• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • 2022 ノジマチャンピオンカップ箱根 シニアプロゴルフトーナメント

2022 ノジマチャンピオンカップ
箱根シニアプロゴルフトーナメント2022年4月21日(木)~22日(金)箱根カントリー倶楽部

NEWS

2022 ノジマチャンピオンカップ箱根 シニアプロゴルフトーナメント

【ノジマチャンピオン杯/FR】プレーオフを制し兼本貴司がシニア初優勝を飾る

 シニアツアー第2戦「ノジマチャンピオンカップ箱根シニアプロゴルフトーナメント」最終ラウンド。通算12アンダーでホールアウトした兼本貴司(51)、清水洋一(59)とのプレーオフへ。18番パー4ホールので行われた1ホール目。清水がボギー、兼本がパーを決めて大会初優勝。優勝賞金1000万円を獲得した。    「びっくりしています!55歳までには優勝したいと思っていたのですが、こんなに早くシニア初優勝で ....

【ノジマチャンピオン杯/FR】清水洋一はプレーオフで敗れるも次戦こそは

 シニアツアー参戦10年目を迎える清水。プレーオフ進出は3度目となる。「今度こそ」という想いは強い。本人以上に周囲の期待も高まっていた。    最終日は首位に1打差の最終組スタートと、当初から混戦は予想されていた。実際に最終組の中でスコアの伸ばし合いが見事に繰り広げられ、手に汗握る展開が最後まで続いた。        「兼本君は、ピンチをうまくパーで切り抜けていました。ボギー打つかなーと思っても ....

【ノジマチャンピオン杯/FR】濃霧のためトップスタート時間を更に30分遅らせます(7時55分現在)

ノジマチャンピオンカップ箱根 シニアプロゴルフトーナメントの最終ラウンドは濃霧の為、更に30分遅らせてトップスタートをOUTコースが9時、INコースが9時10分に変更となり、当初の発表より1時間遅れとなります。

【ノジマチャンピオン杯/1R】首位8アンダー塚田好宣は開幕戦からの連勝を目指す

 今季シニアツアー第2戦「ノジマチャンピオンカップ箱根シニアプロゴルフトーナメント」第1ラウンド。開幕戦で優勝を飾っている塚田好宣(52)が、2イーグル5バーディー1ボギーの64ストローク、8アンダーで単独首位に立った。首位と1打差2位タイには清水洋一(59)と兼本貴司(51)が続いている。     開幕戦チャンピオン・塚田好宣が初日から好調な滑り出しだ。   「練習ラウンドからゴルフ全体の調子が ....

【ノジマチャンピオン杯/1R】清水洋一2位タイスタート 明日もビッグスマイルを

 今シーズンでシニア10年目を迎える清水洋一。第1ラウンドは7バーディー・ボギーフリーと好調なプレーを展開し、7アンダー65ストロークと首位1打差2位につけた。    先週の練習ラウンドではハーフで7バーディーを獲るなど調子は上向きだという。「グリーンの難しさも含めてコースメンテナンスがすごくいい状態。毎年グリーンの読みには悩まされるのですが、今日は意外にピンについてくれましたね」と顔をほころばせ ....

【ノジマチャンピオン杯/1R】2位タイ兼本貴司は好調ドライバーで好発進

「内容は100点満点ですよ。ごまかしながらのラウンドですが、ドライバーが好調だったんです」と、やさしい表情を見せた兼本貴司。初日は1イーグル6バーディー1ボギーとし65ストローク、7アンダー2位に浮上した。    10番ホールからスタートした兼本は、12番パー4で1つ目のバーディーパットを沈める。15番パー5では3パットしてボギー。17番パー4は残り140ヤードを50度のウェッジで2.5メートルに ....

【ノジマチャンピオン杯/前日】宮瀬博文にとって成長した自分を確かめる2年目

  2021年大会のノジマチャンピオン杯で華やかにシニアデビューを飾ったのが、レギュラーツアー7勝を挙げている宮瀬博文。第1ラウンドでは1番ホールから3連続バーディーと絶好のスタートを切り、ルーキーの活躍に注目が集まった。プレーオフ決定戦まで駒を進めたが、1ホール目でパーパットを決められずに、シニアデビュー戦での初優勝チャンスを逃してしまった。その初戦の悔しさも相まって、シニア1年目・宮瀬のシニア ....

【ノジマチャンピオン杯/前日】篠崎紀夫が昨年覇者として大会に挑む

 今季シニアツアー第2戦「ノジマチャンピオンカップ箱根シニアプロゴルフトーナメント」は、21、22日に神奈川・箱根カントリー倶楽部(7,036ヤード、パー72)で開催される。大会には昨年の賞金王で大会覇者・篠崎紀夫(52)や、ベテラン勢の髙橋勝成(71)、尾崎直道(65)、倉本昌弘(67)を始め、総勢76名のシニアプロが春の箱根に集結。本大会は当日券1000円で入場できる。初日は朝8時30分よりス ....