• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • コマツオープン2021

NEWS

コマツオープン2021

【コマツオープン/FR】最終日の猛チャージも優勝に3打届かず3位に終わった伊澤

 首位と3打差の通算7アンダー・6位タイから発進した伊澤利光が、8バーディー・1ボギー65でフィニッシュ。通算14アンダーまでスコアを伸ばしたものの、首位タイ発進の井戸木鴻樹も65をマークしたことで3打差を縮めきれず、単独3位に終わった。      1番ホールでバーディー発進を遂げる。だが、続く2番ホールでボギーを叩き、勢いを断ち切ってしまう。それでも5番ホールからの3連続バーディーで猛追態勢を ....

【コマツオープン/FR】清水は最後まで戦い抜くも2打及ばす2位

 最終18番パー5ホール。惜しくもツーオンを逃し、グリーン左サイドからの3打目をピンそばに着けた選手が、リーディングボードに釘付けとなった。順位と選手名、スコアを入念に確認しているようだった。    バーディーパットを沈め、同組選手とグータッチを交わし、スコアカード提出所へと歩を進める。その選手の名は田村尚之。提出所から出て来た田村に尋ねた。「シニア初優勝を祝うウォーターシャワーの準備をしますか? ....

【コマツオープン/FR】井戸木がコマツ初優勝!有言実行の全米プロシニア覇者

  今季シニアツアー9戦目「コマツオープン2021」最終ラウンド。首位スタートの井戸木鴻樹と清水洋一が優勝争いを繰り広げ、16番ホールでバンカーからチップインバーディーを決めた井戸木が3連続バーディで清水を突き放し65をマーク、通算17アンダーで優勝。今季ISPSハンダ楽しく面白いシニアに続き2勝目、シニア通算3勝目を挙げ、井戸木が最新の賞金ランキング1位の座を奪った。        2013年 ....

【コマツオープン/2R】グランドシニア代表・羽川が67をマークし4位急浮上

 7バーディー・2ボギーの67をマークした羽川豊が、首位と2打差の通算8アンダー・4位タイに順位を上げ、明日の最終日を迎える。    アウトコースからスタートし、3番ホールでバーディーを先行させたものの、4番ホールを「寄らず入らず」のボギーにしてしまう。しかし、5、6番ホールでの連続バーディーで息を吹き返し、9番ホールでもバーディーパットをねじ込んだ。      この日のハイライトは後半インコー ....

【コマツオープン/2R】今季自己ベストスコア64をマークした手嶋が4位に浮上

 前半アウトコースの4番パー4ホールで3つめのバーディーを奪った手嶋多一だったが、6番パー4ホールでボギーを打ってしまった。「3バーディーを取った時に、今日はビッグスコアが出るかなと思ったんですよ。でもボギーが来てしまったので予感はハズレたかなと」。    だが、後半インコース10番パー4ホールでのバーディーパットが決まって、手嶋のビッグスコア劇場の幕が上がる。13番ホールからの3連続バーディーと ....

【コマツオープン/2R】10アンダーで井戸木が最終日首位発進!年間2勝目を狙う理由

  今季シニアツアー第9戦「コマツオープン2021」の第2ラウンドは、4アンダー4位スタートの井戸木鴻樹と清水洋一が共にスコアを6つ伸ばし通算10アンダーで首位タイとした。1打差2位9アンダーには、先週行われた日本グランドで優勝しているグレゴリー・マイヤー(59)が続く。髙橋勝成(71)が71ストロークで回りエージシュートを達成。試合は無観客大会として行われている。        今季シニアツアー ....

【コマツオープン/2R】初優勝のチャンス到来!清水が10アンダー首位に並ぶ

 シニアツアー界の七不思議。これまで幾度となく最終日最終組で首位スタートを切ったり、残り3ホールで単独首位だったりした経験がある。昨20年の日本プロゴルフシニア選手権では、プレーオフの末に敗れてまたしてもシニア初優勝を逃した。2013年のシニア入りからこれまで集めた2位フィニッシュの成績は計6回。そんな清水洋一が第2ラウンドで爆発ゴルフを展開した。7バーディー・1ボギー66。通算10アンダーにスコ ....

【コマツオープン/1R】7バーディー1ボギーで高見和宏が首位と1打差2位

 1番パー5ホールで8メートルのバーディーパットが決まった。「ポコンとボールがカップインしてくれました。ラッキーでした。これで良い流れに乗れた気がします」と高見和宏は振り返る。前半は8番パー3ホールで3パットのボギーを打ったが、6、9番ホールでのバーディー奪取で、スコアを二つ伸ばした。後半は危なげないショットと好調パットで4バーディーを奪い、この日は7バーディー・1ボギーの66でフィニッシュ。首位 ....

【コマツオープン/1R】全英シニア帰りの中山正芳が4アンダー4位につける

「練習量を抑えるようにと言っても、きっとショット練習を繰り返すでしょう。せめてアプローチやパット練習を多くしたらいいんですけどね」。チーム髙橋のリーダーであり、師匠の髙橋勝成は、全英シニアオープンから帰国する中山正芳を思ってそう話していた。中山にとって初の世界メジャー戦出場結果は通算6オーバー・46位タイ(70・75・71・70)だった。      コロナ禍によって帰国後、2週間の自主隔離を終え ....

【コマツオープン/1R】圧巻プレーで魅せた!7アンダー首位発進の伊澤利光「今度こそ」

 今季シニアツアー第9戦「コマツオープン2021」の第1ラウンドは、前日の降雨によるコースメンテンナンスでスタートが1時間遅れとなった。伊澤利光(53)が1イーグル5バーディーボギーフリーという内容で7アンダー単独首位に立った。2位6アンダーに高見和宏(61)、さらに1打差3位には鈴木亨(55)が続く。試合は無観客大会として行われている。      伊澤利光が、まるでいつものルーティーンのように、 ....

1 / 212