• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • 2022 ISPS HANDA・やっぱり面白いシニアトーナメント

NEWS

2022 ISPS HANDA・やっぱり面白いシニアトーナメント

〔ISPS HANDAやっぱり面白いシニア/FR〕シニアツアー史上初・4試合連続優勝を飾ったマークセン

 プラヤド・マークセン(56)が、シニアツアー史上初の4試合連続優勝を飾った。序盤ボギーが先行して後続に抜かれたが、12番のチップイン・イーグルで抜け出し、通算12アンダーで2位に3打差をつけて優勝。今季4勝目、通算19勝目を挙げた。2位には渡部光洋(50)が食い込んだ。        勝負どころは逃さなかった。8アンダーで首位に並んでいた9番。グリーン手前にショートしたが、20ヤードほどの第3 ....

〔ISPS HANDAやっぱり面白いシニア/FR〕首位3打差2位とした渡辺光洋、賞金ランク52位から27位へ

 渡部光洋(50)が、最終18番でバーディーを決めて単独2位に抜け出した。  「今日はすごくよかったです」と、破顔一笑。納得できた伏線は先週の佐世保シニアオープンだった。第1ラウンド首位から最終日最終組での優勝争いで「1人だけ大崩れしてしまった」と、80をたたいて36位に急降下した。同じ小野東洋GC所属の先輩、井戸木鴻樹から「決めたことを変えずにやればいい」とアドバイスされ「最終日に違うことをやろ ....

〔ISPS HANDAやっぱり面白いシニア/FR〕ルーキー横尾要が67をマークし3位タイフィニッシュ

 横尾要(50)が前半チャージして一時首位に立ち、大会を盛り上げて3位に食い込んだ。    最終ラウンドは4アンダーからスタートし、2番でまず1つ伸ばした。4番でピン左1メートル弱につけるバーディーで波に乗った。5番パー3では手前3メートルにつけてバーディー。6番ではピン奥9メートルを沈めて3連続バーディーとした。この時点で8アンダー。マークセンら最終組が足踏みする中でトップに立った。     ....

〔ISPS HANDAやっぱり面白いシニア/FR〕72歳・髙橋勝成が2日間エージシュートでスーパーシニア逆転優勝!

 ◇ スーパーシニアの部 最終成績はこちら>> PDFファイル    スーパーシニアの部は、今回初出場の高橋勝成(72)が通算1アンダーで制した。    第1ラウンド首位の福沢孝秋に3打差でスタート。序盤で福沢が「3パットしか出なくなってどうにもならなかった」と脱落。高橋も10番でダブルボギーをたたいて通算イーブンパーに後退し、同じ組の初見充宣が一時アンダーで首位にたった。高橋は16番パー3でピン ....

〔ISPS HANDAやっぱり面白いシニア/2R〕通算7アンダー首位タイ、寺西明「明日、自分に勝てたら勝てる」

 寺西明(56)が、6年連続ツアー優勝達成を目指し、通算7アンダーでタイ勢2人とともに首位に並んだ。    最終18番では右に曲げてレイアップし、第3打もグリーン右に外すピンチ。これを11ヤードのアプローチを入れるチップイン・パーでしのいだ。「今日はしのぎ倒しですよ」と苦笑いした。      2番では左に林の中から、第1打が木に触れてグリーン右手前にショート。ここから25ヤードのアプローチを入れ ....

〔ISPS HANDAやっぱり面白いシニア/2R〕67歳・鉄人室田が65でエージシュート、4位浮上

 室田淳(67)が、6アンダー65をマークしエージシュートを達成。通算6アンダーで首位に1打差の4位に浮上した。      前半を1アンダーで折り返してから、エージシュートが整った。10番パー5で木の真後ろにいって、第2打を「低くフックをかけて打ったんだけど、池に入る寸前だった」と、グリーン手前の池のふちと、レッドペナルティエリアを示す赤線の間に止まっていた。そこから打って5メートルにつけてバーデ ....

〔ISPS HANDAやっぱり面白いシニア/スーパーシニア1R〕福沢孝秋が5アンダー単独首位

 スーパーシニアの部では、福沢孝秋(70)が5アンダー66で首位に立った。   ◆ スーパーシニアの部 1R成績は こちら>> ※PDFファイル ◇ スーパーシニアの部入り FRスタート時間組合せは こちら>> ※PDFファイル    「この大会(ISPS主催)のスーパーシニアはずっといいんですよ。1位か2位だから」と、笑顔を見せた。前日は「今回は(高橋)勝成さんやメシ(飯合)が入ってきているから ....

〔ISPSやっぱり面白いシニア/1R〕崎山武志が7アンダー初日首位と絶好のスタートを切る

 崎山武志(50)が3連続バーディーなど8バーディー、1ボギーの7アンダー64で首位に立った。1打差2位に細川和彦(51)とデービッド・スメイル(52)が並び、2打差で田口康祐(55)がつけている。3試合連続優勝中のプラヤド・マークセン(56=タイ)は3アンダー10位グループでスタートした。      崎山武志が久しぶりに笑顔を見せた。「今季初めてですね、これだけのスコアは」と、7アンダーの快ス ....

〔ISPSやっぱり面白いシニア/1R〕6アンダーで首位1打差2位に着けた細川和彦「あとはメンタルだけ」

 細川和彦(51)が後半4連続バーディーを奪うなど、6アンダーで首位1打差2位につけた。  「初めてのコースで、練習ラウンドとプロアマの2回回っただけ。距離は短いので、ティーショットが成功して、グリーン上勝負、というのがうまくいったと思います」と振り返った。      1番で6メートルほどのバーディーパットが入る幸先のいい立ち上がり。5番でバンカーに入れてボギーにしたが、8番パー5で3メートルを ....

〔ISPSやっぱり面白いシニア/1R〕スメイルが自信あるドライバーショットを武器に6アンダー2位

 デービッド・スメイル(52=ニュージーランド)は「面白いコース」と笑顔を見せながら、6アンダー65で2位につけた。    終盤のイーグル一発で浮上した。インスタートの11番で先にボギーとしたが「ナイスカムバック」と12,13番連続バーディー。折り返して2番で5メートルを入れた。「今日はドライバーがいい感じ。セカンドが100ヤードぐらいでメニ、メニ、チャンスだった」と、ストレスなくプレーできたそう ....