• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • 2019 ISPSハンダ・ゴールドシニアオープン

2019 ISPSハンダ・ゴールドシニアオープン2019年11月23日(土)~24日(日)鳩山カントリークラブ

NEWS

2019 ISPSハンダ・ゴールドシニアオープン

<ISPSハンダ・ゴールドFR>中尾が逆転優勝!最終18番ホールにある池の罠

 68歳以上のシニア選手によるPGAシニア後援競技「ISPSハンダ・ゴールドシニアオープン」の最終ラウンド。首位2打差の2位でスタートした中尾豊健(68)が5バーディー1ボギー1ダブルボギーの70で回り通算3アンダーでホールアウト。一方首位スタートの青木民也(72)は首位タイで最終ホールを迎えたが、セカンドショットを池にいれボギー。中尾が逆転優勝を飾り、優勝賞金600万円を獲得した。       ....

<ISPSハンダ・ゴールドFR>盛り上がった最終日は10名がエージシュートを達成!

 最終ラウンドは、天気も徐々に回復し、昼過ぎには晴れ間も出て、ようやくコースは太陽の光に照らされた。寒さもやわらぎ、好スコアを出す選手が相次いだ。自身の年齢を下回るスコアでホールアウトした10名のエージシューターは、表彰式で名前を呼ばれた。それぞれが、またひとつ新しい記録が生まれた瞬間だった。 【エージシュート賞】  期間中達成者全員 2万円   提供:国際スポーツ振興協会        ・ ....

<ISPSハンダ・ゴールド1R>お見事!4名のエージシューター

 第1ラウンドは、朝から寒さと降雨に見舞われていた。さらに難しいコースセッティングも加わり、全体のスコアは伸び悩んだ。それでも負けじと戦い、自身の年齢を下回るスコアでホールアウトした4名の選手に、敬意を表したい。 【エージシュート賞】  期間中達成者全員 2万円   提供:国際スポーツ振興協会       ・青木 民也  72歳 69ストローク       ・中山 徹  73歳 71ストロ ....

<ISPSハンダ・ゴールド1R>青木が3アンダー単独首位に立ち好スタートを切る

 青木民也(72)は、6バーディー3ボギーの69ストロークでプレーし、見事エージシュートを達成。その上、アンダーバーが3名しかいないタフな状況の中で、2位に2打差をつけて、堂々の単独首位にたった。PGA競技でのエージシュートは2018年ISPSハンダ熱血枠決定戦(68S、71歳)、2019年関東ゴールドシニア(71S、71歳)に次いで3回目の達成となった。      「ボールが飛ばないので、セカ ....

<ISPSハンダ・ゴールド1R> ISPS専属契約プロの中山とゴールドルーキー中尾が1アンダー2位タイ

 「やったぞー!」。18番ホールでは、長めの距離が残ったパーパットを決めて、3バーディー2ボギーの71ストロークでホールアウト。思わず歓喜の声を上げたのは、73歳、71ストロークで見事エージシュートを達成したISPS(国際スポーツ振興協会)の専属契約をしている中山徹。シニアトーナメントでは、中山がギャラリーや選手に声をかけるだけで、自然と大会が盛り上がる。第1ラウンドは、半田晴久大会会長と同組でプ ....

<ISPSハンダ・ゴールド前日>元気いっぱい、健康第一!太田は最年長出場の80歳

 大会前日、クラブハウス入り口付近で、時折うなずきながら興味深そうにパラパラと大会プログラムをめくっていたのが、太田了介(80)。声をかけると「面白い内容なのでね、ちょっと読んでました」と、にっこりする。「私、視力がいいんですよ。両目の視力1.2あるんです。ありがたいことに、老眼でもありません。見えるんです。みなさんに驚かれます。これもゴルフのおかげかもしれませんね」。    視力がいいだけでなく ....

<ISPSハンダ・ゴールド前日>主役は68歳以上!スーパーシニア覇者・海老原が伝える感謝

 今季シニアツアー最終戦を終えたばかりの鳩山カントリークラブで、11月23日(土)、24日(日)の2日間、「ISPSハンダ・ゴールドシニアオープン」が開催される。2007年からスタートした「ISPSハンダカップフィランスロピーシニアトーナメント」では、68歳以上のスーパーシニアの部を同時開催しており、今年は後援競技として大会を開催することになった。賞金総額3000万円、優勝賞金600万円。出場選手 ....