• ホーム
  • >
  • NEWS
  • >
  • 2022 第18回PGAティーチングプロシニア選手権大会

第18回PGAティーチングプロシニア選手権大会2022年11月1日(火)~2日(水)静ヒルズカントリークラブ

NEWS

2022 第18回PGAティーチングプロシニア選手権大会

〈TCPシニア選手権/FR〉念願だったティーチングプロ「シニア」タイトルを獲得した伊藤正己

 「第18回PGAティーチングプロシニア選手権大会」の最終ラウンド。難グリーンにスコアが伸び悩む中、単独首位スタートの伊藤正己(66・TP-A)が76とスコアを落とすが通算2アンダーとして逃げ切り、完全優勝を飾った。伊藤は2016年、2017年と60歳以上のティーチンググランドシニア選手権で大会連覇を果たしているが、50歳以上のシニア部門で念願のタイトルを掴んだ。優勝賞金60万円と日本プロシニア出 ....

〈TCPシニア選手権/1R〉ヘルニアを抱えながら夢を追う会員1年目・横田弘樹が1アンダー6位

 PGA会員1年目の横田弘樹(51)が、4バーディー3バーディーの71ストローク、1アンダーで6位につけた。    2番ホールでは80ヤードを2メートルにつけてバーディーを先行させたが、7、8番を連続ボギーで前半は1つスコアを落とす。後半10番パー5では2オンさせたものの3パット。12番パー3では2メートルのバーディーチャンスも逃してしまう。「後半で2ホールも3パットでチャンスを逃して。しっかり打 ....

〈TCPシニア選手権/1R〉選手権皆勤賞の松永圭史が70をマークし4位タイ

 松永圭史(57)が4バーディー2ボギーの70をマークし4位タイにつけた。大会前日はショットが良くなかったので不安を抱えてのスタートだった。    イン10番ホールからスタートした松永は、11番ホールをボギーにするが、14番パー5ホールでは左のガードバンカーから出し、ピンまで15ヤードの長いパッティングを沈めた。スコアを戻したところで気持ちが安定し、17番、18番と連続で完璧なティーショットを放ち ....

〈TCPシニア選手権/1R〉2位タイ発進の大橋義幸はマインドフルネスでイップスを克服

 大橋義幸(55)が6バーディー3ボギー、69をマークし2位タイに浮上した。イン10番パー5ホールからスタートしバーディーを先行させたが、続く11番でセカンドをバンカーに入れてボギー。前半9ホールではスコアを1つ落としたが、後半では4バーディー・ノーボギーとし会心プレーを展開した。      先週金曜に、ぎっくり腰(急性腰痛)を発症したという。すぐに針治療に向かい、その後は湿布を貼ってなるべく動 ....

〈TCPシニア選手権/1R〉66歳・ベテラン伊藤正己がエージシュート達成で首位スタート

 50歳以上のPGAティーチングプロ日本一を決定する「第18回PGAティーチングプロシニア選手権大会」の第1ラウンド。伊藤正己(66・TP-A)が6アンダー66をマーク、エージシュートを達成して首位に立つ。3打差の2位に大橋義幸(55・TP-B)と前年覇者の中根初男(59・TP-A)が続いている。        選手年齢順で4番目の66歳で出場している伊藤正己が、7バーディー1ボギー66ストローク ....

〈TCPシニア選手権/大会前日〉アワード最優秀賞受賞者・上田栄民は選手権優勝も叶えたい

 今年のティーチングプロシニア選手権には、PGAティーチングプロアワードで最優秀賞を獲得している2名の選手が出場している。    ティーチングプロアワードは、新たなレッスン理論を日々研究、実践している会員が、その成果を発表し、優れたものに対して表彰する場として2008年からスタート。2010年に「結果の出るイメージと順序」を発表した桑田泉(52・A)と2019年「スイング軸体感デバイス JIKU- ....

〈TCPシニア選手権/大会前日〉50歳以上のティーチングプロ日本一を決定する選手権が開催

 50歳以上のPGAティーチングプロ日本一を決定する「第18回PGAティーチングプロシニア選手権大会」が11月1日、2日の2日間、茨城県にある静ヒルズカントリークラブ(6,646ヤード/パー72)で開催される。3月から全国15会場で開催された1次予選会には811名が参加し、2次予選を勝ち抜いた120名が出場する。        練習ラウンドを終えたばかりのティーチングプロが、談笑しながらクラブハウ ....