• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • 2022 第22回スターツシニアゴルフトーナメント

NEWS

2022 第22回スターツシニアゴルフトーナメント

【スターツシニア/FR】平塚哲二がボギーフリー「67」でシニアベスト2位「この1、2年のうちに勝ちたい」

 昨年の最終戦、「いわさき白露シニア」でシニアデビューを果たしたレギュラーツアー通算6勝の平塚哲二。その試合ではプレーオフに1打足りずに3位と存在感を示した。フル参戦している今年は、ここまで思ったような成績を残せていなかった。しかし、今大会では最終日にボギーフリーの「67」をマークして、シニアベストの2位タイでフィニッシュ。上がりの17、18番では連続バーディを奪い「ご褒美です」と笑顔を見せた。 ....

【スターツシニア/FR】27年前から続く師弟愛 藤田寛之は芹澤信雄の前での優勝に「少しは恩返しできたのかな」

 今季シニア第4戦「第22回スターツシニアゴルフトーナメント」の最終ラウンド。最終組で回った藤田寛之(53)が68ストロークとし通算18アンダー、3日間首位を守り切りシニア初優勝を飾った。優勝賞金1400万円を獲得。5打差2位には平塚哲二(50)、タワン・ウィラチャン(55)ら5名が入った。          藤田寛之が10歳年上の芹澤信雄の門を叩いたのは27年前の1995年だった。そこから藤田 ....

【スターツシニア/FR】スコアを伸ばしきれず2位にとどまったウィラチャンとスメイル

 最終日はスコアを伸ばせず、首位に5打差2位グループに留まったのが、タワン・ウィラチャン(55)。初日64ストロークと首位スタートを切りながらスコアを伸ばせず、快走する藤田をとらえ切れなかった。      なかなかバーディーチャンスを掴み切れず、スコアを2つ伸ばしただけの最終ラウンドだった。「全体としてセカンドショットが思うように打てなかったです。昨日と同じプレーができれば良かったですけど、やっぱ ....

【スターツシニア/2R】シニア初優勝に向けてチャンス到来!藤田がトーナメントリーダーを守り抜く

「第22回スターツシニアゴルフトーナメント」の第2ラウンド。首位タイスタートの藤田寛之(53)が6つスコアを伸ばし2位に3打差をつけ通算14アンダーで単独首位。2019年シニア賞金王のタワン・ウィラチャン(55)、大会2勝をあげているプラヤド・マークセン(56)が2位グループ。さらに1打差4位には細川和彦(51)が続いている。       「練習の時に芹澤プロに見てもらったら、スイングが劇的に変 ....

【スターツシニア/2R】『勝ち虫』を着けて前進あるのみ! 細川和彦は地元茨城「好きなコース」で逆転優勝狙う

 シニア2シーズン目を迎えた51歳の細川和彦。昨年の今大会では、3日間トータル15アンダーで2位。優勝した谷口徹に3打届かなかった。そして今年も2日目を終わって、トップの藤田寛之とは4打差のトータル10アンダー・4位の好位置。優勝を十分に狙える位置で最終日を迎える。   「去年は(2日間で)9アンダーで、今年は2ケタの10アンダー。去年より1個いいから納得」とここまでのプレーには満足の様子 ....

【スターツシニア/2R】「エージシュート狙いたい」 66歳・倉本昌弘、連日『68』5位浮上

 前PGA会長の倉本昌弘が6バーディ・2ボギーで連日の「68」をマークして、首位の藤田寛之と6打差のトータル8アンダー・5位タイに浮上してきた。自分の年齢以下のスコアで回る“エージシュート”までは、あと2つ届かなかった。    第2ラウンドは出だしの1番から3連続バーディでロケットスタートを切ると、9番でもバーディを奪って、前半を4アンダーで折り返した。エージシュートまであと2つ。「もうち ....

【スターツシニア/2R】シニア賞金王のマークセン、ウィラチャンが2位タイ「最終日もベストを尽くす」

  レギュラー5勝、シニア15勝、さらにシニアツアー賞金王に3度輝いているプラヤド・マークセン(56)が、第2ラウンドで68をマークし、通算11アンダー2位に浮上した。    マークセンは2017、18年と大会連覇をしていることもあり、コースとの相性も良い。大会初日は10番ホール(イン)からスタート。8バーディー1ボギーで65をマーク。好調の要因は、すまいーだシニア後、大好きな水戸の街へ移動して中 ....

【スターツシニア/1R】5年前からシニアに向けて準備してきた飯島宏明 “女王”と同じパターで1差4位

 51歳の飯島宏明は昨年、シニアツアーの賞金ランキングで19位に入り、上位30位以内に与えられるシード権を獲得。今年はシニア2年目を迎えている。そんな飯島が8バーディ・1ボギーの「65」をマークし、トップと1打差の7アンダー・4位タイの好発進を決めた。      シニア入りした昨年から使い始めたのは、昨季の賞金女王・稲見萌寧と同じテーラーメイドの『トラスTB1トラスヒール』。女子ツアーと市 ....

【スターツシニア/1R】藤田寛之がイーグル締め8アンダー・首位タイ発進!「気持ち良かったなー本当に」

 同じ大会に出場している師匠の芹澤信雄の“セリザワマジック”で、藤田寛之が躍動した。スタートの1番パー4から残り81ヤードをサンドウェッジで手前4メートルにつけてバーディ。そして最終18番パー5では残り235ヤードのセカンドショットを5番ウッドで4メートルにつけてイーグル締め。終わってみれば「64」の8アンダー。デービッド・スメイル(ニュージーランド)、タワン・ウィラチャン(タイ)と並んで首位タイ ....

【スターツシニア/1R】家族のサポートを受け、スメイルが8アンダー首位タイ発進

 シニアツアー2年目となる今年は、息子のチャーリーに帯同キャディーを務めてもらっているデービッド・スメイル(52)。さらに本国ニュージーランドからようやく奥さんも来日し、ラウンドにも同行。家族で戦う姿を見守っている。家族一丸となって戦っているデービッドは「今日もチャーリーはよく働いてくれているんだよ」と息子のサポートに感謝している。      イン10番ホールスタートから出たスメイルは、3メートル ....