし ....

2 / 212