• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • 日本プロゴルフグランドシニア選手権大会 ユニテックスカップ2020

日本プロゴルフグランドシニア選手権大会
ユニテックスカップ20202020年10月20日(水)~21日(木)宝塚クラシックゴルフ倶楽部

NEWS

日本プロゴルフグランドシニア選手権大会 ユニテックスカップ2020

〔日本グランドユニテックス杯/ FR〕鉄人室田が勝負強さを見せ、日本グランド2勝目

 「日本プロゴルフグランド・ゴールドシニア選手権~ユニテックスカップ2020~」の最終ラウンド。グランドの部(60歳以上)では、単独首位スタート室田淳(65)が6バーディー1ダブルボギーの67をマークし2位に4打差をつけて、2020年の日本グランドシニアチャンピオンの座についた。        室田淳が、2年ぶり2度目のグランドの部王者に輝いた。  一瞬、ひやりとした。2位奥田に5打差をつけていた ....

〔日本グランドユニテックス杯/ FR〕大会ホストプロ奥田はあと一歩及ばず2位

 大会を特別協賛するユニテックスに所属する「ホストプロ」奥田靖己(60)が、通算5アンダーで2位に食い込んだ。「(ユニテックスの)中務会長からよくやってくれたといわれ、役目を果たせたと思います。十分ですわ」と、納得の2位だった。   「何より、室田さんがすごい。決めなあかんパットを全部決めてくる。7番のパーパットもそう、インもいくつかあった。尊敬できるハートを持っています」と、完全に脱帽した。   ....

〔日本グランドユニテックス杯/ 1R〕鉄人室田が66をマーク首位発進、2度目の戴冠を狙う

 「日本プロゴルフグランド・ゴールドシニア選手権~ユニテックスカップ2020~」の第1ラウンド。グランドの部(60歳以上)は5バーディーノーボギー66をマークした室田淳(65)が単独首位。1打差2位に奥田靖己(60)、水巻善典(62)、髙見和宏(60)が続く。    シニアツアー20勝、室田淳(65)がボギーなしの5バーディー、66をマークして貫録の首位発進した。    日に日によくなっているとい ....

〔日本グランドユニテックス杯/ 1R〕ドライバーが絶好調!首位3打差2位の高見

 グランドの部で、高見和宏(60)が5バーディー、3ボギーの2アンダー69で回り、首位室田に3打差の2位につけた。「今日はドライバーがすごい良かった。ただ、風が回っていてセカンドの距離感が難しかったから」と、出入りのあるゴルフを振り返った。    終盤16番で6メートルを入れ、17番パー3では「6番アイアンで打ったら、ダフってピンの奥に6メートルぐらいだった。風、間違えたんですよ」とはいえ、結果オ ....

〔日本グランドユニテックス杯/ 1R〕大会ホストプロ奥田がトップ3打差で最終日最終組

 所属先のユニテックスの冠がついて「ホストプロ」の奥田靖己(60)が、グランドの部デビューで首位に3打差の2位につけた。「ホームコースって、大会本番になると妙に緊張する。普段やっているときは何でもなんやけどね」といいながら、序盤からスコアを伸ばした。2番で2.5メートル、4番でも同じぐらいの距離を入れ、7番では右のカラーから5メートルを直接放り込んで3アンダーとした。9、11番で落とし、13番で8 ....

〔日本グランドユニテックス杯/ 1R〕2アンダー2位水巻は怒らずにゲームを進める

 水巻善典(62)がボギーなしのラウンドで2バーディー、69で回って首位に3打差2位に並んだ。前半アウトはずっとパーを重ね、後半になって10、15番でバーディーをとった。所属先の鳴尾GCと近く「コースは分かっていたんだけど、朝の練習グリーンが異様に速くて。グリーンが分からなくなってしまった」と、ちょっとぼやいた。      9月に行われた日本シニアオープンの舞台が鳴尾GCだった。「鳴尾には20年お ....

〔日本GG/大会前日〕大会ホストプロ奥田・高松は二人で上位争いを目指す

 「日本プロゴルフグランド・ゴールドシニア~ユニテックスカップ2020~」が10月21、22日に兵庫・宝塚クラシックゴルフ倶楽部で行われる。大会は観客を入れて開催され、入場は無料。JR・阪急宝塚駅からギャラリー専用バスが7時20分から10分間隔で運行されている。    今年からユニテックスが特別協賛として冠についた。そのユニテックス所属で、グランドシニアのデビューとなったのが奥田靖己(60)と高松 ....

〔日本GG/大会前日〕若いうちに日本タイトルを狙います!グランド2年目芹澤

 芹澤信雄(60)が、関東プログランドシニア(60歳以上)覇者として大会に臨む。前日の20日に練習ラウンドを行い「何か(優勝)が起きればいいですねえ。起こす力はないんで、流れとか運とかですけどね」と笑った。      昨年この大会で日本プログランドシニアのデビュー。初日にいきなり5アンダーで首位に立った。優勝は逃したが「去年は左股関節の手術をした1年目だったので、優勝とかではなくプレーできること自 ....