• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • コマツオープン2022

NEWS

コマツオープン2022

〔KOMATSU OPEN/FR〕シニアデビューの宮本勝昌、最終日に『67』の追い上げも7位終戦「3日間でナイスショットがゼロ」

シニアツアーで唯一、レギュラーツアーの賞金シードを持っている宮本勝昌。今大会ではシニアデビュー戦初優勝の期待がかかっていたが、優勝した深堀圭一郎とは5打差のトータル8アンダー・7位タイに終わった。それでも最終日は5バーディ・ボギーなしの「67」をマークして、レギュラーツアーで戦う選手として意地を見せた。        宮本は、2日目にセカンドショットを右にOBしてダブルボギーを叩いていたスタ ....

〔KOMATSU OPEN/FR〕シニア2勝目の深堀圭一郎、3つのパー5で「ドライバーを握らない」徹底したマネジメント

 今季シニアツアー7戦目「コマツオープン2022」最終ラウンド。首位タイスタートの深堀圭一郎(53)とプラヤド・マークセン(56)がそれぞれ66をマークし通算13アンダーでプレーオフへ。18番パー5で行われた2ホール目、深堀がバーディーパットを沈めて優勝。優勝賞金1200万円を獲得し賞金ランク3位に浮上。2021年モアサプライズカップ以来、シニア2勝目を挙げた。      今年のコマツオープンは ....

〔KOMATSU OPEN/FR〕キングオブシニアのマークセンは敗退したが「来週の日本シニアオープンでは勝つ」

 レギュラー5勝、シニア15勝を挙げ、3度シニア賞金王のタイトルを獲っているプラヤド・マークセン。先週取り寄せたパター(オデッセイ#7)のタッチがようやく合ってきていることもあり、久々に優勝争いメンバーに名乗りを上げた。    最終ラウンドは6バーディー・ノーボギー66をマーク、安定したプレーで他の追随を寄せ付けなかったが、深堀だけはしっかりマークセンを捉えていた。通算13アンダーとしたマークセ ....

〔KOMATSU OPEN/FR〕67歳・倉本昌弘が64をマーク、シニアツアー初エージシュート達成

 第2ラウンドが行われた9月9日に67歳の誕生日を迎えた倉本昌弘が、最終ラウンドで1イーグル6バーディー、ボギーフリーで回り、スコアを8つ伸ばして64をマーク。自身シニアツアー初のエージシュートを達成した。      これまでプライベートでは何度もエージシュートは達成しているというものの「小松カントリークラブでエージシュートを出せたことは良かったです」と頬を緩ませた。最終ラウンドについては「もうち ....

〔KOMATSU OPEN/2R〕全米シニアで「パットがおかしくなった」塚田好宣 “インパクトロフト”の調整で2勝目に王手

 4月に行われた今季開幕戦、「金秀シニア 沖縄オープン」でシニアツアー初優勝を挙げた塚田好宣。その後も第2戦の「ノジマチャンピオンカップ箱根」で3位、第3戦の「すまいーだカップ」では6位タイと快進撃が続いた。ところが、直近の2試合では39位タイ、28位タイと調子を落としている。それが一転、今大会では2日目を終えてトータル7アンダー・トップタイと、シニア2勝目に手をかけて最終日を迎える。   「海 ....

〔KOMATSU OPEN/2R〕予選会組の平野智行、女子ツアーで人気の『トラスパター』で1差4位浮上!「入るんですよ」

 平野智行は 3月に行われたPGAシニアツアー予選会・最終予選11位の成績で、今季のシニアツアーに出場している。大会2日目は6バーディ・2ボギーとスコアを4つ伸ばしてトータル6アンダー。13位タイからトップと1打差の4位タイに一気に浮上してきた。    好スコアの理由を聞くと、「今週はパターが良いんですよ。お世話になっている社長さんが女子ツアーで流行っている『トラスパター』をプレゼントしてくれ ....

〔KOMATSU OPEN/2R〕ボヤキの久保谷健一、ショートパットが「かすりもしない」症状に苦しみながら1差4位Tで最終日へ

 トップと2打差の4アンダー・2位タイでスタートした久保谷健一が、2日目も5バーディ・3ボギーの「70」とスコアを伸ばし、トップと1打差のトータル6アンダー・4位タイの好位置で最終日を迎える。  取材エリアに現れると「イライラしかない」と小さく吐き出す。「パッティングがダメだから、何にもやる気にもならなければ、前に向いていけない」。上位にいてもポジティブな言葉はなかなか出てこないのはレギュラー ....

〔KOMATSU OPEN/2R〕67マークし首位に浮上!優勝宣言も飛び出したプラヤド・マークセン

「ショットの調子はいいんです」とホールアウト後久々に笑顔をみせたプラヤド・マークセン。今年は鳴りを潜めていて、スターツシニアの2位が最高位、現在賞金ランキングは11位にとどまっている。    スタート1番パー5では2オンに成功してバーディーを先行。続く2番パー3では1.5メートルのチャンスを外してパー。5番パー5では2メートルを沈めて2つ目のバーディー。6番パー4(358ヤード)は会心のドライ ....

〔KOMATSU OPEN/1R〕本大会最高齢・髙橋勝成が69をマークしエージシュートで7位タイ

 8月に72歳を迎え、本大会最高齢で出場している高橋勝成が、第1ラウンドを4バーディー1ボギー・69ストロークで回り、エージシュートを達成した。第1ラウンドを7位タイと上位争いに食い込み、ベテランシニアプロとしてのオーラをいかんなく発揮した。      相性のいい小松カントリークラブ、そしてコマツオープン。2001年に片山津ゴルフクラブで開かれたコマツオープン大会覇者でもあり、大会が再開された20 ....

〔KOMATSU OPEN/1R〕2位T発進の深堀圭一郎、ラウンド中に片足スクワット!? 「力を入れる意識付けです」

 シニアデビューの宮本勝昌と初日同組になった深堀圭一郎。開幕前には「今週は宮本ですよ」なんて言っていたが、初日は宮本と同スコアの「68」で回り、トップと2打差の2位タイで発進した。    一時は6アンダーまで伸ばし首位タイに立ったが、16、17番を連続ボギーとして後退。「14番(パー5)から風向きがわからなくて迷ったのが、そのままスコアになりました」と終盤の失速を悔やんだ。前半4つのバーディを奪 ....