• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • 2021 太平洋クラブ創立50周年記念チャリティトーナメント 第8回マルハンカップ 太平洋クラブシニア

太平洋クラブ創立50周年記念チャリティトーナメント
第8回マルハンカップ 太平洋クラブシニア2021年8月28日(土)~29日(日)太平洋クラブ 御殿場コース

NEWS

2021 太平洋クラブ創立50周年記念チャリティトーナメント 第8回マルハンカップ 太平洋クラブシニア

〈マルハン太平洋シニア/FR〉森田徹が10アンダーで夢のシニア初優勝を叶えた

 森田徹(51)が夢のツアー初優勝を飾った。首位タイでスタートし、一時は倉本昌弘(65)に2打差をつけられたが、後半粘って倉本が崩れ、通算10アンダー134で、レギュラー、シニアを通じてツアーで初めての美酒を味わった。2打差の2位に河村雅之(54)、秋葉真一(56)が入った。        「まだ夢のような、信じられない気持ちです」。      最終18番パー5、フェアウエー右サイドから、張り出 ....

〈マルハン太平洋シニア/FR〉苦しいラウンドを乗り越え、河村は上出来の2位タイ

 2位タイに入った河村雅之(54)。最終18番、ピン上3メートルのバーディーパット。ボードを見る。入れれば7アンダーの3位タイグループから抜け出して、2位タイに上がる。「これはでかいパットだなと思いましたよ。とにかく届いてくれって」。この日はパットをショートすることが多かった。最後も…下り傾斜をなんとか転がってコトリ。2位タイ賞金375万円を手にした。    首位に1打差でのスタートだったが「今日 ....

〈マルハン太平洋シニア/FR〉絶好調の秋葉は2週連続2位の座にとどまる

 秋葉真一(56)があと一歩で逆転優勝を逃した。1打差で森田を追う18番パー5。イーグル1発で逆転もある。「分かっていました。イーグルしかないと思ってティーショットを打ったんですけど、ちょっとプッシュしてしまった」。右の林に入れ、フェアウエーに出すだけしかなかった。3打目で10メートルほどにつけ、入れればその時点で追いつくバーディーパットがわずかに外れた。      首位に1打差でスタートし、じ ....

〈マルハン太平洋シニア/1R〉シニア2年目の森田が首位タイ発進!ベテラン倉本に挑む

 レギュラー、シニア未勝利の森田徹(51)が6アンダー66をマークし、倉本昌弘PGA会長(65)とともに首位に立った。インスタートの森田は10、11番連続バーディーでスタートし、6バーディー、ボギーなしのゴルフだった。河村雅之(54)、秋葉真一(56)が1打差3位で続いている。3打差以内に10人がいる混戦になった。         「あこがれの舞台」で、森田のショットがピンに絡んでいった。   ....

〈マルハン太平洋シニア/1R〉ベテラン倉本が6アンダー!魅せるゴルフで首位発進

 倉本昌弘PGA会長(65)が6アンダー66をマークして首位に並んだ。ホールアウトするなり「あと1ストローク、足りないんだよ」と、エージシュートを出し切れずに悔しがった。11日後の9月9日が66歳の誕生日。限りなくエージシュートに近づいたのだが…。    前半、チャンスをいくつも作ったが1バーディーで折り返した。11番パー5で6メートルに2オンしてバーディー、12、13番と1メートルの3連続バーデ ....

〈マルハン太平洋シニア/1R〉好調なアイアンを信じて、秋葉はシニア6勝目に挑む

 秋葉真一(56)が8バーディー、3ボギーと出入りの激しいゴルフながら、5アンダーで3位につけた。    1番でいきなり左奥に外してボギースタート。「でも、去年は7点打ったんで、2点いいかなと」と、昨年の記憶で落ち込まずに済んだ。 2番で6メートルを入れてすぐに取り返し、3番でも3メートルにつけて連続バーディー。5番でボギーとするも6番で取り返すなど「きょうはボギーを打ってもバーディーが取れたんで ....

〈マルハン太平洋シニア/1R〉今季のうっ憤を晴らしたい!河村が5アンダー3位スタート

 河村雅之(54)は、ボギーなしの5アンダー3位スタートに「素晴らしい!」と自分をほめた。    「ピンチもあったけど、今日はショットが良かった。このコース、きれいなので好きなんです。いつでも回りたいコース」と、太平洋クラブ御殿場コースは特にお気に入りだ。    5番で左奥に外したがパーを拾って気分が良くなった。6番で3メートルにつけてバーディー。インに入って10番で1メートルを入れ、11番パー5 ....

〈マルハン太平洋シニア・前日〉シニアプロの楽しさを感じてもらい、心に残る50周年大会を目指す

 「第8回マルハンカップ 太平洋クラブシニア」が、8月28日から2日間、静岡・太平洋クラブ御殿場コース(7,020ヤード、パー72)で行われる。今大会は、太平洋クラブ創立50周年記念チャリティートーナメントと銘打ち、前日27日は「プロアマ・フェスティバル」として、スポーツ界、芸能界などの著名人を招いてプロアマ大会が行われた。プロアマのフォーマットは、シニアプロ1名、著名人1名、アマチュアが3名とな ....

〈マルハン太平洋シニア・前日〉地元・御殿場開催の期待に応えたい芹澤

 地元御殿場市出身・在住の芹澤信雄(61)は、太平洋クラブ御殿場コースの試合になると「ドキドキしちゃって、頑張ろうと思っても空回りしてしまう」という。「地元、地元って言われるんで、レギュラーツアーの時から『ここだけは頑張ろう』と思っていた」と振り返る。そもそも、プロのなり立ての24、25歳のころに、このコースでの太平洋クラブマスターズの試合を見て「いつかこのトーナメントに出たい」という目標をもって ....

1 / 212