• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • 2023 ファンケルクラシック

NEWS

2023 ファンケルクラシック

〔Fancl Classic/FR〕細川和彦は逆転負けの2位でも、来年こそはチーム髙橋のメンバーとして大会に名を残したい

 細川和彦にとって3度目のファンケルクラシック。第2ラウンドを終え連日首位の座を守り、完全優勝という快挙も達成できる好位置で最終日を迎えた。    最終ラウンドは2打差2位の宮本勝昌、片山晋呉という実力者と同組でスタート。細川は2番パー5で3メートルを沈めると、6番パー4ではグリーン手前からピンまで5メートルをしっかり読み切ってバーディーを重ねた。2位の宮本は前半3つスコアを伸ばしたので、細川とは ....

〔Fancl Classic/FR〕宮本勝昌が65をマークしてシニア初優勝!「これでシニアの一員になった実感がわきました」

 51歳の誕生日まであと8日というタイミングで、宮本勝昌にとってシニア9戦目となるファンケルクラシックで念願のシニア初優勝を飾った。現役のレギュラー選手ということもあり、これまでのシニアツアーの成績は8試合すべて1ケタ順位と強さが光る。最終日最終組で戦ったのは8試合中4度。つかめそうでつかめなかったシニアツアー優勝のタイトルを、地元開催のファンケルクラシックで手中に収めた。        最終日 ....

〔Fancl Classic/FR速報〕宮本が65をマークして逆転!通算14アンダーでシニア初優勝

 今季シニアツアー第4戦「ファンケルクラシック」の最終ラウンド。雷雲接近の為、競技途中90分間の中断を余儀なくされた。単独首位スタートの細川和彦(52)がスコアを伸ばしきれない中、首位2打差7アンダーからスタートした宮本勝昌(50)が8バーディー1ボギーの65で首位を逆転、2位細川に3打差をつけて宮本がシニア初優勝を飾った。3位9アンダーには飯島宏明(52)とプラヤド・マークセン(57)が入った。 ....

〔Fancl Classic/2R〕もうすぐ51歳を迎える宮本勝昌が首位と2打差で最終日最終組に挑む

 9日後に51歳の誕生日を迎える宮本勝昌が、初参戦となるファンケルクラシックの第2ラウンドで68をマークし、通算7アンダー2位につけた。今季の宮本はレギュラーとシニアツアーの二刀流で戦いながら、5月に初参戦した全米プロシニアでは初日に66をマークして2位に着け、大会最終成績を10位とし、海外シニアメジャーでも存在感を示している。          今回は地元の御殿場から楽に通える近距離の裾野カン ....

〔Fancl Classic/2R〕絶対王者のシニアルーキー片山晋呉が67をマークし2位に浮上

 レギュラーツアー31勝を飾っている永久シードプレーヤー、シニアルーキーの片山晋呉が第2ラウンドで67をマークし、通算7アンダーで2位タイに浮上した。絶対王者の片山が最終日の優勝争いに名乗りを挙げ、ファンケルクラシックを面白くする。片山にとっては、シニアツアーは未知の世界。夏の祭典ファンケルクラシックの会場に足を踏み入れると、猛暑の中でも大勢のギャラリーが片山のプレーに声援を送ってくれる熱気ある大 ....

〔Fancl Classic/2R〕念願のシニアデビュー戦で5位に浮上した伊藤修司

 今年6月に50歳の誕生日を迎え、ファンケルクラシックでシニアツアーデビューを飾ったシニアルーキーの伊藤修司が、第2ラウンドで1イーグル3バーディーしかもノーボギーの67をマークし、5位タイに浮上した。      伊藤は3月に行われたシニア最終予選会を6位で通過。ファンケルクラシックで念願のシニアツアー参戦を叶えることができた。第1ラウンドのスタートホールでは「心臓が口から飛び出そうなくらい緊張し ....

〔Fancl Classic/2R〕「夏男」細川和彦がスコアを2つ伸ばして単独首位、シニア2勝目にリーチ

 シニアツアー第4戦「ファンケルクラシック」の第2ラウンド。首位スタートの細川和彦(52)が2つスコアを伸ばし通算9アンダーでトップの座を守った。2打差2位グループに片山晋呉(50)、宮本勝昌(50)、I・J・ジャン(50)が続く。髙橋勝成(73)が72ストローク、室田淳(68)が66ストロークをマークしエージシュート達成した。    エキシビジョンマッチの女子シニアは、表純子(49)が4アンダー ....

〔Fancl Classic/2R〕夏の空が広がるファンケルクラシック!女子シニアによるエキシビジョンマッチも開催

 富士山もはっきりと姿を現したファンケルクラシック、第2ラウンドがスタート! 19、20日の2日間は、ファンケルクラシックのアウトホールスタートのトップ2組に6名の女子シニアが入り、エキシビジョンマッチも開催されます。シニア全体の元気を応援する大会の象徴として今年初の試みとなります。賞金総額は200万円。女子シニアも男子シニアに負けず元気みなぎるプレーをみなさまに披露します。   〔出場選手〕 表 ....

〔Fancl Classic/1R〕深堀圭一郎が4アンダー2位発進、2度目の海外シニアメジャー挑戦も視野に

 昨年のシニアツアー賞金ランキング4位の実力者である深堀圭一郎(54)。第1ラウンドでは4連続を含む6つのバーディーと2つのボギーで68をマークし4アンダー2位グループに入った。      アウトスタート2番、6番でバーディー。そして9番からバーディーラッシュの口火を切り、リーダーズボードの上位へ一気に名前を挙げてきた。ところが難易度の高い14番パー4ではセカンドが排水溝のところで難しいドロップと ....