NEWS

2020 第7回マルハンカップ 太平洋クラブシニア

2020.08.30

〔マルハン太平洋シニア・FR〕篠崎に転がり込んで来たシニアツアー初優勝

 シニアツアー第3戦「マルハンカップ 太平洋クラブシニア」の最終ラウンド。 通算9アンダーで並んだ、塚田好宣(51)と篠崎紀夫(50)によるプレーオフに突入。18番ホールで行われた1ホール目、ボギーにした塚田に対し、パーパットを決めた篠崎がシニアツアー初優勝を遂げた。 首位スタートの藤田寛之(51)は3位タイでシニアツアーデビュー戦を終えた。        最終組の一組前で回っていた篠崎紀夫 ....

2020.08.30

〔マルハン太平洋シニア・FR〕3位の藤田、試合勘なく気持ちとリンクせず

シニアツアー初出場での初優勝に王手を掛けた藤田寛之。通算7アンダー単独首位での最終日最終組スタート。2位の塚田好宣、岡茂洋雄に1打差をつけていた。  前日は9バーディーを奪取しての首位の座。18ホール中9ホールでバーディーを奪う快進撃を演じた藤田だったが、不安要素はあった。     「試合勘ないですね。球のイメージや自分のスイングのイメージ、ショートゲームのイメージが馴染んできていないです。試合 ....

2020.08.30

〔マルハン太平洋シニア・FR〕塚田は同期生に敗れて悔しい2位

通算9アンダーで首位の座を分け合った塚田好宣と篠崎紀夫は、プレーオフ決着のため18番パー5のティーに上がった。    塚田のドライバーショットはバンカーに捕まった。ツーオンを狙える距離だったが、ボールのライが良くはなかったことから、塚田は「3打目勝負」のレイアップを選択したのだった。      3打目は二段グリーンの上の段のピン位置まで残り100ヤード。塚田は迷わずロフト52度のウェッジをキャデ ....

2020.08.30

【速報!マルハン太平洋シニア・FR】篠崎がプレーオフの末、シニアツアー初優勝! 

シニアツアー第3戦「マルハンカップ 太平洋クラブシニア」の最終ラウンド。 2位タイスタート塚田好宣(51)と67ストロークとスコアを伸ばし9アンダーとした篠崎紀夫(50)によるプレーオフに突入。18番ホールで行われた1ホール目をボギーにした塚田に対して、パーパットを決めた篠崎が嬉しいシニアツアーが初優勝を遂げた。 首位スタートの藤田寛之は3位タイでシニアツアーデビュー戦を終えた。   詳細は後 ....